3



時事ジャーナルから【 韓国・日本の間で定位置を失った国宝284号、初彫本大般若経 】


<管理人の独り言>
※記録・資料用の過去記事(2008.06.09  15:42)翻訳です。 ネチズンのコメントはありません。
韓国人による文化財窃盗事件として最近は対馬の仏像が有名ですが、以前から韓国人による文化財窃盗ビジネスは横行していて、中でも有名なのが1994年に盗難にあった『初彫高麗版大般若経』です。

『初彫高麗版大般若経』は長崎県壱岐の安国寺に伝わる仏教経典で、1975年6月12日に日本の重要文化財として指定されました。

それが、1994年7月23日、『初彫高麗版大般若経』591帖のうち493帖が宝物殿から盗まれていることが発覚します。1995年にシミや汚れ、巻末の署名などが酷似したもの3帖が韓国で「発見」されますが、何事も無かったかのように韓国政府は国宝284号に指定。外務省は1998年に韓国政府に対して調査を依頼しましたが、韓国側から個人所有であり「要請にこたえることは難しい」との回答があり返還は認められませんでした。

この翻訳元の記事は、盗難疑惑が残る『初彫高麗版大般若経』について書かれたものです。
※記事中では『初彫高麗版大般若経』を韓国式の『初彫本大般若経』として翻訳しています。



ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ


続きを読む