2



ネイバーから、【 ファン・ヒ長官「韓日首脳会談? 東京オリンピックは良い機会」 】という記事の翻訳


<管理人の独り言>
韓国人コメントは元々少なかったです。


※当ブログの内容、テキスト等(コメント欄含む)の無断転載・無断使用を固く禁じます。引用する場合は、引用元として明記してください。YouTubeで当ブログの内容を読み上げるなども止めて下さい。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク


外部サイト人気記事


ファン・ヒ長官「韓日首脳会談? 東京オリンピックは良い機会」

中央日報
記事入力 2021.07.09 22:16   最終修正 2021.07.09 22:18


1

黄熙(ファン・ヒ)文化体育観光部長官が9日、ソウル中区(チュング)韓国プレスセンター10階の外信支援センターで、国内に常駐している外国通信社と共同インタビューをしている。 [写真、文化体育観光部]


ファン文化体育観光部長官が9日「(韓日)両国首脳が会うだけでも意味がある」とし、文在寅大統領が東京オリンピックの開幕に合わせて訪日し、菅義偉日本首相と首脳会談を進めることもできると明らかにした。

共同通信はこの日、AP・AFP・ロイター・新華社通信など、主要外国通信社特派員との懇談会で、ファン長官が23日の東京オリンピック開会式をきっかけに、文大統領の訪日可能性に言及したと報道した。

ファン長官は本人の訪日日程はすでに確定したとし「オリンピックには平和と和解の意味が込められており、(首脳会談を行うには)非常に良い機会」と述べた。

2

文在寅大統領と菅義偉首相。 聯合ニュース


また "独島" を東京オリンピック・パラリンピック組織委員会がホームページの地図に "竹島" (日本が主張する独島の名称)と表示し、韓国内で "オリンピックボイコット" という主張が出ていることについては「政治とスポーツは分離して考えることが重要だ」と線を引いた。

それとともに「両国間の政治状況がどうであれ、五輪には五輪の精神があり、準備してきた多くの選手の人生もある」とし、参加するのが正しいという意見を述べた。

ファン長官は来年の北京五輪で南北単一チームの構成と合同入場も可能だと述べた。ファン長官は「南北間の対話さえあればいつでも...」としながら、南北が一つになった姿を見せるため、北朝鮮に関連内容を伝えると述べた。


韓国ネチズンの反応
2

※性別・年代別の表はコメント数が大体100件以上にならないと表示されません。

ソース
http://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=025&aid=0003117064


01. 韓国人
お椀を持って物乞いしないと。
ただ毎日、口で言えばなるのか?
お前も長官なのか?
犬でもやれそうだ。ククク
共感6    非共感0


02. 韓国人
もう1%しか残ってない正義まで~乞食のような政権!!!
ジーソミアはまたお前らの戯言だったのか?
吐き気も残っていない汚い政権。
共感4    非共感0


03. 韓国人
スガ兄貴は文在寅を歓迎しないよwwww
共感3    非共感1


04. 韓国人
物乞いしろ、物乞いを。
4年以上敵視してきて、今になって何をふざけているのか。
竹やり歌に不買運動に~
ファンヒ、お前だったら受けてやるか?
共感2    非共感0


05. 韓国人
長官を間違えて選んだね...
共感2    非共感0


06. 韓国人
戯言を吠えてないで、竹やりで続けて戦え。
何が首脳会談だ...
共感2    非共感0


07. 韓国人
土着倭寇、売国奴のような奴が長官のために苦労が多い。
得る物のない会談、何だと思っているのかww
共感1    非共感0


08. 韓国人
長官が土着倭寇ですか?
我が文大統領が何のために日本と会談するのか。
すでに国産化に成功しているのに...
共感1    非共感0


09. 韓国人
竹やり歌を歌った時はいつだったか、それなのに会ってほしいと尋ねるのか?
日本はインターネットしないって?
共感1    非共感0


10. 韓国人
物乞い、そうだね、外交...こんな事なら、人気を取ろうとして反日したのは確かだね。
信念じゃなくて...


11. 韓国人
日本と親しく付き合って良いことが1つもないです.....
潜在的な敵国です。


12. 韓国人
成果がなければ、結局付添人


13. 韓国人
これ...親日積弊がする話じゃない?
日本には竹やり歌を歌いながら闘争しなければならない存在だと言ってたくせに...
この政府は...


★記事掲載ポータルサイトの説明はコチラをどうぞ。
★元記事作成:中央日報についての説明はコチラをどうぞ。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ


外部サイト人気記事