1



ネイバー、ダウムから、【 日本、米中対立を象徴する台湾の環で "戦争できる国家" に拍車 】という記事の翻訳


※当ブログの内容、テキスト等(コメント欄含む)の無断転載・無断使用を固く禁じます。引用する場合は、引用元として明記してください。YouTubeで当ブログの内容を読み上げるなども止めて下さい。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク


外部サイト人気記事


日本、米中対立を象徴する台湾の環で "戦争できる国家" に拍車

世界日報
2021.06.19 10:02


軍事力強化・憲法改正の加速化

米バイデン、中国は全面的な圧迫・台湾に愛情
台湾問題「戦略的曖昧性」政策を廃棄し
「戦略的明瞭性」に転換の見通しが出るほど
米外交協会長「台湾支持を明確にすべき」と主張
菅の外交顧問、米政策転換対策を注文

菅「自由で開かれたインド太平洋構想」
を前面に出し、中国との対立構図も明確に
"防衛費はGDPの1%以内で編成" 方針、破棄の兆し
アメリカ・フランス・オーストラリアなどと陸海上合同軍事演習
右翼、憲法に自衛隊根拠追加の好機と認識

1

フランス陸軍兵力が先月15日、九州の霧島訓練場で実施された日米連合機動訓練中、日本陸上自衛隊のCH47チヌーク・ヘリから降りて移動している。 霧島訓練場=AP聯合ニュース


米国と中国の対立が激化し、日本が台湾問題を機に軍事力強化と憲法改正に拍車をかけている。 中国を狙った自由で開かれたインド太平洋構想が、安倍晋三政権以降、加速度がつき、戦争ができる国 日本への道を広げている。


◆台湾、米中対峙の象徴として浮上

米国はドナルド・トランプ政権に続き、ジョー・バイデン政権でも "台湾カード" を活用して積極的に中国を牽制しようとする意図を明確にしている。

特にバイデン大統領は中国を戦略的ライバルと規定し、外交・安保・経済・産業分野で、トランプ元大統領以上に中国を圧迫し、台湾を公に重視している。 こうした流れは1979年の米中国交樹立以降続いてきた台湾問題に対する米国の戦略的曖昧性(Strategic Ambiguity)政策が廃棄され、戦略的明瞭性(Strategic Clarity)政策に転換するのではないかという分析が出るほどだ。 台湾問題に対する戦略的曖昧性とは、中国の台湾侵攻に対する米国の対応を明確に示さないことで、中国の台湾攻撃と台湾の独立の動きを同時に抑制し、東アジアの現状を維持するという概念だ。

これと関連して、昨年9月初め、安倍晋三政権から菅義偉政権に移行した時、米国の外交専門誌『フォーリン・アフェアーズ』に注目に値する小論文が掲載された。 リチャード・ハース米国外交協会(CFR)会長が「米国の台湾支持は明確でなければならない(American Support for Taiwan Must Be Unambiguous)」という文章で、米国の戦略的曖昧性政策はこれ以上中国の台湾攻撃意思を抑止するのに効果がないとし、戦略的明瞭性に転換しなければならないと主張したのだ。 ハース会長は戦略的明瞭性について「台湾に対する中国のいかなる武力使用に対しても米国が対応することを明確にする政策」とし「(戦略的明瞭性への)変化は、台湾海峡で抑止力を改善し、米中衝突のような戦争の可能性を減少させることで、長期的に米中関係を強化できる」と説明した。

中国・台湾問題専門家のコン・ユシク韓国外国語大国際地域研究センター責任研究員は18日、米国の変化について「過去には米国が戦略的曖昧性政策を取りながらも中国・台湾で利益を得ることができたが、現在は米中衝突まではいかないが、ライバル関係になるので、反中戦線を形成しようとする」とし「結局、中国を直接刺激できる核心利益、主権問題のある台湾問題を浮上させている」と分析した。

ハース会長の文章は日本の右翼に大きな影響を与えた。 菅首相の外交顧問である宮家邦彦内閣官房参与は菅政権発足翌日の昨年9月17日、極右性向の産経新聞への寄稿で、ハース会長の文を紹介し「台湾の有事(戦争とこれに準ずる緊急事態)は日本の有事だ」とし、米国の政策転換可能性に対する日本の備えを注文した。

2

日本が台湾に無償で提供する124万回分の英国アストラゼネカ社ワクチン(AZ)が4日、日本成田空港から日本航空(JAL)便に搭載されている。 成田国際空港=AFP聯合ニュース



◆菅政権、親台湾への歩みが本格化

実際、菅政権の中国対峙の姿勢は、安倍政権よりも明確だ。 安倍元首相は外交・安保的に親米一辺倒の政策を展開しながらも経済協力が必要な中国との対立を回避する傾向を見せた。 2016年8月、日本主催のアフリカ開発会議(TACAD)で中国を牽制する自由で開かれたインド太平洋構想を初めて明らかにした後も、中国の戦略構想である一帯一路(陸上・海上シルクロード)に協力する部分があるとするなど、二重的姿勢を維持した。

菅首相は、安倍元首相の「自由で開かれたインド太平洋構想」を前面に出し、中国との対立路線を明確にしている。 安倍元首相の弟であり、親台湾性向の岸信夫衆議院議員を防衛相に任命したのは予告編だった。

4月16日に米ワシントンで開かれた日米首脳会談後に発表された共同声明には、1969年以降初めて台湾海峡の平和・安全の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促すという内容が盛り込まれた。 先月27日にオンラインで行われた欧州連合(EU)・日本首脳会談共同文書でも台湾問題が言及され、今後の日本外交安保で台湾問題が最大懸案であることを示している。

日本政府は4日、ワクチン難に見舞われている台湾に、アストラゼネカワクチン124万回分を無償支援し、親台湾への公共外交も強化している。 また世界最大の半導体受託メーカーである台湾TSMCの研究・生産拠点の誘致を推進するなど、国家安保の観点から台湾先端技術産業界との連携に力を注いでいる。

3


◆右翼、改憲に向けた絶好の機会と認識

国際社会では、中国の台湾侵攻の可能性を取り上げ、その時を中国共産党創党100周年の今年(4月台湾情報機関である国家安全局の報告として引用報道)だとか、6年以内(3月9日フィリップ・デービッドソン米インド太平洋司令官)だとかいう話が出ている。 リベラル性向の朝日新聞も台湾関連シリーズを始めた今月6日、▲中国による台湾本格攻撃、▲台湾離島侵攻、▲サイバー攻撃といったハイブリッド戦、▲偶発的衝突といった4つのシナリオを詳細に紹介した。

中国の台湾侵攻は、誇張されているという指摘も出ている。 軍事専門家の高橋浩祐・英軍事週刊誌ジェーン・ディフェンス・ウィークリー 東京特派員は「中国が軍事力を増強し、西太平洋に進出していることは明らかだが、米国・日本・オーストラリア軍と立ち向かって戦わなければならない台湾攻撃をするほど愚かではない。米国防総省としては、毎年3、4月が来年度予算編成を開始する時期であるため、意図的に緊張を高める傾向があり、より冷静に見る必要がある」と述べた。

日本は台湾問題を外交空間の拡大を越え、軍事力強化の口実に積極的に活用する考えだ。 防衛省は来月発表される今年の防衛白書に初めて「台湾情勢の安定は、日本の安全保障と国際社会の安定に重要だ」という内容を明記するものとみられる。

佐藤正久自民党外交部会長ら右翼議員を中心に、中国の台湾侵攻に狙いを定めて日米防衛協力指針(ガイドライン)を改正すべきだという主張も出ている。 日米政府が年内に外交・国防相(2 + 2)会議を開き、ガイドライン改正問題を議論することもあり得る。 台湾で類似の事態が発生すれば、日本の自衛隊は米軍に燃料、食糧補給など後方支援の役割を担う方向になるものと見られる。

4

岸防衛相は先月、日本経済新聞とのインタビューで「今後、防衛予算編成の際、1976年以降維持してきた、国内総生産(GDP)比1%以内の編成方針に拘らず、増やしていく」という意思を明らかにした。 先月初めて九州で、米国・フランス・日本の陸上トレーニングが、東シナ海においては米国・フランス・オーストラリア・日本の海上演習が実施されるなど、中国を狙った同盟や友好国との実技等訓練が強化されている。

右翼勢力は更に大きな絵も描いているようだ。 北朝鮮の核・ミサイル脅威、韓国との不和に続き中国の海洋進出と台湾有事事態を浮き彫りにし、憲法に自衛隊の根拠規定を追加しようという改憲に速度を出している。

改憲が1955年の自民党創党からの悲願だと規定した安倍元首相は4月、党憲法改正推進本部顧問に就任した。 また、改憲の第1段階と認識されている国民投票法改正案が、先月の衆議院に続き、今月11日に参議院で可決されたことで、改正案提出から3年後に成立した。 改正国民投票法は、改憲するかどうかを問う国民投票の利便性を高めるために、商業施設や駅などに共同投票所を設置できるようにする内容などが含まれた。 このような状況とあいまって、先月の朝日新聞と毎日新聞の世論調査では、改憲賛否の割合が逆転し、改憲のムードが熟している。


ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=022&aid=0003592175
https://news.v.daum.net/v/20210619100150045


01. 韓国人
結局、チャンケのせいで全世界が武漢ウイルスに苦しんでおり、チャンケの貪欲な野心と軍事力増加で、日本の軍事大国化まで同時に触発する。
チャンケは世界公共の敵。
共感124    非共感16


02. 韓国人
>01
大日本帝国のおかげで、牛車を引きずっていた韓民族が近代化に成功しました。
文在寅弾劾指令達成愛国保守、大韓民国を守り韓米日連合健在行こう。
共感7    非共感11


03. 韓国人
>02
日本人は日本へ帰ろ‼️何で韓国にいる。
お前だちは韓国にいる理由ない。
共感2    非共感5

<補足>
日本語で書かれていました。


04. 韓国人
米中対立を機に軍国主義復活を夢見る日本である。
米国は止める理由もなく、韓国や中国でもどうしようもないことだ。
そのため、我々はさらに徹底的に備えなければならない。
日本の侵略野心は絶対に止まらず、いつかは我々にとって脅威となるだろう。
共感71    非共感20


05. 韓国人
>04
全面的に共感します。
結局、日本、土着倭寇は再び戦争を起こし、韓国が生きるためには中国の影響下に入るのが正しいと思います。
アメリカは日本を絶対に見捨てないので、日本に対抗するためには米軍も撤退させ、中国とも協力しないといけません。
共感1    非共感30


06. 韓国人
>04
私は本当にお前らの頭が理解できない。
今、韓国の国防力で日本に勝てないのか?www
どうせ日本はアメリカと同盟だから、韓米同盟がある限り日本と戦争することはない。
むしろ中国と北朝鮮の方が危ないんじゃない?ククク
共感13    非共感1


07. 韓国人
朝鮮半島で戦争の口実を提供すれば、我々は廃墟となるだろう ㅠㅠ
中国が誤解せず、米国と韓国がより確実な同盟関係に発展すべきだ。
文在寅、わかるか?
共感66    非共感27


08. 韓国人
台湾は外交が上手だな。
じっとしていながら米国と日本を自国の保護幕にするんだけど、韓国は日本とは敵視するようで、米国ともいまいちだし。
共感31    非共感15


09. 韓国人
>08
台湾が外交が得意なのではなく、中国を牽制しようとする米国の必要によるものだ。
実際、台湾が米国に与える利益は極めて制限的であるため、米国が中国と再び仲良くなれば、いつでも捨てられる。
共感3    非共感3


10. 韓国人
時流を読めなければ、自分も知らないうちに没落の渦に巻き込まれる。
今、この政権は激しい国際情勢の流れを読み取れているのだろうか。
大韓民国、数ヵ月間だけ頑張ってくれ。
共感16    非共感11


11. 韓国人
韓国が本来の役割を果たせないのに、日本が出るしかない。
共感9    非共感4


12. 韓国人
日本が戦争可能国家になるのは時間の問題にすぎず、逆らえない流れだ。
そして日本が最初に戦争をする国家は韓国になるだろう。
百年前のようなことが二度と起こらないよう徹底して準備しなければならない。
共感3    非共感1


13. 韓国人
台湾によって戦争が起これば、日本の足かせが解ける。
軍事強国に、怪物に生まれ変わる。
共感3    非共感1


14. 韓国人
日本が独島を狙う理由は、単なる領海拡張ではなく、再び大陸進出を目指すためだ。
日本の立場では、現在は自衛隊として防衛のみできる軍隊だから、「独島に韓国がいるから日本の領土を守るために自衛隊を動員する」という論理を並べ立て、戦争を起こすために絶えず独島関連の発言をしているのだ。
日本は史上一度も宣戦布告後、攻撃したことがない。
我々も口先だけで「独島は我が領土」と叫ぶのではなく、北朝鮮の脅威の中で、日本が独島を侵攻する最悪の状況に対応できるよう海軍、空軍力増強と防御戦闘システムを準備しなければならない。
共感4    非共感3


15. 韓国人
日本は世界で特に何でもない国家、老朽化した国家として蔑ろにされているから、結局、可哀相にプライドを立てるために、慰安婦、独島で噛みつきながら、韓国を打ち負かし北東アジアで虚勢を張ろうと考えている。
正直、日本は老人国家であり、遅れを取り、未来もない。
大したことないから更に見栄を張り、敵を作って一つになろうと思う。
そのため日本の右翼が政権を握り、戦争が可能な国家にしている。
実際はダンボールFAX国家だ。
共感3    非共感2


16. 韓国人
制限が解除された日本の軍事技術力を見たい。
不正のためにゴミ国産武器のニュースはうんざりだwww
共感2    非共感1


17. 韓国人
中米に挟まれて戦争ができる国ww
また核を打たれて焼かれたくておかしくなったwww
共感1    非共感0


18. 韓国人
韓国も中国から撤収してほしい。
中国との交易は、中国共産党という悪の勢力を育てる悪魔的犯罪行為だ。
米国と先進国が金を稼ぐために中国に投資した結果、中国共産党という悪魔が世界を支配するほどに育てた。
共感1    非共感0


19. 韓国人
そうであるほど韓国は韓米同盟を堅固にし、軍事力強化を地道にしなければならず、特にミサイル戦力の強化に一層力を入れなければならない。
そして、日本が戦争可能国家となることをを最大限防ぐにもアメリカと対話し、そうしないようにしなければならない。
共感1    非共感0


20. 韓国人
表向きは中国と対立するからだと言うが、どうやって中国と戦争するのか。
目的は北朝鮮だ。
北朝鮮と対決し朝鮮半島を戦場にする事が、日本の憲法改正の目的だ。
共感1    非共感1


21. 韓国人
南北が緊張すれば南北を言い訳に、米中が緊張すれば台湾を言い訳に....
共感1    非共感1


22. 韓国人
チャンケをぶん殴るには、韓米日 + 台湾、インドも連合すべきだ。
共感1    非共感1


23. 韓国人
1945年、日本が敗戦して韓国が分断された。
1592年に日本と中国が韓国で戦い、1950年には中国とアメリカが韓国で戦った。
朝鮮半島が戦場になるのはやめたい。
日本の改憲、軍隊保有に断固反対する。
共感1    非共感1


24. 韓国人
核戦争しろ...終わらせよう。


25. 韓国人
アメリカが戦争可能国家として許すのか??


26. 韓国人
日本も手綱を解いて欲しいとチャンスを伺ってるし、我々はもっと拍車をかけなければならない。·


27. 韓国人
大変なことになったね。
日本は本当に団結しやすい人間たちだから危ないのに。
韓国は個人プレーで。
共感0    非共感1


28. 韓国人
日本が再武装する前に我々も早く海上基地を難攻不落の要塞化して、4つの空母戦隊を整えなければならない。
共感0    非共感1


29. 韓国人
私は日本が戦争可能国家になることを歓迎する。
同様に、大韓民国も軍事力をさらに強化し、統一もし、満州領土も取り戻し、韓中日が互いに均衡を成す国家になることを願う。
すでに3流に転落している欧州、米国に代わる韓中日3国は、人類の未来だ。
共感0    非共感2


30. 韓国人
日本は直ちに平和憲法を廃止するか改正して、正式な軍隊を作らなければならない。
共感0    非共感2


※↓ここからダウム↓※
31. 韓国人
あの邪悪な戦犯国家である猿の国が、また戦争を煽って経済復興を夢見ようとする。
実に悪い国家だ。
あんな猿どもがいる国を先進国と言うのが、心底面白い。
共感482    非共感10


32. 韓国人
人の不幸を食う日本。
嫌だ、嫌だ。
共感314    非共感9


33. 韓国人
日本が独島、尖閣など紛争可能地域に無理強いする究極的な理由は、紛争による戦争可能国を作ろうとするからだ。
共感266    非共感2


34. 韓国人
猿に再び刀を握らせてはいけない。
共感199    非共感6


35. 韓国人
ハングルを書く倭寇マスコミ
共感189    非共感15


36. 韓国人
韓国もしっかり準備しないといけません。
汝矣島ではいつも口ゲンカばかりしていて、国民の大多数はこうじゃないのに、どこまで行けば正気になるのか、答えが見えない。
共感175    非共感1


37. 韓国人
四方が敵。自主国防、核保有が答え。
共感153    非共感7


38. 韓国人
腹立たしい日本。
あのまま戦争が起これば自分たちが台湾を食い荒らしそう。
共感126    非共感4


39. 韓国人
戦争は韓国とするつもりだろう。
共感120    非共感7


40. 韓国人
倭奴らがいかにずる賢く、狡猾で悪意に満ちた奴らなのか、まだ分からないのか。
死んでもあの世を知る、お前たちは必ず後悔するだろう。
共感105    非共感3


★記事掲載ポータルサイトの説明はコチラをどうぞ。
★元記事作成:世界日報についての説明はコチラをどうぞ。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ


外部サイト人気記事