1



ネイバーから、【 ラムザイヤー批判に耳を閉ざした学術誌 ... 「撤回主張は非論理的」 】という記事の翻訳


※当ブログの内容、テキスト等(コメント欄含む)の無断転載・無断使用を固く禁じます。引用する場合は、引用元として明記してください。YouTubeで当ブログの内容を読み上げるなども止めて下さい。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク




ラムザイヤー批判に耳を閉ざした学術誌 ... 「撤回主張は非論理的」

聯合ニュース
2021.03.05 08:03


IRLE編集長、論文歪曲指摘学者に感情的公開対応

1

『日本軍慰安婦歪曲』ラムザイヤー論文出版延期


日本軍慰安婦歪曲論文の掲載を予告した国際学術誌の共同編集長が、論文撤回の世論を侮辱し議論になっている。

4日(現地時間)、イースタンイリノイ州立大史学科のイ・ジンヒ教授によると、法経済学国際レビュー(IRLE)のジョナサン・クリック編集長は、最近、ハーバード大ロースクールのマーク・ラムザイヤー教授の論文『太平洋戦争における性契約』の問題点を指摘した学者らに対し、一方的な主張が含まれた反論メールを送った。

クリック編集長はメールで「学術誌が受け取った論文撤回の主張は、ほとんどが非論理的で非一貫的」と主張した。

特に彼は論争が発生した直後の先月初め「学界では論文撤回論が提起されなかった」という強引な主張をした事実も確認された。

シカゴ大学ロースクールのブライアン・ライター教授が運営するブログによると、クリック編集長は「ラムザイヤー教授の論文を撤回しろという多くのメールを受取っているが、幸い学者が送ったものは一つもないようで、正直に言って内容も一貫していない」と発言した。

2

「ラムザイヤー論文撤回を求める学者はいない」という趣旨の発言を伝えるブログの書き込み [ブライアン・ライター教授のブログ内容キャプチャ]


しかし現在、学界ではラムザイヤー教授が歴史的証拠を提示できず、結論を導き出す過程で基礎的な誤りがあるという反論が相次いでいる。

これと関連してクリック編集長は、ラムザイヤー教授を批判する学者に送ったメールで、最近学界で「論文撤回」の主張が出ているという事実を認めたが、直ちに「あなたが繰り返しメールを送っている」という文章を付け加えた。

学界の『論文撤回論』が『一部の学者だけの声』という一方的な見方を示したわけだ。

このため、一部ではIRLEがラムザイヤー教授論文の印刷本出版を強行することに内部で既に決定したのではないかという分析も提起されている。

これに先立ち、IRLEは3月号の印刷本の出版を来月以降に延期し、ラムザイヤー教授に学界の指摘に対する反論を要請した。

ただ学界では、IRLEが出版を強行するためにラムザイヤー教授に防御論理を開発する時間的余裕を与えたのではないかという見方も少なくない。

イ・ジンヒ教授は、クリック編集長のメール内容と関連して「歴史的資料や出版倫理に基づいた編集陣の不具合指摘に、虚偽の供述をしながら感情的・非理性的に対応することは、日本軍性奴隷の歴史的実像と論文歪曲の程度について無知なせいで出てくる反応のようだ」と指摘した。

さらにイ教授は、クリック編集長が論文撤回主張を非論理的だと侮辱することについては「論文の基本要件である研究の真実性問題を学問の自由に対する侵害と混同させ、日本軍性奴隷制度を否定する論文出版を強行しようとする態度は、ホロコーストを正当化しようとしていたネオナチ類の古い手法と一致する面がある」と評価した。

クリック編集長はペンシルベニア大学ロースクールの教授で、エリック・ヘランド教授ら3人の学者とともにIRLEの共同編集長を務めている。


韓国ネチズンの反応
3
4
ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=001&aid=0012241243


01. 韓国人
貰った。貰った。
ラムザイヤーが書いて、あそこで出そうと編集長とカネを貰ったのに、わざとあのようにしているようだ。
共感203    非共感6


02. 韓国人
>01
話にならない。
カネをもらって論文を書くねとか、いくらもらった等、このように攻撃すれば、文系や反米反日主義者は同調するかも知れないが、他の国にはむしろ...
共感1    非共感18


03. 韓国人
>01
非論理的だと言いながら編集長を感情的だと言うが、率直にどちらが感情的なのかは、みんな分かってるのではないか?
論文は学者の「主張」をするもので、それが気に入らなければ反論論文を出すのが元々学界の道理なのに、自分たちが勝手に下ろせと言うなんて呆れる。
共感3    非共感13


04. 韓国人
>01
学者の主張?
あれが学者の主張になるのなら、Twitterやここのコメントも論文になりうるwwww
話にもならないね。
正常な主張をするためには、それに合った根拠を示さなければならないし、ラムザイヤーはまともな根拠も提示せず、ブログの文を書いてるレベルなのに、あれを学者の主張と言えるのか。
論文を書いてみたら、 絶対にあれを論文とは言えない。
どこかの高校のPPT発表でもないし、ブログの文をかき集めてきて証拠だって提示してる。
そんな出鱈目なことを遮断しようとレビュアーやエディターが検収してるんだ。
共感13    非共感2


05. 韓国人
出版社も三菱の金を貰ったようだね、学術誌?
チラシと間違って言ったんじゃない? w
共感89    非共感5


06. 韓国人
カネで歴史も買い変えてしまう日本野郎ども!
共感44    非共感2


07. 韓国人
我が政府、我が歴史学者、我が市民団体は何をしているのか。
正義連帯、お前らは何してるんだ。
尹美香(ユン・ミヒャン)、一言でもいいから、お婆さんたちのおかげで、国会議員になれたんだから、お前のやる事をしろよ!!
共感29    非共感2


08. 韓国人
日本がカネを色々使ったんだね。
あそこにもたくさんばら撒いたみたい。
共感24    非共感0


09. 韓国人
大韓民国の学者たちは何をしているのか。
歴史歪曲をただ眺めているだけなの? 何か言おう!
共感6    非共感0


10. 韓国人
日本からいくらぐらい裏金を受け取っていたら、あのようにするのか。実に厚かましい。
共感6    非共感0


11. 韓国人
カネを貰ったんだろwww
共感8    非共感3


12. 韓国人
ナチスのユダヤ人虐殺も正当な行為だとして論文を書かないとね。
共感5    非共感0


13. 韓国人
あいつも日本から振り込みがあったようだね。
共感4    非共感0


14. 韓国人
韓国の学者たちは何をしているの?
反論したって出たものが見つからないね。
共感3    非共感0


15. 韓国人
ハーバード大学の教授職だけでなく、出版社の編集長まで日本の金で設立された。
共感3    非共感0


16. 韓国人
出版の何が問題?
内容が間違っていたらそっぽを向かれるだろう。
出版禁止は中世の暗黒時代や、独裁国家でしか見られない。
共感3    非共感1


17. 韓国人
このような記事にイイネを押す人は、 土着倭寇なの?
共感2    非共感1


18. 韓国人
これでハーバードは💩大学の烙印を押されそう。
共感1    非共感0


19. 韓国人
右往左往するな。 我々の方でも事実に基づいて内容を整理し、伝える人はいないのか?
一体、今まで何をしていたのか。
共感1    非共感0


20. 韓国人
大統領は、青瓦台は、国会議員は口がないのか、ゴミは何も言わないな。
あんなものが国を治めている。
共感1    非共感0


21. 韓国人
学術誌の編集長にも日本のロビーに入ったのは確かでしょう。
共感1    非共感0


22. 韓国人
学術誌も多分、日本の三菱からカネを受け取って載せるんだろう。
日本は広範囲にカネをばら撒くから。
共感1    非共感0


23. 韓国人
出典引用文も不明な文が論文だなんてwww
共感1    非共感0


24. 韓国人
どこに行ってもゴミが必ずいるんだね。
本当に証明された。
共感1    非共感0


25. 韓国人
2016年にサンフランシスコ連邦裁判所で、既に強制連行に対する証拠不足で完敗を喫したが、韓国だけが報道していない。
すなわち、真実に背を向けたファシズムが国民を犬豚にしている。
共感2    非共感2


26. 韓国人
ファクト論文
共感1    非共感2


27. 韓国人
アメリカはカネさえあれば何でもできる。
米ドル、潰れなければならない。
共感0    非共感1


28. 韓国人
ここのコメントを見ると、とんでもない論理のようだ。
三菱からカネを貰った、どうのこうの言わずに学問的に反論してください。
反日感情だけで? 例え韓国の学者たちも一部同調したくても親日、土着倭寇と民裁判式に罵倒することだけに夢中。
共感2    非共感5


<管理人の独り言>
代わり映えのしないコメント。相変わらずラムザイヤー教授関連の報道は毎日新しいものが出てますが、どの記事も同じようなコメント。韓国人もやってて飽きないのか。


★記事掲載ポータルサイトの説明はコチラをどうぞ。
★元記事作成:聯合ニュースについての説明はコチラをどうぞ。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ


外部サイト人気記事