2



ネイバーから、【 女性家族部、慰安婦被害者の英語版証言集を作るも2年以上 "非公開" 】という記事の翻訳


※当ブログの内容、テキスト等(コメント欄含む)の無断転載・無断使用を固く禁じます。引用する場合は、引用元として明記してください。YouTubeで当ブログの内容を読み上げるなども止めて下さい。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク


外部サイト人気記事


女性家族部、慰安婦被害者の英語版証言集を作るも2年以上 "非公開"

聯合ニュース
記事入力 2021.02.24 07:10   最終修正 2021.02.24 11:44


韓国語・日本語版は既に出版 ... 「個人情報収録・著作権紛争の恐れ」を理由に未公開

韓国語版を執筆したソウル大教授、英語版出版のために使用申請 ... 女性家族部は承認せず

「保身主義のため」と批判の声 ... 「英語版、世界の主要図書館に配置すべき」とも


1

日本軍慰安婦被害の証言集『強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち4』


女性家族部が日本軍慰安婦被害者の英文証言集を作っても、2年以上公開しておらず、学界の出版の要請にも事実上応じていないことが分かった。


政府予算4千500万ウォンを投入し、2019年に英語版証言集が完成 ... 今まで公開していない

24日、女性家族部と学界によると、女性家族部は2019年2月、日本軍慰安婦被害者9人の証言を盛り込んだ本『強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち4:記憶で書き直す歴史』の英訳本を完成した。

同証言集は、女性家族部が2001年、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)とソウル大学側に依頼して発刊した同じタイトルの韓国語証言集改訂版(プルビッ出版社、2011)を英語に訳したものだ。

英語版タイトルは韓国語版原題と同じ『強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち:記憶で書き直す歴史』(Forcibly Taken Korean Military 'Comfort Women' for History Rewritten Through Memories)だ。

慰安婦被害の申請者70人の中でも記憶が比較的明確で、内容を対照できる資料が残っている9人の証言にのみに的を絞って出版した著作であり、日本と日本軍による元従軍慰安婦の被害を証明する客観的資料として価値が大きいという。

韓国語版の執筆は、ソウル大法学専門大学院ヤン・ヒョンア教授とソウル大学博士課程生などが募集した『韓国挺身隊問題対策協議会 2000年日本軍性奴隷戦犯女性国際法廷の韓国委員会証言チーム』(以下証言チーム)が務めた。

証言チームは初版から分かち書きなどを正した改訂版を2011年に出したが、この改訂版は現在、全国の国公立図書館だけでなく、市中のオン・オフライン書店でも販売されている。

証言チームはこの本の著作権を女性家族部から譲り受け、日本語版の証言集まで出したという。

女性家族部が、この韓国語証言集の改訂版を英文冊子にする作業に着手したのは、韓国語証言集の出版18年目を迎えた2018年12月だ。 当時、女性家族部傘下の日本軍慰安婦問題研究所と4,500万ウォン相当の契約を結んで進行した『日本軍慰安婦被害者証言集 英語翻訳及び監修』委託作業が、その結果によるものだ。

日本軍慰安婦問題研究所側は2019年2月、英文翻訳作業を完遂して女性家族部に英文証言集の冊子を渡した。

しかし、この英文証言集は完成して2年が経った現在も外部に全く公開されていない。

2

17日、ソウル鍾路区旧在韓日本大使館前で開かれた1479回日本軍性奴隷制問題の解決に向けた定期水曜集会の記者会見で、少女像が席を守っている。 2021.2.24




女性家族部、英語証言集を出版したいという原著作者の要請にも同意せず ...「著作権問題が複雑で専門家に諮問中」

このように完成した冊子を保有していながら、2年以上出版しなかった理由について女性家族部は、慰安婦被害者のプライバシー保護と著作権侵害・紛争の恐れなどを持っているという。

現行法上、国が業務上作成して公表した著作物や著作財産権の全てを保有した著作物は、誰でも許可なく利用できる。 ただし、個人の私生活または事業上の秘密に該当する場合などは例外としているが、女性家族部はこの条項を根拠に英文の証言集を公開していないわけだ。

韓国語証言集の場合、挺対協とソウル大学側が著作権を持っているため、韓国語版と日本語版の本として出版されるのに問題はなかったが、英文証言集の著作権は女性家族部にあるため、現行法上、個人情報を公開できないという意味だ。

女性家族部の関係者は「当初、英文証言集の発注時も(外部に)配布する計画は含まれていなかった」とし「女性に対する敏感な個人情報が含まれており、現在女性家族の利用承認を受けた機関や個人だけが利用できる」と明らかにした。

この関係者は同じ内容がすでに韓国語証言集として出版され、公共機関と民間に配布されたという指摘にも「原著作物が発刊・配布されたからといって、2次著作物に同じく(原則が)継承されて適用できるものではない」と答えた。

女性家族部は、証言集の最初の執筆者であるヤン教授の利用申請さえも事実上拒否していることが把握された。

ヤン教授は英文証言集を外国で出版するため、人文・社会学出版に権威のある英国ルートリッジ出版社と協議し、昨年12月に女性家族部に英文証言集の利用を申請した。 しかし、女性家族部は現在までこれを承認していない。

女性家族部の別の関係者は「ソウル大学側に利用承認をすれば、ソウル大学側が特定出版社と独占契約を結ぶことになるが、こうなると女性家族部が持つ著作権に対する侵害の恐れがあり、出版契約によって発生する収益配分に対する問題などもあり、現在関係省庁と専門家から著作権関連諮問を受けている」と説明した。

女性家族部が言及した「専門家諮問」がいつ完了するのかも現在のところ未知数だ。

3

米下院も慰安婦論文批判 ... 英キム・ミッシェル・スティール「おぞましい」 慰安婦被害者を売春婦と規定する論文を書いたハーバード大学ロースクールの J・マーク・ラムザイヤー教授に対する批判が米政治圏に広がった。 共和党所属のヤング・キム(韓国名:キム・ヨンオク)連邦下院議員=カリフォルニア州選出=は11日(現地時間)、Twitterで「ラムザイヤー教授の主張は真実ではない。事実を誤って導くだけでなく、おぞましいと謝罪を求めた。 2021.2.24




「保身主義」批判も ... 「英語版、世界の主要図書館に配置すべき」

このような女性家族部の態度に対して、米国ハーバード大学ロースクールの J・マーク・ラムザイヤー教授の慰安婦妄言論文が、世界的に大きな波紋を起こした状況で、過度に傍観者のような態度を固守するのではないかという指摘が学界などで出ている。

韓国だけでなく、米国の知識人・市民社会と政治圏でもラムザイヤー教授の論文に対する批判が高まっているのに、慰安婦被害の実像と日本軍の蛮行をまともに国際的に知らせることができるいう冊子を放置しているのは簡単には納得し難いというのだ。

証言集の執筆過程を見守ったというある教授は、証言集の公開が2年以上先延ばしにされている背景に関し「問題が生じた場合、責任を負わないための(女性家族部の)保身主義ではないか」と皮肉った。

この教授は「研究者たちを体系的に支援して慰安婦被害者問題を知らせるように後援することが、政府の役割だが、女性家族部がこのような役割をしていないのは、情けないこと」と批判した。

ソ・ギョンドク誠信女子大学教養学部教授は「(英文証言集は)世界人たちに正しい日本軍慰安婦被害者の歴史を知らせるうえで大変重要な役割を果たすことができる」、「当然、英文で公開して世界の主要図書館に寄贈し配備できるようにしなければならない」と強調した。

4

在米韓国人もラムザイヤー糾弾請願運動。慰安婦記念碑で糾弾大会 17日(現地時間)、ニュージャージー州、慰安婦記念碑の前で開かれた『歴史歪曲論文の撤回を促す』決起大会に出席した韓国人団体が太極旗と星条旗を振っている。 2021.2.24


韓国ネチズンの反応
5
6
ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=001&aid=0012220895


01. 韓国人
そんなんですね。
尹美香(ユン・ミヒャン)は何してるかな。まだワインでも飲んでますか?
あの顔でwww
むしろマッコリを注いでしまいたい画像です プッwwwwwwwwwwww
共感1040    非共感43


02. 韓国人
>01
マッコリすら勿体ないです。
💩水でも飲ませたいです。
共感18    非共感0


03. 韓国人
>01
慰安婦問題を解決したいなら、まず尹美香を引きずり下ろしなさい。
共感6    非共感0


04. 韓国人
女性家族部、統一部は必ず無くならなければならない機関だ!
共感693    非共感17


05. 韓国人
>04
女性家族部は保健福祉部の下に入り、統一部は外交部ですればいいことだ。
共感11    非共感0


06. 韓国人
女性家族部が女性家族部した事を何を今さら。
税金を無駄遣いする虫の集まりなのに。
共感310    非共感1


07. 韓国人
女性家族部を廃止しなさい!!!
共感291    非共感1


08. 韓国人
二重人格政権、これがまさに土着倭寇の精神が根ざした文在寅政権の素顔...
表では違うフリをして、国民を欺いてばかりいる...
共感229    非共感30


09. 韓国人
女性家族部は本当に余暇時間だけを送りカネを浪費するように作った部署なので...
共感45    非共感0


10. 韓国人
2年前なら、前政権のせいにもできないね。
韓国語、日本語版は既に配布されたが英語版は個人情報のため...
我々のお婆さんたちの個人情報は英語圏の人たちにだけ保護されなければならないと?
本当に、この政権の論理は見れば見るほど見苦しい。
共感39    非共感0


11. 韓国人
女性家族部を解体しよう!!!!!
共感15    非共感1


12. 韓国人
女性家族部が中華人民共産党のアカよりさらに悪い!
共感12    非共感0


13. 韓国人
私は女だが、女性が望む機関なのか分からない。
ついでに無くそう。
共感11    非共感0


14. 韓国人
何か女性のために働きそうに国民を欺いて、実質的にする事は無く権力を補佐する女性家族部です。
部署廃止はごもっともです。
共感6    非共感0


15. 韓国人
一体何をしたって?
ハーバード大学教授が、慰安婦を売春婦とするまで何をしてたって?
昨日、インターネットの記事にミヒャンの写真が載ってきて国会議員をしている写真がアップされたのを見て吐きそうになった。
共感5    非共感0


16. 韓国人
女性家族部、ユン・ミヒャン、ナヌムの家、一体なぜ韓国にあるのか...
共感5    非共感0


17. 韓国人
女性家族部を廃止せよ...女性家族のための組織ではない。
自分たちの利権のために存在する所だ。
共感4    非共感0


18. 韓国人
女性家族部が英語版を出版承認しないのは2015年の韓日協定のためか?
不可逆的なんとかかんとかいう 政府が関与できないなら、民間で資金を集めて新たに英文に翻訳、出版することはできないのか。
スペイン語、フランス語などでも翻訳、出版してほしいです。
共感3    非共感0


19. 韓国人
女性家族部はなくさなければならない。
何一つちゃんとできることがない。
あんなものを国民の税金で維持する必要は無い。
共感3    非共感0


20. 韓国人
お願いだから名前の家族という単語は ちょっと抜いて...女性部にしなさい。
どうしてもフェミ思想以外には「家族」という意味は感じられない。
共感3    非共感0


21. 韓国人
女性のためでも家族のためでも、両性平等のための機関でもなく、さらに女性の醜い人権にも沈黙しているのに、なぜ女性家族部?
むしろ権力を追う自分に忠誠を尽くす格好悪い女性ナチ部としたらどう?
女性家族部、嫌がらせをする乞食や端くれ集団...
共感3    非共感0


22. 韓国人
政府部署の中で無くなるべき部署。
アンケート調査や国民投票をすれば、1位が女性家族部になるかも...
それくらい国民から支持されない役立たずの部署が、税金の使用は恐竜級。
共感3    非共感0


23. 韓国人
役に立たない女性家族部をなくし、残った予算を新兵器開発に投入しなければならない。
これからは日本、中国に負った借りを強力な武器で返さなければならないのではないか!
共感3    非共感0


24. 韓国人
お前ら20年間一体数十兆も食べてしたことが何だ?
共感2    非共感0


25. 韓国人
女性家族部は良心があるのか???
何もせずに税金を浪費する迷惑省庁。
共感2    非共感0


26. 韓国人
女性は女性の権利伸張のためにあるのではなく、ただ韓国男性の首を絞めたくて存在するだけだ。
共感2    非共感0


27. 韓国人
一体あの集団は何をする集団か。
共感2    非共感0


28. 韓国人
男女葛藤でも作り出すところじゃないか..
いざ必要な時は約に立たない存在
共感2    非共感0


29. 韓国人
あれを公開しない理由が、一般人たちが勘違いしているような軍人が民間人宅に攻めこんで女性を従軍慰安婦としたのではないからだろ。
女性家族部ホームページにある慰安婦証言だけ見ても就職詐欺に近いです。
そして、生活が苦しく売春を選んだ方がいるのも事実です。
今も生計型売春婦が厳然と存在していますが、1900年代初め、もっと暮らしが大変だった時代にまったくそのような方々はいなかったのでしょうか。
私たちの常識で考えて、扇動されないようにしましょう。
元従軍慰安婦の被害を証明したのは日本人の市民運動家であり、それ以降に尹美香(民族解放主義運動していた人)たちが登場しました
共感2    非共感0


30. 韓国人
韓国女子の平均
共感2    非共感1


★記事掲載ポータルサイトの説明はコチラをどうぞ。
★元記事作成:聯合ニュースについての説明はコチラをどうぞ。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ


外部サイト人気記事