1



ネイバーから、【 第2のラムザイヤーを阻止せよ ... アメリカの学生らに対して、慰安婦教育 "始動" 】という記事の翻訳


<管理人の独り言>
韓国人コメントは元々少なかったです。


※当ブログの内容、テキスト等(コメント欄含む)の無断転載・無断使用を固く禁じます。引用する場合は、引用元として明記してください。YouTubeで当ブログの内容を読み上げるなども止めて下さい。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク


外部サイト人気記事


第2のラムザイヤーを阻止せよ ... アメリカの学生らに対して、慰安婦教育 "始動"

聯合ニュース
2021.02.22 05:33


世界歴史デジタル教育財団、米中高校用慰安婦教育資料集作りに着手

生存者インタビューでデジタルアーカイブ計画 ... 「未来世代への歴史教育で長期的に対応」

1

世界歴史デジタル教育財団ホームページ [財団ホームページキャプチャ]


ハーバード大学ロースクール  J・マーク・ラムザイヤー教授の『慰安婦論文』事態を機に、アメリカの学校の授業に慰安婦問題を含ませるための努力が第一歩を踏み出した。

アメリカ人がラムザイヤー教授のように日本右翼の歴史歪曲に同調し、被害者の苦痛に目をつぶることが二度と起こらないよう、 幼い頃からしっかり教えなければならないという趣旨からだ。

世界歴史デジタル教育財団(WHDEF、以下の歴史財団)は21日(現地時間)、慰安婦問題に関するアメリカの中・高校教育資料集製作プロジェクトに着手したと明らかにした。

現在、カリフォルニア州程度を除けば、アメリカで慰安婦問題を教科書に明示したところはない。 従って教師たちが普遍的なテーマである人身売買や戦争犯罪について教える時に、従軍慰安婦問題を扱うことができるよう特別教案を提供するという計画だ。

ハン・ジョンウ財団理事長は聯合ニュースとの電話インタビューで「ラムザイヤー教授に対する即座の対応も必要だが、長期的かつ構造的に対抗するには、未来世代に歴史を正しく教えなければならない」とし「正確な歴史に基づいた教育資料集を作り、"良貨が悪貨を駆逐" することだ」と述べた。

現職の米教師たちと学者らによるタスクフォース(TF)を構成して、一線の教師たちの趣向に合わせながらも、 日本の右翼ではなく被害者らの視点から慰安婦問題を眺められるように、オーダーメードで製作する方針だ。

2

ハン・ジョンウ世界歴史デジタル教育財団理事長[ハン・ジョンウ理事長提供]


教育資料集制作のための討論会にラムザイヤー教授も招待して論争し、論文の資料と証拠が足りなかったという事実を悟らせるという構想もしている。

これまで韓国国際交流財団(KF)の支援で、6回にわたって教育資料集を発刊する過程で蓄積してきたノウハウ、教師陣とのネットワークを積極的に活用できると、歴史財団は自信を示した。

教育資料集の制作に向けて最も力を入れる作業は慰安婦被害者に直接インタビューして英語字幕をつけ、デジタルアーカイブで構築することだ。

韓国はもちろん、中国、東南アジア、欧州などの生存被害者に会い、教育テーマに合わせて統一性のあるインタビューを行う必要があると財団は明らかにした。

インタビュー映像はアメリカの中学・高校の授業に使われ、これを基にドキュメンタリーを制作して国際映画祭に出品する計画も持っている。

アメリカの非営利団体である朝鮮戦争偉業財団を通じて海外参戦勇士たちのインタビューをデジタルアーカイブ化した経験があるハン理事長は慰安婦は韓日間の問題ではなく、普遍的な人権と戦争の問題という点を教えなければならない」、「アメリカの学生たちも人権という見方で戦時性奴隷と現在の人身売買問題を共に考えてみることが出来るようにすること」と話した。

問題は予算だ。 歴史財団によると、資料集の制作および発刊、デジタルアーカイブの構築、ドキュメンタリーの制作に少なくとも70万ドル(約7億8千万ウォン)がかかると推算された。

財団はひとまず、資料集製作に入る予定だが、政府や民間で財政支援が行われなければ、慰安婦被害者のインタビューなどの後続作業に支障を来たす見通しだ。

3

ハーバード大学ロースクールの J・マーク・ラムザイヤー教授
[Harvard Law SchoolYouTubeキャプチャー]



韓国ネチズンの反応
4

※性別・年代別の表はコメント数が大体100件以上にならないと表示されません。

ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=001&aid=0012216099


01. 韓国人
慰安婦の存在すら知らなかった世界の人たちに、隠していた日本がオウンゴールを入れているね。
共感49    非共感0


02. 韓国人
応援します。
絶対に必要なことだと思います。
ありがとうございます。
共感29    非共感2


03. 韓国人
日本がむしろ蛮行を自ら知らせる善良な事をするなんてwww
時代が変わったことも知らない未開な島国のやつらww
韓国政府はカネを無駄に浪費せず、このような事を支援しろよ。
共感15    非共感0


04. 韓国人
イ・ヨンフン、リュ・ソクチュン、パク・ユハ、こんな奴らは引っ張って来て倭寇731式生体研究に使おう。
生きたまま目玉をくり抜く、生きたまま関節を分離するなど。
共感7    非共感1


05. 韓国人
いくら移民者たちの雑種国家だとしても概念はなければならないようだ。
ハワイ真珠湾攻撃がアメリカの痛みだったっけ?
日本に不意打ちをされたのではなく、ラムザイヤー教授のようにあの時もきっとスパイアメリカ人がいたかも...
カネのために国を売り払ったスパイが...
共感3    非共感0


06. 韓国人
後援口座作りましょう。
少しずつ送ります。
愛国者はできなくても私に出来る事で最善を尽くしてお手伝いします。
共感1    非共感0


07. 韓国人
日本の素顔が全世界でそろそろ暴かれるね。
いいね、いいね👏
共感1    非共感0


08. 韓国人
おめでとうございます。
世界中が知るようになるでしょう。
共感1    非共感0


09. 韓国人
日本とドイツの違いも教えてくれればいいな。
反省し続けるドイツと、絶対反省を知らない日本!


10. 韓国人
無理強いする奴らと戦っても、世界に知らせて客観的な判断を受けるようにしなければなりません。


11. 韓国人
何の関心のない文在寅政府
共感1    非共感4


12. 韓国人
大韓民国で日本に関することなら、無条件に敵視し憎悪しなければならない。
そのように学び強要されている。 慰安婦たちの主張に対して全てが真実ではないと考えた大韓民国国民も存在するが、滅多なことは言えない。
親日売国奴と決めつけられ、名誉毀損で告訴・告発され刑事処罰を受けるからだ。
大韓民国で日本に関することなら、言論の自由も表現の自由も存在しない。
グローバル時代に隣国に対する憎悪だけを教えるのが正しい事なのか。
共感3    非共感18


13. 韓国人
>12
そのような主張は、中国の悪口を言うコメンターにでもしろ。


14. 韓国人
>12
謝罪しておいて不意打ちをくらわす奴らを許すために、 どうして我々が善良なふりをしなければならないのか。それが偽善だ。
共感2    非共感0


15. 韓国人
ハーバード教授のせいにするだけでなく、韓国も果たして歴史的真実を歪曲していないのか、振り返らなければならない。
私をはじめとする大韓民国の多くの人々は、元慰安婦たちの主張の相当部分歪曲されていると考えるが、大韓民国で、日本はひたすら憎悪の対象でなければならないから、話すことができず、言えば親日売国奴と罵倒されるのが現実だ。
大韓民国で慰安婦問題に対し、自由に研究して討論しなければならない。
慰安婦問題について研究した大学教授が告訴告発されることは消えなければならないのだ !
共感1    非共感17


16. 韓国人
>15
すでに明らかになっている。日本から強制的に連れて行かれた文書もあるし、お婆さんたちの証言もあるので、言葉に気をつけてください。
共感3    非共感0


<管理人の独り言>
記事にあるように、カリフォルニア州の世界史教科書には慰安婦問題が掲載されています。これに尽力したのが、今、イ・ヨンスと共に活動しているキム・ヒョンジョン(Phyllis Kim)が代表を務める慰安婦支援団体『慰安婦行動』(旧:カリフォルニア州韓米フォーラム)です。
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/752492.html

先日イ・ヨンスが参加して開かれたハーバードのミーティングにも参加していた『慰安婦正義連帯(CWJC)』も関わっています。

彼ら慰安婦を支援している団体は、ドイツででもそうですが、慰安婦問題を全世界どこにでも存在する普遍的な人権問題として、教育に非常に力を入れてきています。まぁ、この記事が言いたい事は「支援してくれ」ですが、この理事長も彼女たちと繋がっていると見るのが自然でしょう。そして彼らは正義連のような韓国の感覚で運営されている団体とは一味違う感じがします。


★記事掲載ポータルサイトの説明はコチラをどうぞ。
★元記事作成:聯合ニュースについての説明はコチラをどうぞ。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ


外部サイト人気記事