1



ネイバーから、【 "独島領有権" 新しい証拠発見 ... 日本「朝鮮忘却説」主張覆す 】という記事の翻訳





★個人的な連絡ですみません★
※約1ヶ月ほど連絡を取ろうと試みましたが、全く連絡がつかず(Twitter、YouTube、サロン窓口)、更には先日も当ブログからの読み上げでは無いかと思われる動画をあげていたので、仕方なく名指しでここに書きます。カッパえんちょーさん、ご連絡下さい。一部の動画では、<管理人の独り言>に書いた私の意見をご自分の意見として発言しておられるのではないかと思われるものもあります。 ※当ブログの内容、テキスト等(コメント欄含む)の無断転載・無断使用を固く禁じます。引用する場合は、引用元として明記してください。YouTubeで当ブログの内容を読み上げるなども止めて下さい。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク


外部サイト人気記事


"独島領有権" 新しい証拠発見 ... 日本「朝鮮忘却説」主張覆す

中央日報
記事入力 2021.02.01 13:00   最終修正 2021.02.01 14:15


1

朝鮮中期の文臣・権文海(クォン・ムンヘ、1534~1591)が編纂した韓国初の百科事典である『大東韻府群玉』(宝物第878号)[写真 醴泉郡]


鬱陵島と独島の領有権を立証する新しい資料が国内初の百科事典などから発見された。 慶尚北道醴泉郡(キョンサンブクド・イェチョングン)、醴泉博物館に所蔵された『大東韻府群玉』(1589)と、『東西彙纂』(19世紀)、『東国通志』(1868)などに鬱陵島・独島に関する多くの内容が確認された。

醴泉郡によると、朝鮮中期の文臣クォン・ムンヘ(1534~1591)が編纂した韓国初の百科事典『大東韻府群玉』(宝物第878号)の内容のうち、島(島・ト)、悍(ハン、荒々しさ)、獅(サ、獅子)など、一般的な名詞の概念を説明し、鬱陵島が国内地名として登場する。 これについて専門家らは朝鮮前期の韓国人の思考体系の中で、鬱陵島が日常的に流通・活用されていたことを証明する史料と評価した。

これは、これまで日本の学界が、朝鮮後期まで韓国が鬱陵島と独島を忘れていたとする主張に反論する根拠となる。 日本の学界は「朝鮮政府の空島政策の結果、朝鮮社会は、鬱陵島と独島を忘却しており、17世紀、安龍福(アン・ヨンボク)と日本の衝突、19世紀、日本の朝鮮半島侵略によって、初めて朝鮮人たちが鬱陵島・独島を再発見した」と主張してきた。

ソウル大学奎章閣韓国学研究院先任研究員ホン・ムンキ博士(独島史料研究委員)は「朝鮮時代の鬱陵島に関する知識が知性界で流通・活用された事例として、朝鮮社会が鬱陵島・独島を忘却したという日本の学界の主張に強力に反論する資料」と評価した。

醴泉博物館は宝物268点を含む約2万点の遺物を確保し、国内公立博物館の中で最も多くの宝物を所蔵している。 22日『独島博物館と共にする共同企画展』で新たに発見された鬱陵島・独島関連所蔵品を一般公開する予定だ。


韓国ネチズンの反応
2

※性別・年代別の表はコメント数が大体100件以上にならないと表示されません。

ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=025&aid=0003074371


01. 韓国人
日本にだけ劣等感爆発するのではなく、中国にも少しは何とか言え。
高句麗、百済、新羅、渤海まで自国の歴史だと言う。
広開土太王も自分たちの歴史だそうだ。
キムチ、韓服、笠子帽も中国のものだと言い張る。
今、中国が更に酷い。
中国人が住宅価格を引き上げた元凶の1つだ。
親中は国を丸ごと中国に捧げる格好だ。
共感201    非共感10


02. 韓国人
>01
日本にも中国にも言わないと。
日本はこっそり抜いて中国ばかりにしててもいけない。
共感20    非共感0


03. 韓国人
>01
日本の話なのに、中国を入れて論点を曇らせる親日派の奴ら。
100年前に、国の売って所帯は少し良くなりましたか。
中国には中国なりに、日本には日本なりに言うべきことは言わないと。
共感7    非共感3


04. 韓国人
>01
でも独島問題で劣等感爆発という単語がなぜ出るんですかwwww
もしかして劣等感爆発がどんな意味か分からない?
共感7    非共感0


05. 韓国人
もう一度詳しく調べてください。
対馬が韓国領土だという内容もあるでしょう。
共感78    非共感3


06. 韓国人
正直、証拠はいつも出したし、今もあるのに、日本がすべて無視しているんじゃないの?
共感30    非共感0


07. 韓国人
中国、日本いずれも他国の領土・領海を狙う極悪非道な隣国だ!
国力がなければまたやられる!
共感28    非共感0


08. 韓国人
日本にある韓国の土地も取り戻して、中国にある土地も取り戻そう。
共感24    非共感0


09. 韓国人
いや...国力を養わないと。
国会議員たちが派閥争いをする時間に、国力を育てることを考えよう。
先祖が命にかえて国を取り戻したのなら、しっかり守ろう。
共感13    非共感0


10. 韓国人
日本は嘘も10回話せば真になるという思想を持っているのだ。
我々にあらゆる資料物証があっても最後まで認めない。
共感10    非共感0


11. 韓国人
発見したからって、どうするの。
日本がいつ証拠があって自国の土地だと言い張るのか。
日本はそのまま独島を狂ったように持ってたいだけだ。
日本がいつ周辺国を気にして生きる国だったか。
原発の水も海水に流してしまうのに。
共感10    非共感0


12. 韓国人
鬱陵島と独島という文章が、どこに何と書かれているという話か
共感10    非共感2


13. 韓国人
そこに鬱陵島・独島に対して何と書かれていたかを記事に掲載しなければならない。
ポツポツと出ているとだけで少なければどうするんだ..
今、明確な根拠がなく、引き続き議論が起きているが、ファクトをちょっとあげなさい。
共感8    非共感0


14. 韓国人
地震?津波?火山爆発?
戯言を言うたびに1つずつ爆発するが、今度は何が起こるかな。
東京の中心街に一発!
共感7    非共感0


15. 韓国人
独島だけじゃなくて、対馬に対しても我が国という証拠がたくさん出たら良いだろう。
共感6    非共感0


16. 韓国人
対馬が韓国領土だという史料は溢れているが、なぜ黙っているのか。
共感6    非共感0


17. 韓国人
対馬は我が領土
共感6    非共感1


18. 韓国人
本当に大韓民国は隣人が極悪。
その中で一人、民主主義の使命を帯びて、歴史を導いているという。
共感5    非共感0


19. 韓国人
おい、倭奴ども、対馬を出せ。
共感5    非共感0


20. 韓国人
チョッパリ野郎ども。
気をつけろ。
共感5    非共感0


21. 韓国人
良い知らせですね!
確認が取れたなら、外交部次元で一日も早く広く知らせなければなりません!
共感5    非共感0


22. 韓国人
独島が我が領土なのは当然のことであり、対馬を日本から返してもらわなければならない。
李承晩が解放後、何の理由もなく対馬返還を主張したのではない。
共感4    非共感0


23. 韓国人
いくら証拠を見つけても、日本がそのまま無視すればそれまでだ。
話の通じない奴らが日本政府だ。
共感4    非共感0


24. 韓国人
日本は対馬を返還すべきだ。
共感4    非共感0


25. 韓国人
間島も取り戻す準備をしなければならない。
共感3    非共感0


26. 韓国人
不変の真理!!!
共感3    非共感0


27. 韓国人
鬱陵島を認識していたというのは分かるが、独島に言及したという内容は(記事中に) 一行もないね?
共感3    非共感0


28. 韓国人
今は中国を攻めなければならない時
共感2    非共感0


29. 韓国人
実効支配...国際司法裁判所に持ち込もうとする日本の小細工.....乗ったらだめだ。
共感2    非共感0


30. 韓国人
しばらく忘れていたからと、お前のものになるというのは、どこから出た話か。
無知な倭寇...
共感2    非共感0


31. 韓国人
こんな資料が無かったから日本が自分たちのものだと言い張るのか??
少しは現実を直視しよう...
共感4    非共感3


32. 韓国人
独島の話はどこに出てるんですか。
鬱陵島の話の後に、独島の話が出るかと思ったら記事が終わりだね。
共感1    非共感0


33. 韓国人
毎年新しい証拠が出てくるのが今では不思議なほどだ。
共感1    非共感0


34. 韓国人
日本が主敵。
共感4    非共感4


35. 韓国人
日本の独島所有権の根拠は、朝鮮時代ではなく第二次世界大戦敗戦後、米国とのサンフランシスコ条約だ。 毎日朝鮮時代の根拠を言っても馬の耳に念仏だ。
共感3    非共感4


36. 韓国人
対馬は壬辰倭乱の時、侵攻の前哨基地だったんだけど、違うかな?
対馬島主も参戦しなかった? ところで我々の土地なのか?
共感0    非共感4


<管理人の独り言>
2月22日の竹島の日に合わせて公開するんですね。


★記事掲載ポータルサイトの説明はコチラをどうぞ。
★元記事作成:中央日報についての説明はコチラをどうぞ。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ


外部サイト人気記事