1



ネイバーから、【 韓国がモンゴルの属国? 英旅行ガイドブックで紹介された歴史歪曲問題 】という記事の翻訳


※当ブログの内容、テキスト等(コメント欄含む)の無断転載・無断使用を固く禁じます。引用する場合は、引用元として明記してください。YouTubeで当ブログの内容を読み上げるなども止めて下さい。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク


外部サイト人気記事


韓国がモンゴルの属国? 英旅行ガイドブックで紹介された歴史歪曲問題

東亜日報
記事入力 2021.01.06 15:07   最終修正 2021.01.06 15:11


「大邱の女性、ソウルの女性に比べてファッションが遅れている」 地域侮辱も
「テコンドー、中国・唐に由来する」
「K-POPは扇情的」

1

写真:教保文庫サイト


最近発行された英国の専門旅行案内書が、韓国と韓国人を侮辱したり、歴史を深刻に歪曲しているとサイバー外交使節団であるVANKが指摘した。

VANKは6日、英国の「ラフガイド」が発行したガイドブック「ザ・ラフガイド・トゥ・コリア」を分析した結果、地域を差別する内容など36カ所で間違いが発見されたと発表した。

このガイドブックにある「大邱のリンゴ女性たち(Daegu's  Apple  Girls)」というタイトルの文章では「ソウルで過ごしたことのある人なら、大邱に住む女性がソウルの女性と比べて少なくとも数年遅れた服を着ていることが分かるだろう。 これは大邱の古い保守主義の断面を明確に示している」という内容がある。

また、韓国文化と歴史に対する歪曲もある。 このガイドブックは「テコンドーは中国・唐から由来している」とし 「ほとんどの韓国武術は中国または日本起源のものから変形したもの。 テコンドーは中国・唐から由来し、三国時代に韓国ならではの変形を経て韓国の有名な輸出品の1つとなり、オリンピック種目になった」と説明した。

これだけではない。 韓国地図では鬱陵島の管轄を「江原道」と表記し、韓国歴史年表の中で1248年の韓国を「モンゴルの属国」と説明した。 東海の地名表記問題と関連しては 「世界地図での "日本海" という名称が "キムチをむしゃむしゃする韓国旅行客" によって "東海" に変更させられている」と批難した。

K-POPについては「一般的に過度に甘い男-子供に対する悪戯のような女性バンドを指すが、世紀が変わりミュージックビデオが伴って扇情的になった」と説明している。

このガイドブックは現在、オンライン上のアマゾンや出版社のホームページ、主要書店で販売されている。

VANKは「出版社にこのような間違いと歪曲、蔑視に対して正してほしいという抗議書簡を送った」とし「世界最大規模の請願サイト『change.org』を通じて請願運動を進めている」と明らかにした。


韓国ネチズンの反応
2

※性別・年代別の表はコメント数が大体100件以上にならないと表示されません。

ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=020&aid=0003330707


01. 韓国人
モンゴルに降伏して属国になったのは歴史的事実であり、韓国の歴史教科書を除くと、全世界の歴史書がその当時モンゴルと高麗を一色に塗っている。
王朝は維持されたが、地方領主の水準に格下げされ、王族の女性たちも呼び出され、貢女を王の名前を書いてモンゴルに贈った。
日本遠征のように...
共感28    非共感4


02. 韓国人
モンゴルの属国は合ってるじゃん。
共感25    非共感4


03. 韓国人
>02
正確には明の属国、モンゴルの属国、清の属国、日本に併合。
共感4    非共感0


04. 韓国人
>02
そしたらお前の論理では、中国もモンゴルの属国だった。
アジア・ヨーロッパ全体がモンゴルの属国だった。
共感4    非共感0


05. 韓国人
>02
K-POPが扇情的なのもその通り。
共感2    非共感0


06. 韓国人
その当時、アジアを超えてヨーロッパまでモンゴルの属国だった国が1つや2つか?
中国もモンゴルの属国だった。
それでは、中国はもちろんヨーロッパでモンゴルに征服された国々の本にもモンゴル属国と書くべきなのに。
表現を見ると嫌韓の人が書いたようだね。
韓国の本にだけこう書いたようだ。
共感19    非共感4


07. 韓国人
高麗がモンゴルの属国なのも事実だ。
但し、高麗は釜馬国となり、他の国とは比べ物にならないほどの優遇を受けた。
高麗は元の家族として優遇された。
実際、元のクビライの長女である斉国大長公主を王妃に迎えた忠烈王は、元に王室宴会があり序列が7位だったという。
漢族が奴隷以下の扱いを受けたことに比べれば幸いではある。
共感15    非共感3


08. 韓国人
正確に言えば属国だったろ。
共感9    非共感0


09. 韓国人
属国だったことを違うと言う事が、歴史歪曲じゃないの?
共感9    非共感2


10. 韓国人
彼らが感じた感情を率直に表現したのだ。
恥ずべき現実を隠そうとばかりする韓国左派...
朝鮮王朝500年も恥ずかしい歴史ということを自覚しなければならない。
共感4    非共感1


11. 韓国人
その当時、モンゴルの属国であることは正しい。
高麗の王の任命解任もモンゴルが思い通りに行ったのに。
共感4    非共感1


12. 韓国人
元の属国だ。
共感3    非共感2


13. 韓国人
外国の目にはそのように見えたんだね。
あんな細かいことも気を使って正しく知らせるのが、外交部大使館ですべきことじゃないか?
共感2    非共感1


14. 韓国人
島国の特徴が歴史歪曲だねww
共感2    非共感1


15. 韓国人
やはりイギリスだ。
正確な分析だね。
共感1    非共感0


16. 韓国人
大体合ってるけど?
テグを含む地方が保守的なため、ファッションもそれについて行くし、テコンドーは空手に中国式の蹴りを結合して創意的に開発して世界的に大成功したので、誇らしく思うべきことだ。
鬱陵島の管轄は勘違いをする事もあるだろう。
日本海は100年間使っていたものを韓国人の努力で変えているのだから当たってる。
共感4    非共感4


17. 韓国人
高麗時代の忠宣王から100年間、蒙古元の属国だったのに、これが何の歴史歪曲というのか...
共感3    非共感3


18. 韓国人
モンゴルの属国だった。
恥ずかしい歴史も歴史だ。
認めるべきことは認めなければならない。
歴史歪曲は今、この記事がしている。
共感3    非共感3


19. 韓国人
正直、我々も歴史をしっかり学ばないと...
共感1    非共感1


20. 韓国人
K-POPが扇情的っていうのは、 合ってると思うんだけど?


21. 韓国人
モンゴルは韓国の兄弟国。


22. 韓国人
属国ではないが、北朝鮮の顔色を伺い、イランに船が拿捕される国際的間抜けであることは明らかだ。


23. 韓国人
見解の相違による別の言葉であることはあっても、誤った言葉ではなさそうだ。
とにかく直してほしいという要請は、 よくやった。


24. 韓国人
だったらイギリスをインド属国として案内すればいいじゃん。


25. 韓国人
ネイバーのコメントレベルが外国人のようだね。
中国人じゃなくて日本人じゃないみたい。
ネイバーのコメントは大韓民国住民登録上に登載されている人だけが出来るようにすれば良いのに... (帰化人も除いて...)
共感2    非共感3


26. 韓国人
申し訳ないけど、大邱女性がソウル女性よりファッションが劣るのは事実だ。
共感0    非共感1


27. 韓国人
テコンドーも結局、テッキョン + 空手の技術を融合して開発したので、中国という部分は間違っていますが、韓国の伝統が生きている固有スポーツではないですね。
共感1    非共感5


28. 韓国人
昔はモンゴルの奴隷だったんだよ。
モンゴルに連れて行かれて帰ってきた女が還鄕女と呼ばれ、節操のない女を指す言葉になっていた。
共感0    非共感4


29. 韓国人
イギリス旅行ガイドブックがあまりにも正確で驚いた。
他のことは他の人々が指摘したので、テコンドーだけを見てみよう。
中国南部地方の武術が沖縄に流れて空手になった。
これが日本本土に再び入って日帝強占期に韓国人たちが学んだんだ。
これらの韓国人が朝鮮に戻って空手を普及させた。
そうするうちに政府が乗り出してテコンドーに統合させて発展させたのだ。
共感4    非共感10


30. 韓国人
>29
あなた日本人でしょ


31. 韓国人
一部は合ってるじゃん。
モンゴルのアルタイ語族も、大邱の女性がソウルの女性に比べファッションが劣る事も、K-POPが扇情的なことも、テコンドーも合わせて指摘したことだが、正しいことは認めなければならない。
共感2    非共感9


32. 韓国人
テコンドーは韓国固有の武術ではない。
テッキョンと似た名称にしただけで、正確には日本の空手道を写したのだ。
恥を知れ... それだけじゃなく、嘘がバレるかと思って意図的にテッキョンを侮辱してなかったか。
共感0    非共感8


★記事掲載ポータルサイトの説明はコチラをどうぞ。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ


外部サイト人気記事