1



ネイバーから、【 再び注目駆虫剤 ...「イベルメクチン、コロナ致死率80%下げる」 】という記事の翻訳


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク


外部サイト人気記事


再び注目駆虫剤 ...「イベルメクチン、コロナ致死率80%下げる」

東亜日報
記事入力 2021.01.05 11:58   最終修正 2021.01.05 13:32


専門家「効果を断定するにはデータ不足」指摘

1

米国食品医薬局(FDA)の承認を受けた駆虫剤『イベルメクチン』が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の致死率を80%程度低下させる効果を見せたという研究結果が登場した。

4日(現地時間)、英国デイリーメールの報道によると、リバプール大学のウイルス学者アンドリュー・ヒル博士は、イベルメクチンがコロナとの戦いで「変革点」になる可能性があると主張した。

ヒル博士チームは、世界保健機関(WHO)の依頼を受け、バングラデシュやアルゼンチン、エジプトなどの発展途上国コロナ19患者1400人を対象に、11回の臨床試験を行った。 その結果、イベルメクチンを投与した573人中8人(1.4%)だけが死亡した反面、偽薬(placebo)を投与した510人中44人(8.6%)が死亡したことが分かった。

同時に、患者の体内にあるコロナ19ウイルスを除去するのにかかる時間も、イベルメクチンを服用した時は更に早かったという結果も得た。 エジプトで行われた試験で軽微な症状を見せる患者100人にイベルメクチンを投与すると、平均5日以内にウイルスが消えたという。 薬を受け取らなかった軽症患者の場合、10日程度がかかった。 重症患者の場合、イベルメクチンを投与してウイルスが消えるまで平均6日かかった。

バングラデシュで実施された臨床試験でも似たような結果が出た。 臨床試験で使用されたイベルメクチンの用量は0.2~0.6mg/kgであった。 ただ、一つの試験においては12mg/kgの高用量が投与されたりもした。

2


ヒル博士は「もし、更に多くの研究でこうした結果を持続的に確認できれば、これは本当に革新的な治療法になるだろう」と述べた。

イベルメクチンはヒト免疫不全ウイルス(HIV)、デング熱、インフルエンザ、ジカウイルスなど広範囲なウイルスの除去に効果があることが分かった。 イベルメクチンがコロナ19ウイルスを撲滅するという研究結果は、以前にも登場したことがある。 4月にオーストラリアABC放送によると、モナッシュ大学の研究陣は「このイベルメクチンにさらされたコロナウイルスから48時間ですべての遺伝物質(RNA)が消滅したことを確認した」と明らかにした。

韓国の製薬会社、大熊(デウン)製薬も6月、グループ子会社デウン・セラピューティクスが行ったコロナ19治療剤『DWRX2003』(成分名ニクロサミド)動物効能試験で、ウイルス感染改善効果を確認した、と発表している。 ニクロサミドは駆虫剤成分としてよく知られている物質だ。

にもかかわらず、多くの専門家は、イベルメクチンのコロナ19治療効果と関連して、より多くのデータを要求している。 これまでの研究がそれぞれ違う量のイベルメクチンを使用し、その期間と対照群の治療方法で違いがあるという点などが理由だ。


ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=020&aid=0003330411
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=215&aid=0000927058


01. 韓国人
セルトリオンの株オタクたちがやってくる!!! ククク
共感10    非共感0


02. 韓国人
駆虫剤は癌も殺してコロナも殺して、万病に効く薬ってこと?
共感10    非共感1


03. 韓国人
イベルメクチンは、イシューとなっていた犬鉤虫薬ではありません。
人の顔にもよく寄生する毛包虫の除去薬です。
共感7    非共感3


04. 韓国人
ファクトです。
シンプン製薬は、人用イベルメクチン製品である「イボタン錠3mgと6mg」の2つの製品を持っています。
国内で人用イベルメクチンの販売許可を受けたのはシンプン製薬が唯一です。
共感3    非共感0


05. 韓国人
薬屋が数百万ウォンを貰い万病に効く薬だと騙して売った薬が駆虫剤だったのに、ある程度根拠はあるね。
共感3    非共感0


06. 韓国人
病気になれば、うちの犬の駆虫剤がイベルメクチンだから、2,3錠飲まなきゃいけないね。
たくさんあるww
共感2    非共感0


07. 韓国人
これからはビタミン、栄養剤を止めて、駆虫剤を飲めば無病長寿になるの?ww
共感1    非共感0


08. 韓国人
クククク
ヘル朝鮮の薬物乱用レベル
共感1    非共感1


09. 韓国人
癌にも良い


10. 韓国人
心臟糸状虫にも効く。


11. 韓国人
今年4月に駆虫剤に効果があるという話が出たが、今になって研究結果を発表するのを見ると、本当にコロナで操作して利益を得ようとする者がいるということだ!


12. 韓国人
イベルメクチン!製薬会社大騷ぎだね。


13. 韓国人
コロナはウイルスじゃなくて 寄生虫みたいだね?


14. 韓国人
ワクチン接種を受けるとか、むしろ駆虫剤の服用で予防効果があるかも!


15. 韓国人
え~駆虫剤がコロナウイルスの特効薬?


16. 韓国人
で、この関連株は何?


17. 韓国人
また騙すのか。


18. 韓国人
我が国は株式市場を撹乱させる事が本当に簡単だ。
駆虫剤を飲むと癌が死ぬ。
ステロイド使うとコロナ治療になる。
駆虫剤を飲めば、コロナの治療になる...
この程度なら惑世誣民で処罰しなければならないのではないか。
個人投資家よ、これ作戦です...
共感0    非共感1


19. 韓国人
高血圧の薬で脱毛症の治療剤を発見したように、駆虫剤も同じような道を行きますね。
アメリカとイギリスでは駆虫剤の臨床試験が行われていて、大いに期待されています。
共感0    非共感1


20. 韓国人
開発途上国で行われた試験 → 駆虫剤製薬会社のロビーにより操作された実験
共感229    非共感18


21. 韓国人
駆虫剤が万病に効く薬だね。
共感157    非共感10


22. 韓国人
駆虫剤は何十年も使ってきた薬じゃないか。
特別な副作用があるという話も聞いたことがないし...
効果があるというが、一度真剣に検討するのも悪くはないと思う。
古い薬だから効果があるならコピー薬を作るのも全く問題にならないし、どうか効果のある薬だったらと思う。
共感146    非共感19


23. 韓国人
前に犬鉤虫薬に効果があると扇動した事を思い出すね。
共感69    非共感3


24. 韓国人
製薬会社がガンで利益を得たのに、今度は密かにコロナで利益を得ようとしているんだ。
共感38    非共感3


25. 韓国人
ヒドロキシクロロキンやイベルメクチンは長期間検証された副作用の少ない薬です。
こんな安価な薬で治療できることを、凄く嫌がる人たちがいるようだ。
共感21    非共感3


26. 韓国人
イベルメクチン、すでに昨年4月頃に細胞培養実験でコロナウイルスが48時間以内に死滅したという実験結果もあった。
共感7    非共感0


27. 韓国人
駆虫剤がむしろゲームチェンジャーだな。
共感7    非共感1


28. 韓国人
これも、ヒドロキシクロロキンのように静かに消えるね。
医者が治療剤だと主張したところで静かに消える。
そうするとワクチンが強制接種で適用されるんだよ~
共感6    非共感0


29. 韓国人
大韓民国にはシンプン製薬があります。
共感6    非共感1


30. 韓国人
また株価操作をするんだね?
なんで?
ガンは治療した?
共感5    非共感0


31. 韓国人
K治療剤は出て行け!
駆虫剤のお出ましだ!
共感5    非共感0


32. 韓国人
駆虫剤(アルベンダゾール)が癌に効くということは、臨床も何の変哲もなくYouTubeで出回る戯言に人々が巻き込まれたのですが....
今回は本物みたいだ。
昨年一年続いた研究結果のよう!
共感4    非共感0


33. 韓国人
薬局に行こう。
イベルメクチンを買いに行こう。
共感5    非共感2


34. 韓国人
すでに商標の特許登録まで終えたと、今日ニュース専門会社も認める。
共感3    非共感0


35. 韓国人
青瓦台が流した記事か?
ワクチンを手に入れろ。
共感3    非共感1


36. 韓国人
また始まった、こいつら。
共感1    非共感0


37. 韓国人
ノーベル賞を受賞した大村智が開発したイベルメクチン
共感1    非共感0


38. 韓国人
私は正式なワクチンを打つ。
可哀相なお年寄りはまた騙されて駆虫剤を買って飲むだろうね。
共感0    非共感1


39. 韓国人
前回は駆虫剤で癌も治療する。
今度は伝染病も統制するね?
ステキだね
共感0    非共感1


40. 韓国人
駆虫剤がガンにも効いて、ウイルスにも。
これが可能なのか?
医薬品の研究は1つのターゲットに絞ってやるんじゃなかったの?
完全広範囲の医薬品なんだねww
共感0    非共感1


関連記事


★記事掲載ポータルサイトの説明はコチラをどうぞ。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ


外部サイト人気記事