2



ネイバーから、【 豪州と軍隊、米国と宇宙同盟 ... 軍隊の無い日本「怪しい行動」 】という記事の翻訳


<管理人の独り言>
韓国人コメントは元々少なかったです。



ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク




豪州と軍隊、米国と宇宙同盟 ... 軍隊の無い日本「怪しい行動」

中央日報
2020.11.21 05:00


日本が自衛隊の地位と軍事力を強化する動きを見せている。 オーストラリアと事実上「軍事同盟」を協議し、米国とは大陸間弾道ミサイル(ICBM)迎撃実験を行い、宇宙開拓も本格化している。 米政権交代期という曖昧な時期に、対北・対中牽制を名分に軍事強国の地位を固めようという試みと解釈される。

軍隊のない日本、豪州と軍隊間協定を結ぶ

1

菅義偉首相が17日、2日間の日程で訪日したスコット・モリソン豪州首相と首脳会談をする前に肘を交す挨拶を交わしている。 【聯合ニュース】


日本は、中国と対立しているオーストラリアと最近急速な密月関係を結んでいる。 オーストラリアのスコット・モリソン首相を東京に招き、「共同訓練円滑化協定(RAA)」を締結することで大筋合意した。

同協定は、自衛隊とオーストラリア軍が共同訓練や災害救助をする際に、出入国手続きを簡素化し、課税や処罰などの規則を事前に定めることを骨子とする。 事実上、オーストラリアを米国に次ぐ軍事同盟国と見なすという趣旨だ。

2

7月21日(現地時間)、フィリピン海で行われた米国 - オーストラリア - 日本の合同海上演習


日本国内でのみ適用される米軍との関係規定である日米地位協定と違い、この協定は同じ形で両国に適用される。 日本メディアはこのような協定が「戦後、初めてのこと」と意味づけた。

菅義偉首相はこの日「両国は、自由と民主主義、人権、法の支配といった基本的価値と戦略的利益を共有する戦略的パートナーであり、自由で開かれたインド・太平洋の実現に共に取り組む」と述べた。「自由で開かれたインド・太平洋」は東シナ海と南シナ海で中国を牽制する時、米国がよく取り出した表現だ。 豪州と共に中国の脅威に備えるというのが当該協定の目標という意味だ。

しかし、菅政権が中国の脅威を口実に、自衛隊の正式軍隊化に乗り出したという見方が少なくない。 現在、日本国憲法である平和憲法上の自衛隊は、厳密に言えば軍隊ではない。

にもかかわらず、オーストラリア軍と同じ地位で対等な協定を結んだのには、そのような意図が隠れているということだ。 平和憲法に自衛隊の存在根拠を明記しようとする菅政権の立場では、自衛隊を正式軍隊に格上げする一つの根拠が設けられたのだ。

米国とは共同ミサイル開発

3

米国ミサイル防衛庁(MDA)は17日(現地時間)、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を軍艦から発射した迎撃ミサイルで撃墜するテストに成功したと発表した。 同ミサイルは、米国のレイセオン・テクノロジーズと日本の三菱重工業が共同で開発した。 [写真・米国ミサイル防衛庁ホームページ]


米国との密着も注目すべき点だ。 17日、米国が駆逐艦から新型迎撃ミサイルを発射し、ICBMを撃墜する試験に初めて成功したと発表すると、日本政府は翌日、歓迎のメッセージを送った。 同ミサイルが、米国のレイセオン・テクノロジーズと日本の三菱重工業が共同で開発したSM-3ブロック2Aだったためだ。

日本はこのミサイルが日米共同で開発されたという点を強調し、自国の配備を急いでいる。 米国と共に構築している東アジアミサイル防衛網(MD)をさらに細かくし、北朝鮮の挑発に備えると同時に、同地域で軍事的主導権を強化するという腹案もある。

米国の宇宙戦場化にも積極的

日本はまた、今年10月に米カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地にある統合宇宙運用センターに航空自衛隊を初めて派遣した。 未来の宇宙戦を見据えて、今後は派遣ではなく自衛隊員を常駐させるというのが日本の構想だ。

すでに日本は、宇宙空間で米国の最も積極的な友軍を自負している。 防衛省は来年度予算案に米国の新ミサイル防衛構想「衛星コンステレーション」への参加を前提に、該当分野の調査研究費を盛り込む計画だ。

衛星コンステレーションは、宇宙低軌道に数百基の監視衛星を打ち上げ、低高度で飛行する敵のミサイルを探知・追跡する衛星群を意味する。 米国が戦場のパラダイムを変えるとして天文学的な費用を投入し心血を注ぐ事業だ。

産経新聞は「米国の開発状況を把握し、日本が特異とする高感度赤外線センサーで該当事業に参入する可能性を模索するだろう」と予想した。 米国の「宇宙戦場化」に寄与する形で軍事大国に跳躍しようという野心が表れたという評価だ。

日本の防衛予算も毎年増加傾向にある。 防衛省は今年9月、来年度予算を編成し、過去最大規模の5兆4000億円(約60兆1349億ウォン)を超える防衛費支出計画を要求書に盛り込んだ。 これは、韓国の来年度国防予算案50兆1527億ウォンよりも10兆ウォン多く、2020年度防衛省の要求額である5兆3223億円(確定予算5兆3133億円)を上回る規模だ。

2015年度に約4兆9800億円で、過去最大規模となった日本の防衛予算は、7年連続で毎年最大規模を更新している。 推移だけを見ると、第2期安倍内閣が発足した2013年以降、9年連続の上昇傾向だ。

韓国ネチズンの反応
3

※性別・年代別の表はコメント数が大体100件以上にならないと表示されません。

ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=025&aid=0003054224


01. 韓国人
日本が国際社会で認められるアジア唯一の自由陣営大国です。
韓国は何をしているのか。
共感16    非共感5


02. 韓国人
我々は戯言だけを言ってる。
共感1    非共感0


03. 韓国人
我々は反日扇動だけ。中国には屈従外交。


04. 韓国人
砲火の中でも花を持って平和を叫ぶという李仁栄(イ・インヨン)統一戦線部長官もいるから。
あいつが安保を知っているか。
共感12    非共感2


05. 韓国人
中国の夢災害のため、米国が日本を後押ししている。
本当に文災害のせいで国格と国力が溶けていく。 そうじゃない?
共感4    非共感0


06. 韓国人
日本ほど国際的な流れをよく読み取り、国民意識が優れたところはない。
断然、アジア1位の国家。
共感6    非共感5


07. 韓国人
ほぼ唯一無二のアジアの民主主義国家にで...数多くの戦争兵器...
半島に位置するにもかかわらず、どこにも混ざれないんだね。
興宣大院君の後裔らしい。
共感2    非共感1


08. 韓国人
全世界が反中同盟を結んでいる今、文在寅と左派独裁勢力は中国に媚びへつらうために忙しいね!!!
共感7    非共感7


09. 韓国人
韓国は?


10. 韓国人
最初から中国経済に頼りすぎたのが問題だった。
中国と背を向けるのが一番いい方法だが、今の状況から無条件排除することも難しい。


11. 韓国人
日本はなぜ軍隊がないのか。
70年前、第二次世界大戦の話をしたとしても、既に世の中が7回も変わったのに、古い公論だけを語る人々が笑わせる。


★記事掲載ポータルサイトの説明はコチラをどうぞ。
★元記事作成:中央日報についての説明はコチラをどうぞ。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ