1



ネイバーから、【 イ・ヨンフンは李承晩が憑依し、チョ・ジョンレはまだ智異山解放闘争 】という記事の翻訳



※記事翻訳元サイトの説明はコチラをどうぞ。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク




イ・ヨンフンは李承晩が憑依し、チョ・ジョンレはまだ智異山解放闘争

中央日報
記事入力 2020.10.21 00:50   最終修正 2020.10.21 06:19


左右陣営ともに「歴史修正主義」錯乱に陥る
「分断に寄生した親日が足を引っ張る」という政権勢力
生存者がいないので、死んだ親日派を墓から引きずり出そうとする
「実証」を浮き彫りにした『反日種族主義』は21世紀版民族改造論
陣営の争いが自由主義的な権利制約に流れてはならない

「解放戦後史」に戻った国

小説家の趙廷来(チョ・ジョンレ)氏が『反日種族主義』の著者:李栄薫(イ・ヨンフン)氏を「新種の売国奴であり、民族反逆者」と非難した。 イ・ヨンフン氏が小説『アリラン』(著者:チョ・ジョンレ氏)で描写された日本警察の朝鮮人虐殺場面は歪曲だと批判した事に対する反応だった。 この衝突は単なる2人の自然人の感情的争いと見るべきではない。その根底には、国家共同体の記憶を組織し、それによって国家アイデンティティを確立する問題があるためだ。

◆歴史学者の論争

ドイツにも似たようなことがあった。 1986年、歴史学者エルンスト・ノルテが新聞で挑発的な文を発表する。 「ナチスとヒトラーが『アジア的』行為を犯したのは、自身を何らかの『アジア的』行為の潜在的あるいは現実的犠牲者と考えたからではないだろうか。 『収容所群島』がアウシュビッツの元祖だったのではないか。 ボルシェビキの階級虐殺がナチスの人種虐殺の論理的・写実的先行者だったのではないか?」

ノルテの主張は2つに要約される。 第一に、ホロコーストとスターリン主義の間の「因果的連結」、すなわちホロコーストはスターリン主義の蛮行に対する反作用にすぎず、アウシュビッツの原型はソ連の労働収容所にあるということだ。 第二に、ホロコーストの「唯一性」(Singularität)の否定、つまりナチスの人種虐殺はガス室を使用したという技術的側面を除けば他の国々が犯した犯罪と大差ないということだ。

これに哲学者ハーバーマスが反論し、論争は「歴史学者論争」(Historikerstreit)と呼ばれる巨大な論争に広がることになる。 論争の背景になったのは新保守化傾向だった。 70年代後半、進歩が世界的に退潮期に入ると、これまで息を殺していた保守主義者たちが本音を現わし始めたのだ。 「一体、我々はいつまで前の世代の罪を背負って、他人に謝罪ばかりして生きなければならないのか」

大論争の末、ホロコーストとスターリン主義の間の因果的つながりはなく、ホロコーストが唯一性を帯びるという事実が再確認された。ある1つの人種集団を絶滅させるために、国家機関が組織的・体系的プログラムを稼動した例は、歴史に類例がないということだ。 ノルテの主張は明らかにナチス犯罪を相対化する歴史修正主義に属する。 しかし、その厳格だと言われるドイツでも、それによって彼が処罰を受けることはなかった。

◆李栄薫の「反日種族主義」

1

韓国にも修正主義者がいる。 代表的な例が『反日種族主義』の著者たち。 彼らの論理も「ノルテ」のものと違わない。 「日本軍慰安婦の源流は、朝鮮時代の妓生制であり、解放以降も韓国軍・米軍の慰安婦という形で存続した」つまり従軍慰安婦と朝鮮時代の妓生の間には『因果的連結』が存在し、韓国軍と米軍も似た制度を運営していたので、従軍慰安婦の『唯一性』を認められないということだ。

従軍慰安婦問題は、学問的な問題というよりは被害者の苦難を記念する政治的イシューに近い。 そのため、被害者の苦痛を強調しようと「事実」を越え、空いた部分を想像力で満たしたり、極端な事例を選んで事件を誇張することもある。 慰安婦少女像もそのような補正作業を経てもたらされたイメージだ。 こうした弱点を掘り下げるために修正主義者が好んで使う武器がまさに「歴史実証主義」だ。

「植民地近代化論」を見てみよう。 修正主義者は日帝下でも人口と生産力が増えたことを『実証』する。 問題は、比較の対象が朝鮮時代だということにある。 まともな比較なら、その対象が自主的近代化をした場合の朝鮮でなければならない。 しかし、そのような朝鮮は仮定でのみ存在するため、実証することは出来ない。 彼らにとって実証されないものは無いということだ。そのため、朝鮮は近代化の能力が無かったという結論に向かわざるを得ない。

だから日本が乗り出して朝鮮を近代化した。 ところが、感謝どころか、むしろ謝罪をしろと言う。 一体韓国人はどうしてそうなんだろう。 そこで彼らは「民族性論」に進む。 「反日種族主義」が韓国人のDNAであり、そのルーツは遠くシャーマニズムの伝統に触れているということだ。 ここで、彼らが誇る実証主義がどれほど虚構的かを明らかにする。 このでたらめな主張を一体どんな方法で実証するというのだろうか。

◆趙廷来の「土着倭寇」

植民地近代化論は、実は民族主義史学の自己反省だった。 イ・ヨンフン氏の師匠アン・ビョンジク教授は早くから「植民地支配封建社会論」を唱えている。 日本の植民統治で近代化が遅れ、韓国が米国から植民地支配を受ける半封建社会にとどまっているということだ。 しかし、当時の韓国はすでに発達した資本主義社会。 あまりにも事実とかけ離れた主張なので、アン教授はこれを捨てて右翼に転向する。

問題は植民地反対封建論の政治的含意だ。 「植民地半封建」の状態から脱するには、米国を追い出して北朝鮮と統一するしかない。そこで出て来たのが「反米自主化」という80年代のNL運動論だ。 この論理を受け入れれば、朝鮮戦争も韓国人民を米国の植民統治から救うための民族解放戦争と見ることになる。 まさにここで植民地近代化論と対極にある左翼修正主義が誕生する。

そこにも様々なバージョンがある。 李承晩の北進統一論を口実にする『北侵論』、韓国がアチソン・ラインから除外されたことを根拠にした『誘導南侵説』、38度線で繰り返し生じた局地戦が全面戦争に飛び火したものに過ぎないという説など。 実際、これらの理論の大半はブルース・カミングスなど米国の左派学者のものを取り入れたものだ。 運動圏の必読書だった『解放戦後史の認識』の基にはこの歴史修正主義がある。

かつてドグマを破壊する役割を果たしたその本が、今は自らドグマとなった。 この本で歴史を勉強した執権勢力は「親日未清算が韓国社会の基礎疾患」という認識を持っている。 解放から75年が過ぎても依然として「分断に寄生して存在する親日」が民族の足を引っ張っているという錯乱に陥っている。 ところで今生きている親日派がいないから、しきりに死んだ親日派を墓から掘り起こそうとする。

◆歴史とは何か

過去の歴史問題には二つの次元が存在する。 (1)受難の歴史を記録する学問的実証  (2)犠牲者の苦痛を記念する政治的活動 この二つの次元がお互いに生産的な緊張関係を結んでこそ、初めて正しい記念が可能だ。 しかし、民族主義者は記念の効果を高めるために、しばしば厳密な実証を省略する。 植民地近代化論者はその隙を突いて入ってきて、学問的実証を記念する必要性を否定するために使う。

歴史において「実証」は重要だが、「実証主義」は別問題だ。 実際、植民地近代化論者も民族主義者以上に理念的だ。 反日感情の根がシャーマニズムだという主張は学問ではなく、日本の右翼が朝鮮人に対して持った人種的偏見の刷り直しに過ぎない。 民族史学を批判しようとしたが、過去の植民史観に退行してしまったわけだ。 「反日種族主義」は「朝鮮人」の根性を改めようという21世紀民族改造論だ。

一方、学問的研究に政治的熱情を前面に押し出せば、理念で現実を裁断し、状況を誇張したり善悪の構図で劇化する過ちに陥ることになる。 慰安婦賞は『純潔な少女』のイメージに表象されたが、我々は慰安婦になった過程には多様な方法と事情があった事を知っている。 事実に忠実だったなら、朝鮮徴用工の銅像が、日本の炭鉱労働者をモデルに作られたという恥ずかしい問題に巻き込まれることなく済んだだろう。

李栄薫(イ・ヨンフン)は1948年の李承晩を拠り所にして建国運動をし、趙廷来(チョ・ジョンレ)はまだ智異山で解放闘争をする。 両勢力がそれぞれの国家を建設したり、民族を解放するという妄想にとらわれて争うことを止めることはできない。 ひとつ確かなことは、その戦いが市民の自由主義的権利を制約する方向に流れてはいけないということだ。

趙廷来は、過去に小説によって国家保安法で起訴されたことがある。 その彼が最近、反民族特別委員会の復活を主張している。 「150万、160万という親日派を全て断罪しなければならないと考える。 日本の罪悪に対して肩を持ち、歴史を歪曲するその者を蒸発させる新しい法律を作る運動が展開されている。 私が積極的に取り組もうと思う」国家保安法が去って、民族保安法が来るようだ。

断罪すべきその150万、160万とは誰だろうか? おそらく100万に達するといわれる「韓国内スパイ」に匹敵するほど無関係な人たちだろう。 結局、自分のドグマに異議を提起する者たちを民族反逆者と見なし断罪するという話だ。 市民を「容共」に向かわせた文化が「民族精気」という名の民族狂気として復活した。

E・H・カーの言葉通り、歴史は過去と現在の間の絶え間ない対話だ。 その対話を法で断絶してはいけない。

陳重権(チン・ジュングォン)元東洋大学教授


韓国ネチズンの反応
2
3
ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=025&aid=0003045101


01. 韓国人
政権の紅衛兵たちはNO JAPANだけが出来る。 NO CHINAはしていない!!
上辺は賢くて知識人だと言うが、良心もない人間たちであるだけだ!!
孔枝泳(コン・ジヨン)は、大邱市民が投票をきちんとしなかったため、コロナ19が大邱で横行したと詭弁し、性犯罪者の朴元淳(パク・ウォンスン)を擁護した!
ソウル市役所6階が性犯罪のトガニ(るつぼ)だったが、トガニ作家の孔枝泳は知らん振りをした!
趙廷來(チョ・ジョンレ)は日本に行ったなら、親日派と罵倒するフレームをかぶせてしまった。
柳時敏(ユ・シミン)の啓蒙君主発言こそ、無駄な賢人たちの決定的な詭弁だ!!
ムンスラムゾンビたちは正気ではなく、目覚めてもいない肉の塊だ!!
共感746    非共感44

<補足>
孔枝泳(コン・ジヨン):韓国の386世代女性小説家。コン・ユ主演で映画にもなった『トガニ』の作家として知られる。 『トガニ』は、光州のろうあ者福祉施設・光州インファ学校で2000年から2005年にかけて行われた入所児童に対する性的虐待と、それを施設や地域ぐるみで隠蔽していたこと題材にした小説。『トガニ』は韓国語で坩堝(るつぼ)という意味。 日本でも出版され、日本語訳は蓮池薫さん。

柳時敏(ユ・シミン):元学生民主運動家。盧武鉉政権で保健福祉部長官を務めたジャーナリスト。「金委員長が啓蒙君主になる可能性があるからこそ、対話をしようという話です」と発言。


02. 韓国人
国中が民族主義の狂風にとらわれて、我が民族が一番だ、偉大な我が民族、民族同士で統一強国云々しているが、社会が難しいという証拠だ。
ヒトラーの民族主義も不況の時に現れ、日本のグクポンもバブル時に現れ、文在寅式わが民族同士も現れている。
共感328    非共感12

<補足>
グクポン:自国を無条件褒め称える「無条件愛国主義者」


03. 韓国人
極右も極左も政治家を神格化しながらのアイドル式ファンダム政治。大嫌い。
今は以前のパクサモよりテゲムンの凶悪さがもっと酷いという感じ
共感280    非共感16

<補足>
パクサモ:朴槿恵の支持者。朴槿恵を愛する人の集まり。
テゲムン:頭が割れても文在寅支持の頭文字。熱烈な支持者を表す言葉


04. 韓国人
陳重権(チン・ジュングォン)、尹錫烈(ユン・ソクヨル)、崔在亨(チェ・ジェヒョン)、この3人。 たぶん今が植民地時代だったら、おそらく、この方々は日帝と対立して戦う独立運動をしていたのだろうと思う。
ところが、現在の大韓民国は法律もなく、礼儀、道徳、社会秩序も破壊され、無法地帯だ。
3年が過ぎたが、さらにつらいのはこれからもまだ2年残っているという事だ。
国民の皆さん、今度はしっかりして。
このような人を除いて思想観、経済観念、敵味方に分けることのない本当の指導者を選びましょう。
共感238    非共感35

<補足>
陳重権(チン・ジュングォン):この記事を書いた元東洋大学教授
尹錫烈(ユン・ソクヨル):韓国の政治家。検察総長。
崔在亨(チェ・ジェヒョン):監査院院長。監査院とは国家の歳入・歳出の決算を監査し、国家と法律の定めた団体の会計を常時監査・監督し、その執行に適正を期しながら、行政機関の事務と公務員の職務を監察し、行政運営の改善・向上を図る大韓民国大統領直属の合議制機関。wikiより。


05. 韓国人
極端な論理の虚構に反論し、市民の自由権を擁護する名分です。
共感143    非共感11


06. 韓国人
陳教授の文章を読むと、既存のイデオロギーを横切る洞察力の極大化に電撃が流れるようです。
ありがとうございます。
最近のような時期にあなたのような方がいて。
どうかこの狂気の時代が止まるように。 憎悪が消えるような世界が来ることを。
心から人が考えが違う他人を愛し、互いに励まし合い、既存の考えの陣営を越えて一つになれる時代が来ることを。
共感41    非共感7


07. 韓国人
従軍慰安婦はその当時、国が貧困極まり未開な生活をしていて、分かってて志願した人もいるし、知らずに出稼ぎに行った人もいると、家の大人から幼い頃聞いたことがある。
その上、韓国人が募集したというのが... 歴史の悲劇であり、国が貧しいのが罪だ。
未開時代に起こったことであり、誰かのせいにすることは無意味で、ありのままの事実を見ることができない事が歴史歪曲であり、一つの真理と断定して結論を下すこと自体が人間の愚かさだ。
共感35    非共感2


08. 韓国人
とても共感できる文章である。
容共と決め付けていた彼らを非難した人々が、民族狂気を持った者へと名前だけが変わってしまった。
反共に及ぶか、反日に狂うか五十歩百歩だ。
二つとも政権を取るために名前だけ変わって政略的に利用するだけ。
陳重権さん本当に鋭い人。
共感29    非共感3


09. 韓国人
土着倭寇、土着倭寇とするけど、元々の土着倭寇本拠地は順天、麗水、光陽が本拠地だ。
壬辰倭乱の時、我が国を侵略した日本の将軍、小西行長の銅像を建てた所も順天で、全羅道が土着倭国なので、国民の皆様、混同しないでください。
共感20    非共感1


10. 韓国人
本当に親日派僧侶の息子が、嘘で歴史を捏造し最後にパルチザンと言われるのが喜劇中の喜劇
共感16    非共感0


11. 韓国人
この前、与党民主党のとんでもない作者が陳教授の学問的業績や深みを論じていたようだが、陳教授は本当に知識人らしく文才がある。
共感18    非共感3


12. 韓国人
現政権になって積弊清算という言葉により、時代が100年後退した。
共感15    非共感2


13. 韓国人
誰が何と言っても陳重権教授は、学んだ人の見識がおのずと出てくる。
つまり頭と行動が一致する稀な人だ。
正義を叫びながら奸策を堂々と犯す連中とは全く違う。
共感12    非共感0


14. 韓国人
まともな指摘です。
我々の子供たちは私たちとは違う時代に生きているのに、30年前に戻ってしまったわが国は、本当にもどかしいだけです。
今こそ、この時代をリードしていく若者たちが、新しい見方と行動をしなければならない時です。
大変なことでも若者たちが勇気を出してこの社会の主体になることを切に願うだけです。
そして、教育者たちは、どうか中立的で責任感を身にしみて感じ、正義の価値を正しく教えてください。
共感10    非共感0


15. 韓国人
素晴らしい文章です。
チョ・ジョンレ氏やイ・ヨンフン氏は、自身が20代の頃の考えに停滞して、依然としてその中で生きているようです。
お二人とも世界が変わったと認めて、偏狭な思考から脱してください。
共感10    非共感1


16. 韓国人
我々が本当に悪口を言わなければならない国は中国だ!
中国が北朝鮮を作って国が二分された。どうしてこんなことが分からないのか!
情けない国民!
共感10    非共感1


17. 韓国人
趙廷来(チョ・ジョンレ)の小説をよく読んでみてください。
アカをどれだけ綺麗に描いたのか...あの人の本性が見える!笑える人間よ!
あっちに行け...。なんで行かないんだよ!
なんでそこから出てくるんだよ!
共感9    非共感0


18. 韓国人
21世紀の大韓民国に全体主義が到来するという声が聞こえる!
私たちみんな目を大きく見開いて見守ろう!
共感9    非共感0


19. 韓国人
陳重権教授は、このような文をたくさん書いてください。
21世紀、未来に向かう国家観を持つ者が大統領にならなければならない。
共感11    非共感3


20. 韓国人
今に生きている親日派がいないから、しきりに死んだ親日派を墓から掘り起こそうとするのだ。
市民を容共に追いやった文化が民族精気という名の民族狂気として復活した。
本当に文章がお上手です。
共感11    非共感3


21. 韓国人
私も進歩で民主化運動をし、親日派を罵った人間だ。
ところで日帝強占期に近代化が行われており、近代小説を読むと、経済がすごく良くなって、お金をたくさん儲ける人達が多くなった時代であることは否定できない。
そして、日本は3億ドルの賠償と2億ドルの借款をして、日本の賠償はこれで終わらせるとして国交正常化をした。 それが韓日請求権協定なのだ。それを破れば協定違反だ。
そして今まで11回謝罪した。
英国、フランス、スペインなど世界を植民地した国々が謝罪や賠償などをしたか?
英国はインドを200年支配したが、謝罪や賠償は一銭もない。
親日派は処断するべきだが、反日と反中反北朝鮮は政治ゲームだ。
国益のために周辺国と親しくしなければならない。
共感10    非共感2


22. 韓国人
明快だ。陳教授ぐらい利害関係なく我が民族、韓国という国家を評することができるだろうか。
文政府はこの苦言を聞かなければならない...
共感9    非共感1


23. 韓国人
今生きている親日派がないからしきりに死んだ親日派を墓から掘り起こそうと....
悪質な親日派が圧倒的に多く布陣している共に民主党で言う事ではないが...
共感9    非共感1


24. 韓国人
自由民主主義とは、多様な意見が衝突し、その合意点を見出す過程だ。
私だけが正しいわけでも、相手だけが正しいわけでもない。
陳重権氏の「両備論」も正解ではない。 歴史的事実に対する評価は歪曲ではなく、ありのままの事実を加減なく指摘し、社会的透明性が担保されなければならず、その結果は構成員の常識と民道に任せる事が正解だ。 民主主義の成熟度は結局その社会の構成員レベルで決まる。
昨今、韓国で中途半端な左派が勢力を得ることは、結局、我々のレベルに帰結する結果に他ならない。
共感8    非共感0


25. 韓国人
正しいお言葉です。
歴史は政治が介入して、歴史を自分たちの政治的利益のために奉仕させてはいけない。
歴史は悲しくても、良くても共に記憶しなければならない。
その中で反省とともに未来志向的な記憶を伝承しなければならない。
左派の反日反米はそのため問題が多い。
どのようにしても歴史を過去に引きずっていくからだ。
反日種族主義も趣旨は過去から脱却することから始まっているが、実証の限界性のため、結果は政治が歴史に介入するよう誘導したことに限界がある。
いずれにせよ、歴史は過去の記憶にすぎない。
学問の段階で論争と討論を通じて未来志向的でなければならない。
共感8    非共感0


26. 韓国人
知識人、陳重権の言葉に共感する。
今になって、イ・ヨンフンやチョ・ジョンレのような人々の両極端な論理争いは本当につまらない。
民主化を叫んでいた運動圏勢力の現政権が、北朝鮮住民の人権のためには何もせず、3代世襲の独裁政権に友好的なことは論理的矛盾であり、自己矛盾だ。
ともかく、私たちは広開土大王以降、最高の経済成長と民主化、ひいては文化暢達を実現している。
これは皆一生懸命に働いて子供に勉強させて食べていけるようになったからだろう。
真理は、両極端の2次元線上にあるのではなく、4次元の他の場所である私たちの横にある。
共感12    非共感5


27. 韓国人
問題の核心は、どれが大韓民国国民全体の利益なのか、ということだ。
チョ・ジョンレの思想はもっともらしいが、長期的にこれに反するようにする思想だ。
イ・ヨンフンの思想は気分が悪いが、長期的にこれに合致するようにする思想だ。
二人とも自由に騒ぐのはいい。
しかし、公権力や私権力が一方の肩を持つ行為は悪い。
特に、チョ・ジョンレ式思想は、大韓民国に有害であり、憲法と法律上、国家賞賛組織にだけ有利な思想にすぎない。
共感8    非共感1


28. 韓国人
やはり覚醒した知識人、陳重権。軍事独裁とともに、運動圏政治勢力も消えなければならない旧時代の政治勢力だ。
新しい実用的中道政治勢力が必要だ。
共感8    非共感1


29. 韓国人
歴史の多様な意見と論争に対する討論などは歓迎するが、相手を否定して抹殺しようとする意図と行動は、自由民主国家であるこの地で容認されない。 つまり、自由の敵には自由が許されるべきではない。
共感7    非共感0


30. 韓国人
だから人は偏らずに、しっかりと勉強しなければならない。
陳重権の見方に概ね賛成する。
頭の中にゴミだけが詰まっている左派や普通の真似をする右派は学ぶべきだ。
共感6    非共感0


31. 韓国人
今、韓国に親日勢力はなく、ただ自称進歩で覆った親北勢力だけがある。
共感6    非共感0


32. 韓国人
イ・ヨンフンであれチョ・ジョンレであれ、右派でもなく左派でもない。
二人とも本を売って金を稼ごうとするだけだ。そんな調子に乗って本を買ってあげる人たちがアホだと思う。
共感6    非共感0


33. 韓国人
正確な指摘だ。結局、過去の歴史に執着して現在、未来の足を引っ張ることがあってはならない。
教訓の意味で再発防止し、そのような過ちを犯さないようにするのが歴史の意味である。
これを扇動し、政権勢力の票を集める悪循環は捨てなければならない。
自己矛盾から抜け出せない二つの愚かな知識は、果たしてその意図は何だろうか。
国民が目覚めなければならない。
有史以来、最も強い国を築いた現在、このような論争に政治、社会が動揺してはならない。
そこに匙を突っ込む政治家が一番問題で、特に詭弁に明け暮れる種族は断絶断罪しなければならない。
彼らが主流となる以上、未来はない。
共感7    非共感2



ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ