1



ネイバー、ダウムから、【 民弁「国家情報院、ベトナム戦争民間人虐殺情報を公開せよ」 】という記事の翻訳


<管理人の独り言>
コメント数はネイバー、ダウム共に元々少なかったです。


※記事翻訳元サイトの説明はコチラをどうぞ。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク




民弁「国家情報院、ベトナム戦争民間人虐殺情報を公開せよ」

NEWSIS
2020.10.14 15:22


民主社会のための弁護士会ベトナム戦争TF
情報公開拒否無効訴訟で二審一部勝訴
「国情院、これ以上は上告せずに情報を公開せよ」
「真実を葬ることは出来ない ... 国情院も前向きな姿勢で臨むべき」

1

民主社会のための弁護士会(民弁)所属のイム・ジェソン弁護士(右)が14日、ソウル高裁で開かれたベトナム戦争民間人虐殺関連資料の情報公開請求訴訟二審判決後、記者会見を行っている。 同日、国情院に対して起こした情報公開拒否処分の無効確認など訴訟控訴審では、原審と同様に原告一部勝訴の判決が下された。 2020.10.14


『民主社会のための弁護士会』(民弁)が国情院を相手取り、1968年ベトナム戦争当時、韓国軍によるベトナム民間人虐殺関連情報公開の判決を履行するよう促した。

『民弁ベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺真相究明のためのタスクフォース(TF)』は14日午後、ソウル高裁前で記者会見を行い、「国情院は上告せず、情報を公開するよう要求する」と発表した。

情報公開訴訟の原告であるイム・ジェソン弁護士は「ベトナムにいるウン・ウエンティ・ダンさんと私も法務部、国防部、政府の訴訟上の態度に非常に失望している」とし「1969年に調査が行われたにもかかわらず、リストを出さない理由は何か」と問い返した。

イム弁護士は「この事件は歴史と全世界の市民が判断しなければならない問題」とし「真実を永遠に葬る事は出来ない。 国情院も真実を確認する過程で前向きに取り組んでほしい」と述べた。

続いて「適切な時期に知る権利も重要だ。 10年後ではなく、今知る権利が重要だ」とし「適当でない理由で非公開処分とすれば権限乱用ではないか」と述べた。

キム・ナムジュ弁護士は「ベトナムは謝罪を望んでいないと言う人がいる」とし「被害者はこの問題に対して真相を究明し、謝罪を望む非常に明確かつ明示的な要求がある」と述べた。

キム弁護士は「韓国軍がもしフォンニィ・フォンニャット村で民間人を殺害したとしても、この戦争はゲリラ戦という特殊な戦争なので意図したものではなかったし、不可避な殺傷に過ぎないため違法性がないという抗弁もあった」とし「大韓民国政府が取る態度なのか問いたい」と話した。

続いて「ベトナム人たちは武装もしなかったし、抵抗もしなかった7歳から10代の非武装の民間人だったということが分かっている」とし「違法性がないと政府が主張できるのか、批判的な見方で見てほしい」と促した。

また、「国情院が上告をせずに判決が確定したとしても、他の理由で非公開処分をすればまた訴訟をしなければならない」とし、「このようなことがないよう国情院長に要請する」と述べた。

ソウル高裁行政4-1部(キム・ジェホ、イ・ボムギュン、イ・ドングン部長判事)はこの日、イム弁護士が国情院長を相手取り、「情報公開拒否処分に対する無効の確認を求める」として起こした控訴審で、一審と同様に原告一部勝訴の判決を下した。

これに先立って一審裁判部は、小隊長らの生年月日の一部を除き、公開すべきだと判断したことがある。

2

民主社会のための弁護士会(民弁)所属のイム・ジェソン弁護士(右)が14日、ソウル高裁で開かれたベトナム戦争民間人虐殺関連資料の情報公開請求訴訟二審判決後、記者会見を行っている。 同日、国情院に対して起こした情報公開拒否処分の無効確認など訴訟控訴審では、原審と同様に原告一部勝訴の判決が下された。 2020.10.14


イム弁護士が所属する民弁TFは、「フォンニィ・フォンニャット虐殺事件」の関連資料の提供を国情院に要請した。

この事件は1968年2月12日、ベトナム中部のクアンナム省にあるフォンニィ・フォンニャット村で韓国軍が民間人70人余りを虐殺した惨事だ。 当時も「第2のミライ虐殺」と呼ばれたほど虐殺の規模や態様が非常に凄惨で外交的論議になった。

このため、国情院の前身である当時の中央情報部は1969年11月頃、虐殺と関連した第1中隊の第1小隊長チェ中尉、第2小隊長イ中尉、第3小隊長キム中尉を尋問した。

民弁TFは、国情院が保有している当時のチェ中尉などに対する尋問調書リストの公開を要請したが、国情院が外交関係を理由に公開しなかったため、2017年11月に訴訟を起こした。

ソウル行政裁判所は2018年7月、民弁TFに軍配を上げた。 ソウル高裁も国情院の控訴を棄却した。

しかし、国情院は「第三者の個人情報保護」が必要だという理由で再び非公開処分にし、民弁TFは国情院の不当な非公開再処分を職権で取り消すよう訴訟を起こした。

ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=003&aid=0010126051
https://news.v.daum.net/v/20201014164702975


01. 韓国人
北の豚が民間人を殺したことからまず調べろ!
共感17    非共感0


02. 韓国人
35年前、日本の男性が女性を一晩買うのに、フランスと日本は35000、韓国30000、台湾2500円だと言いながら、よく韓国に来て楽しんでいたと聞いて驚いたが、自尊心も傷ついた。
国がお金がないからこんな侮辱を受けるんだと思った。
今、韓国に来て身体を売る国はすごく多いようだ。
その中でロシア、ベトナム、中国が大部分で安い値段で選ばれるようだ。
すべて政治を誤った結果だ。 しっかりして情勢を知れば慰安婦もいなかった。
国際世論を知らなくてやられたのだ 。北朝鮮王朝による虐殺統治にも、南ベトナム共産化に喜悦を感じた文在寅。大きな問題だ...
共感6    非共感3


03. 韓国人
他の国も何も言わないのに..過去を暴いてベトナムと外交的に何か得があるのか?
こいつら、仕事がないのか?
共感4    非共感1


04. 韓国人
戦争中に起こったことを明らかにして、国に恥をかかせることがあるのか。
朝鮮戦争の時、北朝鮮が韓国の民間人を虐殺した事から明らかにするのが先ではないか。
過去を食い荒らすやつら...
共感2    非共感0


05. 韓国人
国の助けよりは害悪になっている民弁!!!
そんなに暇なの?
そんな時間に不正選挙訴訟でも調べろ!!!
共感1    非共感0


06. 韓国人
金日成が数多くの人を殺したこと...金正恩に懺悔を受けて来い。
共感1    非共感0


07. 韓国人
私は韓国軍の野蛮な行動を永遠に記憶する。


08. 韓国人
ベトナムは勝戦国だから被害についてあれこれ言っていないのに、乱数票で指令を受けたのか?
ベトナムと我々を仲違いさせようとする日本の指示を受けたのか?
なぜ韓国を孤立させるのか分からない。 ぱっと見ても疑わしいことは、北朝鮮はベトナムに軍事支援をし、韓国はベトナムを支援しながら民間人虐殺というフレームをかけておけば、誰の得になるのか、みんな知っているはずだ。


09. 韓国人
日本は韓国の植民地に対し数百回は謝罪声明を出した。
北朝鮮は朝鮮戦争は北朝鮮への侵略だと主張し、一度も謝罪したことはない。


※↓ここからダウム↓※
10. 韓国人
あれはベトコンが韓国軍に協力的な村の住民の首を切ってドアにかけておいた事件で、韓国軍に罪を被せた事件だが!
共感3    非共感1


11. 韓国人
キム・ジェホという判事の思想が疑わしい。
戦争ってみんなそういうものだ。南朝鮮人民は北塊軍に300万人が虐殺された。
ベトナムに賠償しろと言われたら賠償しろと判決するやつだね。
共感1    非共感1


12. 韓国人
なんで??
そして何が必要なのか?


13. 韓国人
ベトナム人が我が軍人を殺した事は?
共感1    非共感3


<管理人の独り言>
グレーのスーツを着たイム・ジェソン弁護士、どこかで見たことありませんか?

2018年10月、募集工(徴用工)の裁判で自称被害者に対し、慰謝料支給の判決を引き出した弁護士です。ベトナム戦争の件でも忙しそうですが、是非とも早く現金化の方もお願いします。

関連記事


※民弁関連の記事には誤解を防ぐため、☟を貼るようにしています。

『民主社会のための弁護士会』 通称:民弁。今回はベトナム戦争の民間人虐殺を扱っていますが、慰安婦も募集工(徴用工)も民弁がやってます。

◆参考に民弁出身の方々◆
廬武鉉:大韓民国第16代大統領
文在寅:大韓民国第19代大統領
朴元淳:前ソウル特別市長
李鍾杰:民主党院内代表、現国会議員
李在明:前城南市長、現京畿道知事
李在汀:共に民主党国会議員
パク・ジュミン:共に民主党国会議員
李正姫:元統合進歩党代表
チョ・ヨンレ:弁護士
コ・ヨング:元国家情報院長
李相洙:元労働部長官
李敦明:元朝鮮大学校総長
ハン・スンホン:元監査院長
康錦實:前法務部長官
琴泰燮:共に民主党第20代国会議員
イ・ユジョン:元仁荷(インハ)大学教授
呉世勲:前ソウル特別市長
キム・サンス:最高裁判事
盧正姫:最高裁判事
陳善美:元女性家族部長官、共に民主党国会議員
崔康旭:青瓦台公職綱紀秘書官
金外淑:前法制処長、現青瓦台人事首席
李錫兌:憲法裁判官
金海永:共に民主党国会議員
朴範界:共に民主党国会議員
全賢姬:共に民主党国会議員、歯科医師
全海澈:共に民主党国会議員
白惠蓮:共に民主党国会議員
安浩永:共に民主党の国会議員
千正培:民主平和党国会議員、元法務部長官
朴珠賢:正しい未来党国会議員




ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ