1



ネイバー、ダウムから、【 韓米同盟「4つの危機信号」、同時に爆発した ... 防衛費圧迫、在韓米軍まで 】、【 ソ・フン安保室長訪米 ... オブライエン国家安保補佐官と会合 】という記事の翻訳。2本立て。


<管理人の独り言>
米韓安保協議会の記事を翻訳していたら「ソ・フン安保室長訪米」という速報が流れ、2本目はその後に出た記事です。この話題、ダウムは殆どコメントがありません。 2つともコメントは元々少なめでした。



※記事翻訳元サイトの説明はコチラをどうぞ。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク




韓米同盟「4つの危機信号」、同時に爆発した ... 防衛費圧迫、在韓米軍まで

国民日報
記事入力 2020.10.15 12:07   最終修正 2020.10.15 12:21


韓米国防長官、米国で韓米安保協議会(SCM)会議
① エスパー長官、韓国に露骨な防衛費圧迫
② 共同声明から「在韓米軍の現水準維持」表現抜ける
③ 戦作権転換にも異見 ... 米国「条件を満たすのに時間がかかる」
④ 韓米国防長官が共同記者会見を突然キャンセル

1

ソ・ウク国防長官(左から2番目)とマーク・エスパー国防長官(右から1番目)が14日(現地時間)、米国防総省で第52回韓米安保協議会(SCM)会議を行っている。 駐米大使館提供


韓米国防長官が14日(現地時間)、米国防総省で行われた第52回韓米安保協議会(SCM)会議で韓米同盟をめぐる危機信号が感知された。

今回のSCM会議で韓米不協和音を示唆する4つの場面が同時に浮上した。

マーク・エスパー米国防長官は、再び公に韓国に在韓米軍防衛費引き上げの圧力をかけた。 また、毎年共同声明に常に記載されてきた「在韓米軍を現在の水準で維持する」という表現も消えた。

韓米国防のトップらは戦時作戦統制権の韓国への転換問題についても異見を示した。 SCM会議直後に開かれる予定だった共同記者会見も突然中止となった。

これに関し、ワシントンの外交消息筋は「トランプ政権が韓国に防衛費引き上げ圧力を加えるために、無礼なほどの超強硬策に出た」と述べた。

しかし国防部高位関係者は「戦作権転換と防衛費分担などの懸案に対して率直に疎通した」とし「今回のSCMで発展的な討議をし、未来志向的で発展的な韓米同盟に生まれ変わることが出来ると確信する」と明らかにした。

①エスパー「韓国、もっと貢献すべき」... 再び露骨な防衛費圧迫

エスパー長官は、SCM会議の冒頭発言で、在韓米軍の安定的駐留まで取り上げ、公に韓国に防衛費の引き上げを求めた。 会議開始から韓国に防衛費増額圧力をかけたのだ。

エスパー長官は「我々は我々の共同防衛費用に対して、更に公平な方法を捜さなければならない」とし「それが不公平なせいで、米国の納税者たちに消されてはならない」と述べた。

エスパー長官はまた「米国はNATO(北大西洋条約機構)と他の同盟国だけでなく、韓国も我々の集団安保により多く寄与することを促す」と強調した。 続いて「我々は在韓米軍の安定的駐留を保障するため、できるだけ早く防衛費分担金特別協定(SMA)の合意に達する必要性に全員が同意するものと期待している」と明らかにした。

しかし、ソ・ウク国防長官は冒頭発言で防衛費については言及しなかった。 エスパー長官も非公開で行われたSCM会議では、防衛費分担金問題を取り上げなかったという。

②「在韓米軍の現水準維持」表現拒否

今年のSCM共同声明では、「在韓米軍を現在の水準で維持する」という表現が抜けている。 毎年SCM会議が終わった後、共同声明に含まれた文章だ。

昨年11月15日にソウルで開催されたSCM会議後にも韓米は共同声明で、「在韓米軍の現在の水準を維持し、戦闘準備態勢を向上させるという公約を再確認した」と明らかにした。

しかし今年の共同声明では「在韓米軍が朝鮮半島における武力紛争防止と北東アジア地域の平和と安定増進のため、続けて重要な役割を遂行することを再確認した」という表現に変わった。

韓国側は、今年のSCM共同声明にもこの表現を入れることを提案したが、米国側が拒否したという。

このため、トランプ政府が韓国に防衛費増額圧力の水位を高めるため、在韓米軍駐留問題を防衛費と結びつける戦略を駆使するのではないかという分析が提起された。

しかし、韓国国防部の関係者は「在韓米軍の現水準維持」という表現が消えたことについて「兵力削減を意味するのではない」とし「表現は変わったが、飛躍的に解釈する必要はない」と説明した。

③戦作権も異見 ... 韓国「条件を早期に具備」... アメリカ「時間かかる」

韓米国防長官は戦時作戦統制権の韓国転換問題と関連し、公開席上で見解の違いを露にした。

ソ長官は冒頭発言で「戦作権転換の条件を早期に備え、韓国軍主導の連合防衛体制を徹底的に準備することに共に努力する」と強調した。 戦作権返還が予定されたタイムテーブル通りに実施されるよう準備に最善を尽くすという考えを明らかにしたのだ。

しかしエスパー長官は「戦作権の韓国司令官転換のためのあらゆる条件を完全に満たすために時間がかかる」とし「しかしそうする過程は我々の関係を強化させる」と述べた。

エスパー長官は新型コロナウイルス感染症(コロナ19)で韓米連合軍事訓練が縮小・延期されたため、戦作権転換条件に憂慮を示したものと解釈される。

韓米国防長官はその後の共同声明で「未来連合司令部への戦作権転換の今後の推進方向について議論した」とし「戦作権が転換される前に戦作権転換計画に明示された条件が十分に満たされなければならないという点を再確認した」と明らかにした。

国防部高官は戦作権転換について「もう少し議論することにし、まだ結論に至っていない」と述べた。

韓国政府は、文在寅大統領就任以降、戦作権転換の完了期限を設けず、『早期転換の推進』で調整した。 しかし、軍では文大統領任期内の2022年初めまでの戦作権返還を目標としているという分析が優勢だった。

④共同記者会見、米側の事情により突然キャンセル

韓米国防長官は当初、SCM会議直後に共同記者会見を行う予定だった。 しかし、共同記者会見は突然キャンセルされた。 異例の事であるだけでなく、釈然としない内容だ。

米側はSCM開催前に米国の事情で会見を取り消すことを前日遅く韓国側に了解を求め、韓国側もこれに同意したという。 エスパー長官は今年8月以降、外国の大臣らと記者会見を行っていないという。

しかし、米国が韓国に対する不満を露にするため、意図的に記者会見を取り消したという話もある。


ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=005&aid=0001371114
https://news.v.daum.net/v/20201015120646839


※共感順にソート出来ないようになっていました。

01. 韓国人
いつまで米軍に頼って国防をしなければならないのか。
早く予算を増やして人員を増やし、米国を送りだし、自主国防をしよう。
共感1    非共感2


02. 韓国人
それだけ我々の声を出しているという非常に肯定的な対話だ。
ペコペコしていた過去とは全く違うということを見せてくれる。
文在寅政府、良くやっている!
共感1    非共感3


03. 韓国人
外交が出来ないね
共感2    非共感0


04. 韓国人
防衛費に合わせて米軍を減らしましょう。
共感1    非共感3


05. 韓国人
同盟は無く、北朝鮮の顔色を伺い、物乞い外交で一貫して、究極は米軍撤収を誘導しているが、出来ないので意地を張って逃げるようにする戦略だろう。
共感6    非共感0


06. 韓国人
米国の行動も理解できる。 文在寅が米国に背を向けてしきりに金正恩と話をするのに、誰が良く思うだろうか。 まかり間違えば中国、北朝鮮と「同志」となる事なのに。
大統領1人のせいで、これまで築いてきた民主主義が崩れるところだ。
次の大統領はきちんと選ばなければならないのに...
生半可な運動圏出身者が国を台無しにするだろう
共感9    非共感1


07. 韓国人
光復軍を裏切ったアカどものせいで...
共感3    非共感0


08. 韓国人
米軍を1万人減らし...ミサイル制限を完全に破棄して、その金で長距離ミサイルと原潜を開発するのが千倍は国益となる。北風をエサにピンはねするのは、もうここまでにしよう。
今までたくさん渡したじゃないか。
もう私たちが欲しいものを自ら決めて手に入れる時になった。
ミサイルも作れ。 核も負けずにたくさん持たせろ。 原子力潜水艦も作れよ。
自分たちが守ってやるから金を5倍も出せと言うのが正常か??
共感5    非共感7


09. 韓国人
一日も早く政権交代してほしい。
共感8    非共感1


10. 韓国人
お前らが我々の税金を少しだけ節約すれば、それくらいの防衛費、大したことないじゃないか。
共感3    非共感1


11. 韓国人
韓米同盟の危機、うまく解決してほしい。
統一戦であれ、北朝鮮が核を放棄するまでは、在韓米軍を配置しなければならず、米軍がいる理由は戦争抑制のためである。
北朝鮮は米軍が撤退すると同時に中国と手を組んですぐに戦争に突入する準備をするだろうが(そのために北朝鮮がICBMを公開し続けることになる)
在韓米軍は撤退するだろう?戦争になればBTSもすぐ戦場に送られる。
知識はスキップしてPRI訓練をさせ、歩兵、技術訓練、戦車、迫撃砲などに送る。
共感8    非共感0


12. 韓国人
文在寅政権が誘導した結果である。
共感9    非共感1


13. 韓国人
クククク 米国のご加護の下で成長し、レッドチームと仲良くなるから米国がムカつくしかないよねww
全てが立ち遅れた国を救ってあげたら、ちょっと大きくなったと言いがかりwww
共感9    非共感1


14. 韓国人
70年の血盟をチャンケとくっつこうとして、たった3年でぶっ壊してしまった。
共感21    非共感1

<補足>
チャンケ:中国や中国人を罵る言葉


15. 韓国人
韓国は米国に背を向けてはならない特殊性がある。
アメリカがいなければ、下では日本。上では中国が食おうとするだろう。
左派はしっかりしてください。
共感7    非共感1


16. 韓国人
ただ我々が我々を守り、力を合わせなければならない。
いつまで同盟を手を繋いでいるのか。もう終わりを。
共感2    非共感6


17. 韓国人
在韓米軍を全て撤収させ、米国との同盟を切れ。
左派のアカどもがそう望むではないか。
そして金正恩の下で生きろ。お前らが選択したのだから、そうやって生きろ。
人類の普遍妥当な価値を進歩の意味も分からないものが進歩だと騒ぐのを見ると、人権が抹殺された金正恩の下で生きろ。
インチキ進歩ども。
共感11    非共感4


18. 韓国人
国民が死ぬ前に文政府を阻止しなければならない。
このままでは死に果てる。
共感8    非共感2


19. 韓国人
反米反日する文在寅の息子は米国の高価な私立大学留学、娘は日本の極右留学。
何かおかしくない???
共感14    非共感2


※↓ここからダウム↓※
20. 韓国人
おかしな宗教チラシ記事はもう掲載するの止めろ。
共感4    非共感0


21. 韓国人
何が同盟だ。米国は韓国の血を吸うチンピラやくざ国にすぎない。
米国は絶対に自分の利益を手放さない。
戦作権も朝鮮半島の平和も韓国が強く突き進まなければならない。
共感5    非共感2


22. 韓国人
国民日報は記事の見出しや論調が、 米国の横暴でなく韓国政府の過ちに追い込んでいる。
お前たちは他人か。
共感2    非共感0


23. 韓国人
現政権...韓米同盟の亀裂で安保不安を巻き起こすな。
共感2    非共感0


24. 韓国人
従北勢力は米国との安保同盟には関心がないかも知れないが、 大韓民国で再び朝鮮戦争のような南侵戦争が起きてはならない。
軍事的均衡が平和維持という事だ。
韓国軍を卑下しているわけではないが、絶対的に弱勢。力のバランスが崩れるという意味だ。
未来の状況がどのように変わるか誰も分からない。
備えあれば憂いなしという言葉がある。
国家安全保障は生存の最優先だ。 後で後悔してももう遅い。
文在寅政府の誤った判断と傲慢がないことを願う。
備えあれば憂いなし、備えあれば憂いなし、備えあれば憂いなし!!!
共感3    非共感2


25. 韓国人
同盟とは何か~ いつも朝鮮戦争への派兵だけを思い出しながら米国を叫ぶな。
主権国家の権利と国力が優先だ。 誰が米国を同盟ではないと言うのか。
受けるものは受けて、与えるものは与える同盟を言うなら、従北勢力と言ってはいけない。
中国も米国も結局、自分たちの国益に合致すれば同盟も捨てる。
アメリカが台湾戦争で中国と対立しない。なぜか?国益のためにならないからだ。
韓国は同盟米国と向かいながら、韓国自身の色を持たなければならない。
米国の兵器を買ってやらなかった事も無く、米国に対して同盟破棄宣言したこともない。
志操を守るマスコミになれ。
共感2    非共感1




ソ・フン安保室長訪米 ... オブライエン国家安保補佐官と会合

聯合ニュース
記事入力 2020.10.15 11:45   最終修正 2020.10.15 13:57


明日ポンペオと会談など、米政府関係者に相次いで接触 ... 終戦宣言の突破口模索か
北の軍事パレードなど、対北懸案議論、協力模索 ... 防衛費や戦作権も議論

01

ソ・フン安保室長訪米 ... オブライエン国家安保補佐官会合[米ホワイトハウス国家安全保障会議 Twitterキャプチャー]


ソ・フン青瓦台国家安保室長が米国を訪問、カウンターパートのロバート・オブライエン国家安保補佐官との会談を皮切りに、米政府関係者らと連続接触に乗り出した。

オブライエン安保補佐官は14日(現地時間)、国家安保会議(NSC)Twitterを通して、ソ室長とホワイトハウスで一緒に撮った写真を掲載した後、「今日、友達で同僚でもあるソ室長に会って嬉しかった」と面談事実を知らせた。

彼は「我々の徹底した同盟はいつにも増し強力で、全ての地域と世界の挑戦に対処するために大きくなっている」と書いた。

カン・ミンソク青瓦台報道官も15日(韓国時間)書面ブリーフィングを通じて「ソ室長とオブライエン安保補佐官が朝鮮半島情勢および韓米両国関係懸案など相互関心事を協議し、韓米同盟が堅固だという点を再確認した」と伝えた。

今月13日に米国を訪問したソ室長は16日まで滞在し、米国側高官や主要シンクタンクの関係者らと会談する予定だ。

米国務省は同日、マイク・ポンペオ国務長官が15日午後3時、国務省でソ室長と会談する計画だと明らかにした。

ソ室長の訪米は、今年7月に国家情報院長から国家安保室長に就任して以来初めて。

ソ室長とオブライエン安保補佐官の間では、これまで2回のオンライン協議と数回の書信交換があった。

02

青瓦台国家安保室長のソ・フン氏[聯合ニュース資料写真]


訪問の目的が正確に伝えられてはいないが、韓米両国の懸案をはじめ米朝、南北関係など朝鮮半島をめぐる様々な懸案を幅広く議論する機会になるという観測が流れている。

特に、膠着状態の米朝非核化交渉と硬直した南北関係の突破口を作るために、韓国が終戦宣言に対する強い意志を明らかにしてきた点で、関連議論に乗り出した可能性が高い。

文在寅大統領は先月、国連総会演説に続き、今月8日、コリアソサエティの演説でも終戦宣言を提案した状態だ。

またソ室長は、北朝鮮が韓国時間10日に労働党創建75周年記念の軍事パレードで、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)など新たな戦略兵器を公開したことと関連した状況認識を共有し、北朝鮮への対応策を調整するものと見られる。

03

文在寅大統領、コリアソサエティのオンライン年例晩餐会の基調演説
文在寅大統領が8日、韓米間の政治・経済・文化・芸術分野の交流促進に向けた非営利団体コリアソサエティのオンライン年例晩餐会の基調演説をしている。
文大統領はこの日「終戦宣言こそ朝鮮半島平和の始まり」とし「朝鮮半島終戦宣言に向けて韓米両国が協力し、国際社会の積極的な参加を導く事を希望する」と明らかにした。[青瓦台提供]


膠着状態にある韓米防衛費分担金交渉、戦時作戦統制権返還問題も訪米中に主要議題に上るものとみえる。

ソ室長は特に、文在寅政府の初代国情院長を3年ほど務め、南北及び米朝首脳会談など朝鮮半島の懸案を企画、調整する役割を担ってきたという点で、今回の訪米の背景に関心が集まっている。

米国は来月3日の大統領選挙を控えているが、最近になって外交・安保関連の政府関係者の訪米が相次いでいる点も注目される。

チェ・ジョンゴン外交部第1次官は先月9日に、イ・ドフン外交部朝鮮半島平和交渉本部長は先月27日にそれぞれ米国を訪問した。

青瓦台国家安保室のキム・ヒョンジョン第2次長も先月16~20日に訪米し、ホワイトハウスをはじめとする米政府関係者らと相次いで接触した。

また14日には、ソ・ウク国防長官が、米国で第52回韓米安保協議会(SCM)を開催した。

韓国ネチズンの反応
4

※性別・年代別の表はコメント数が大体100件以上にならないと表示されません。

ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=001&aid=0011945656


01. 韓国人
ククク 反米政府が駐米大使をやらせておいて、米国が記者会見をキャンセルし、すぐにビビって飛んで行くんだねww
プライドも無けりゃ、意地も無いのかww
共感31    非共感2


02. 韓国人
戦作権は米国が持っている方が国民は不安が少ない...
共感18    非共感0


03. 韓国人
アマチュア政府
共感7    非共感0


04. 韓国人
米国では安保室長扱いしない模様
共感4    非共感0


05. 韓国人
ソ・フンが果たして国民と国家利益のために米国と向き合うのか。
そうではないと思う。
国家と国民のためよりは青瓦台の命令とテゲムン世界を20年続けていくためが主目的ではないか。
共感2    非共感0

<補足>
テゲムン:頭が割れても文在寅支持の頭文字。熱烈な支持者を表す言葉


06. 韓国人
文政権、共に共産党の人間が、心はすべて米国にあり体は米国に属しているので苦しいようだ。
人質になっている国民の過半数はどうするだろうか。
共感1    非共感0


07. 韓国人
米国の情報を抜いて北朝鮮に報告する模様


08. 韓国人
コロナで全世界が苦しい時期にストローを挙げる米国


09. 韓国人
防衛費は絶対上げるな。在韓米軍、撤収するならしろ。
なくなればいいじゃないか。屈服すれば負けだ。
共感0    非共感1




ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ