no title



韓国の天皇陛下呼称の変遷


<管理人の独り言>
※記録・資料用の過去記事翻訳です。 ネチズンのコメントはありません。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク




韓国における天皇陛下の呼称変遷

※ネイバーニュースライブラリ(京郷新聞、東亜日報、毎日経済、ハンギョレ)で検索

1940年代~1970年代までは『日王(일왕)』という呼称を使っている記事はありませんでした。


1980年代

1983年に1件

1984年に1件

この記事内容にある通り、これまでは「天皇」という呼称を使っていたことが分かります。

19840828

言論の日本「天皇」呼称「日王」とは呼べないか
1984年8月28日 東亜日報

日本植民統治から解放されてからはや40年。もはやれっきとした主権国家として、成熟期を生きている時点だ。もはや我々の教育レベル、経済力、国防力や主権意識などはどこへ出してもみすぼらしくない。

しかし我々の国の全ての言論社が日本王を指して「天皇、天皇...」としている。
無知なのか分からないが、このような表記文において呼称を聞くたびに怒りを禁じ得ない。

日本の場合、韓半島を朝鮮半島と呼んでいる。台湾はまだソウルを漢城と表記している。
このような実情から「天皇」の呼称を、彼らの方式で表記してやる理由はないことが分かる。天皇という呼称は日本人が侵略根性の基底に、彼らの国威を高めようとする意味で、自らを称する傲慢な態度の発露であると考える。「日王」または「裕仁」王程度なら無難だと考える。

日王と同時に、80年代は日皇という呼称も使われました。
1984年までは1年に1件程度の記事件数だったのが、1984年の全斗煥関連の報道により増加、この年がピークで1988年を境に使用件数はグッと減っていきます。

日皇
1
全大統領、日皇と歴史的対面
1984年9月6日 京郷新聞


1987年まで無し
1988年に5件、昭和天皇危篤の報道をきっかけに増え始める。
1989年の昭和天皇崩御により一気に増える(カウント不能)


1990年代

80年代後半に教科書問題、在日韓国人の指紋捺印問題などで韓国世論が悪化し、日皇から日王へとなったと韓国日報が報じていますが、新聞を見る限り昭和天皇の崩御をきっかけに日王という呼称が一気に増えたように見えます。

90年代は「日王」一色です。

日王、来春来韓
韓国日報 1990.01.05

【東京AFP連合=特約】明仁日本国王は「王室外交」の最初の訪問先として韓国を選び、91年春に韓国を訪問する計画であり、続いてアジア諸国を歴訪すると共同通信が政府消息筋の話として4日報じた。



80年代後半から日王と呼ばれていましたが、1998年9月、金大中の訪日を前に韓国政府は外交慣例に従い、その国の呼称に従うと「天皇」と呼ぶことを公式に発表します。

外交慣例によって「天皇」呼称/日王の公式呼称が結ばれた背景
韓国日報 1998.09.12

金大中、日本再評価の意志の反映

政府は11日、金大中大統領の日本国賓訪問を発表し、今後、日本の明仁日王を天皇として公式呼称する事にしたと明らかにした。

朴智元(パク・チウォン)青瓦台報道官は「相手国の呼称でそのまま呼ぶ国際外交慣例に従い、天皇という呼称を使用する方針」と述べた。 天皇の呼称問題は政府内でも古い議論がある。 政府はこれまで、日本側に対する公式文書や外交行事では天皇と呼びながら、国内的には「日皇」または非公式に日王という表現を使うなど「二重語法」を駆使してきた。 特に晩餐会などでは歴代大統領がみな「天皇陛下」と言及した。

政府のこのような方針は交錯した「言動」を一致させ、日本を再評価するという金大中大統領の意志が反映されたものとみられる。 また今年5月、朴定洙(パク・ジョンス)前外交通商部長官が外国メディアとの記者会見で「天皇」という呼称を使って強く非難されたことを踏まえ、金大統領の訪日を前に整理すべきものは整理しようという意味もあるようだ。

実際に89年の裕仁日王の死去を機に論争が起こるまで、国内のマスコミも「天皇」を常用してきたが、日本の教科書問題、在日韓国人の指紋捺印問題などで世論が悪化し、「日王」という呼称が定着した。

パク報道官は「日皇も日本天皇の略語ではないか」と当為性を強調した。 政府はこれと共に、中国・台湾がすべて天皇という呼称を使用しており、米英仏はもちろん、フィリピン、マレーシア、ベトナムなど、過去に日本の侵攻を受けた国家がすべてエンペラー(皇帝)という呼称を使用しているという資料を配布した。



しかし、韓国政府の公式発表直後から、日王は現在も使われ続けています。

日王、2000年に訪韓を推進 金鍾泌国務総理が明らかに
国際新聞 1998.11.19

共同通信が報じたところによると、金鍾泌国務総理は18日、2000年に日王の訪韓を推進する計画を明らかにした。

キム総理はこの日午前、訪韓中の日本自民党の中曽根弘文参議院政調審議会長と会談し、明仁日王の訪韓問題について「21世紀を始める2001年より前、2000年に訪問した方が良いのではないか」と述べた。

韓国政府の首脳が天皇の「2000年訪韓推進」を表明したのは初めて。