1



ネイバーから、【 「日本の悩みの種」... ユ・ミョンヒWTO事務局長の勝算が 】という記事の翻訳


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク




「日本の悩みの種」... ユ・ミョンヒWTO事務局長の勝算が

マネートゥデイ
2020.07.27 13:51


1

兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長



日本が自ら顔に泥を塗るだろうか。 世界貿易機関(WTO)事務局長に挑戦した兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長を眺める日本の内心は複雑だ。

1年以上も(日本との)輸出問題で物議を醸している韓国政府の通商首長が、WTO事務局長に当選する事は非常に気まずいことだ。 だからといって堂々と反対するには、歴代のWTO事務局長選挙の際、他の一国を非難する「ネガティブ選挙戦」の例が無かった事からも負担だ。

政府当局者は「日本の国際的地位と水準を考慮すれば、自ら顔に泥を塗る事を "絶対" しないと信じる」と述べた。 しかし、最近の日本の動きを見ると、そうでもないようだ。

24日、日本の共同通信は総理官邸関係者の言葉を引用して「日本がユ本部長を支持する事はあり得ない」と報道した。 日本のメディアは既にユ本部長が出馬宣言をした時から「日本の悩みの種になるだろう」(日経)としていた。 日本政府はこれまで、表向きはこのようなマスコミ報道を否定してきたが、今回の共同通信の報道を見れば、匿名で隠れて本音を出したという評価が出ている。

事務局長の選出は、加盟国の支持率が低く、当選の可能性が無い候補を途中で自ら(出馬を)撤回する形で脱落させる手続きを順に繰り返した後、最後の1人を満場一致で推戴する方式だ。

世界貿易機関を動かしてきた米国、欧州連合、中国は状況を見守り、最後の瞬間に意見を表明するものとみられる。 日本が最後までユ本部長に反対したければ、対抗馬への支援を強化するのが現実的だ。 すでに日本のメディアは「政府がナイジェリア出身のヌゴジ・オコンジョイウェアラ候補、ケニア出身のアミナ・モハメド候補を支持するという方針を決めた」と報じた。

日本のネガティブキャンペーンは、選挙戦が加熱するほど猛威を振るう見通しだ。 韓日両国が直面した懸案が山積しているためだ。 直ちに、日本企業の国内資産の現金化命令執行の可能性があり、来月末には軍事情報保護協定(GSOMIA)の延長有無も再び議論の的になる。 米国と中国の葛藤の深化も変数だ。 日本のマスコミはこれを執拗に浮き彫りにする。 ユ本部長がWTO事務局長となれば、影響力を行使して日本に不利な結果を出させるという叙事である。

政府当局者は「WTO事務局長は人事・予算権を握っている国連事務局長とは違う。 個別事案に介入する力がない」とし「韓日貿易紛争に事務局長が介入したり影響力を行使する可能性はない」と反論した。

日本のネガティブ攻勢は柔軟に受け止めるべきだ。 WTO体制の存続という大義のためには、日本とも協力が必要だという点を肝に銘じなければならない。 ユ本部長は日本に手を差し伸べた。 同氏は16日(現地時間)、スイス・ジュネーブのWTO特別一般理事会で開かれた次期WTO事務局長候補政見発表直後に行われた質疑応答で「韓日両国は多国間貿易体制の恩恵者としてこれを維持・振興・強化しなければならない」と述べた。

WTO事務局長選挙は満場一致制だ。 日本も1票を握っている。 名分と前例を考えれば、日本も最後まで反対だけに固執することはできない。 すなわち、最後まで生き残ってさえいれば、十分に当選の可能性があるということだ。 「韓国こそWTOの回復を最も切実に必要とする」という点を掘り下げなければならない。 さらに、破局に向かっている米国と中国の仲裁者になるという信頼を植えつけることも重要だ。

政府当局者は「ユ本部長はWTOで声を出すほぼすべての中堅国と自由貿易協定(FTA)を締結しただけに、各国の官僚と随時協議できる人的関係を構築した」とし「十分に勝算がある」と述べた。

一方、ユ本部長は25日(現地時間)、オンラインで行われたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の通商長官会議に出席し、WTO多国間通商システムの強化とグローバル交易の信頼回復に向けたAPECの役割を強調した。 彼女は「多様でダイナミックなアジア太平洋経済協力会議(APEC)の経済活動を通じて世界貿易機関(WTO)多国間通商システムを強化し、グローバル貿易に対する信頼回復に貢献しなければならない」と述べた。


韓国ネチズンの反応
2

※性別・年代別の表はコメント数が大体100件以上にならないと表示されません。


ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=008&aid=0004445937


01. 韓国人
ユ・ミョンヒ候補者が必ず事務局長になればと思います。
WTO事務局長になって、不公正な貿易を正し、韓国だけでなく、多くの国の苦しい企業たちに力を貸していただきたいと思います。
厳しい戦いになりますが、ユ・ミョンヒ候補を応援します。
共感121 非共感19


02. 韓国人
日本は敵国だ。
共感62 非共感27


03. 韓国人
あいつらがあんなに反対するというのは、絶対国益になるという事ですね。
必ず当選しますように!
共感14 非共感0


04. 韓国人
アメリカと中国の仲裁者ってどういうことwwwwww
共感13 非共感1


05. 韓国人
>04
クククク リアル G7にも入れない国がw
共感0 非共感2


06. 韓国人
タイトルを見ろ。日本のメディアか?
共感11 非共感2

<管理人の独り言>
「悩みの種」という言葉が気に入らなかった模様。


07. 韓国人
どうせアメリカや中国が推す方が勝者になるよね。
ほとんどが中国の一帯一路で得した国が多いので、中国が後押しする国が事務局長になる可能性が高いが..
共感6 非共感1


08. 韓国人
日本は絶対信じず、共存もしないでおこう。
共感3 非共感0


09. 韓国人
タイトルだけ見れば、日本の新聞社といっても差し支えない。
マスコミ各社を整理しよう。多すぎる。
共感2 非共感0


10. 韓国人
関係無い。西側の票だけ確認しても十分価値のある状況なので。
共感2 非共感0


11. 韓国人
必ず当選しなければなりません。
今、太極旗冒涜団と未来統合党、大邱慶北、イルベども、親日売国奴たちが露骨に日本の肩を持っていて、この国が滅びるべきだと日本にやられるべきだと大騒ぎです。
共感5 非共感4


12. 韓国人
日本は骨の髄まで劣等感に陥っているので、反対票を投じるでしょう。
共感1 非共感0


13. 韓国人
韓国出身より中立的な人はいない。
日本は奸詐で米国は無知。
共感1 非共感0


14. 韓国人
当選されることを祈ります。
共感1 非共感0


15. 韓国人
事実、日本がなければ絶対的に有利だと思いますが、日本の奴らのせいで本当に悪質です。
共感1 非共感0


16. 韓国人
日本は当然敵国だと考えるから無条件反対するでしょう。
まぁ当たり前じゃないですか???
共感1 非共感0


17. 韓国人
猿たちの劣等感
共感1 非共感0


18. 韓国人
なみ未来統合党は何も言わないんですか。
ユ・ミョンヒ支持ですか、それとも日本支持ですか。それとも沈黙ですか。
共感4 非共感4


19. 韓国人
左ゾンビたち世界(カテゴリ)ニュースで暴れてるねwww
ダウムに行ってコメントしてくださいwww
共感2 非共感2


20. 韓国人
私もユ・ミョンヒさんを支持しません。
共感2 非共感2


21. 韓国人
我が国の資産になりますので、必ず当選されることを願います。

22. 韓国人
裏でロビーをするだろう。黙っている国ではない

23. 韓国人
選出方法も面白いですねwww

24. 韓国人
日本は段々と海の中に沈んで行って欲しい。

25. 韓国人
常識的に竹槍を持とうとした国を日本が支持すると思うか? 原因が何ですか?wwww
共感0 非共感1


26. 韓国人
あのような地位に朝鮮人を座らせ、公正性を期待するというのが本当に...www
朝鮮人は腕章をつけたり、公正性が重要という席に座らせたら瞬く間に滅茶苦茶になる事は既に何回も証明された事例が多いのに...
共感0 非共感1


27. 韓国人
可能性がないから日本のせいで落選したと言い訳にしようと宣言します。
共感0 非共感2


28. 韓国人
能力を見ずに、ただ日本、日本は未開だと朝鮮の若者たち。
共感0 非共感2


29. 韓国人
韓国の民主党は、すべての国家から嫌われている。
党が問題なのであって、大韓民国を嫌うのではない。
そのようにイメージメーキングに失敗したのが民主党で、そのイメージを正すのは未来統合党だ。
あなたがイメージだけを見て、民主党大統領や国会議員を選べば選ぶほど、国のイメージは日増しに悪化し、輸出は滞り、そうなれば就職はさらに難しくなり、非正規職として一生暮らす事すら困難になりかねない。
今からでもよく考えて選ぶようにしよう。
共感2 非共感7


30. 韓国人
あんな顔をして出ていく事自体が、国の恥だ。
ただパッと見で、神が降りる巫女になるのが適当だ。
共感0 非共感17


関連記事


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ