1



ネイバーから、【 VANK、日帝強占期に流出した韓国文化財回収キャンペーン 】という記事の翻訳


<管理人の独り言>
※ネチズンのコメントはありませんでしたが、VANKの活動を記録しているため翻訳。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク




VANK、日帝強占期に流出した韓国文化財回収キャンペーン

聯合ニュース
2020.07.22 10:16



国際請願・批判ポスター制作配布


1

盗掘王 小倉武之助を手配するという批判ポスター


※補足※ポスターの内容
「緊急懸賞指名手配」
★指名手配者名:小倉武之助
★国籍:日本
★犯罪概要:日帝強占期に韓国国宝級遺物約1100点を不法に盗掘し日本へ盗み出した罪
★申告先:www.maywespeak.com/heritage
★小倉コレクション:略奪文化財の象徴として日帝強占期に朝鮮半島全域で脅し取った遺物1100余点の総称(39点は日本の文化財として指定された)
※補足※ここまで


サイバー外交使節団VANKは22日、日帝強占期に不法に海外へ流出した韓国文化財を回収するためのグローバルキャンペーンを推進すると発表した。

国立文化財研究所などによると、現在海外に流出した韓国文化財、約17万2千点のうち、外交や売買、贈り物などの方法を除いた不法盗難文化財は約3万点に達すると推定される。

VANKはまず東京国立博物館東洋館に展示された「小倉武之助コレクション」に問題を提起し、世界的な支持を取り付ける戦略を立てた。

小倉(1870~1964年)は、日帝強占期の韓国国宝級の遺物1100点あまりを不法に盗掘して日本に盗んで行った。

VANKは世界最大規模の請願サイト「change.org」に現在東京国立博物館にある韓国の文化遺産を返してほしいと請願した。

請願対象をフランス・パリにある国際博物館協議会(ICOOM)と東京国立博物館に指定した。 ICOOMは、東京国立博物館の不法搬出された文化財を韓国に返還するよう求める責任があるためだ。

VANKはまた、略奪文化財の象徴である「小倉コレクション」が何であるかを知らせる批判ポスターを韓国語、英語、中国語で制作し、同日からSNSで配布している。

ポスターは「緊急懸賞手配」という形式でつくった。 小倉の罪名を明かし、小倉コレクションで展示している韓国文化財の価値を紹介する。

ポスターの申告先を国際請願(www.maywespeak.com/heritage)と連携させた。

ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=001&aid=0011761379




ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ