1



ネイバーから、【 ユン・サンヒョン、廃棄されたムン・ヒサン日帝強制徴用 "1+1+α" 法案再発議  】という記事の翻訳


<管理人の独り言>
ムン・ヒサン案が再発議されるというニュース。韓国国内では、殆ど注目されておらず、コメント数も少ないです。ダウムに至ってはコメント0件でした。

正義連関連の事態もあってか、日本から金を受け取ろうとする韓国人の熱も今は一気に冷めた感じ。



ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク




ユン・サンヒョン、廃棄されたムン・ヒサン日帝強制徴用 "1+1+α" 法案再発議

朝鮮ビズ
記事入力 2020.06.08 17:20   最終修正 2020.06.08 17:22



「外交が失敗した時、国会が回復させなければ」

1

無所属の尹相現(ユン・サンヒョン)議員が8日、国会疎通館で日帝強制徴用被害者賠償に関する法案発議について説明している。/聯合ニュース



無所属の尹相現(ユン・サンヒョン)議員が8日、文喜相(ムン・ヒサン)元国会議長が20代国会で発議した日帝強制徴用被害者賠償に関する "1+1+α" 法案を再発議する。

ユン議員はこの日、国会記者会見で「韓日政府間で、経済的、外交的に積み重なっている葛藤の根源である強制動員被害者の賠償問題を解消できる現実的な解決策」とし「外交が失敗したとき、立法府である国会が回復する力を発揮しなければならない」と述べた。

該当法案は韓日両国企業と国民(1+1+α)が自発的に出す義援金で『記憶・和解・未来財団』を設立する記憶・和解・未来財団法案制定案と強制徴用被害調査のための『対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援に関する特別法』改正案だ。 ムン・ヒサン議長が前国会で代表発議し、与野党議員が共同発議したが、20代国会の任期満了で廃棄された。

今回の法案には統合党の李明洙(イ・ミョンス)、尹永錫(ユン・ヨンソク)、金成源(キム・ソンウォン)、成一鐘(ソン・イルジョン)、尹昌鉉(ユン・チャンヒョン)、崔承在(チェ・スンジェ)議員ら12人が共同発議者として参加した。


ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=366&aid=0000535222
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=011&aid=0003750301
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=014&aid=0004439513


01. 韓国人
朝鮮戦争被害補償法も作って、北朝鮮、中共に請求し謝罪を受けよう。
共感8 非共感0


02. 韓国人
一体、いつ終わるの? この時代を生きる私たち、この時代を生きよう..うん?
共感7 非共感0


03. 韓国人
日本と和解して外交関係を回復したらいいと思います。 日本がこれまで見せてくれた誠意ある態度に、大韓民国も応えなければなりません。
共感3 非共感0


04. 韓国人
これだから私は保守だ。 進歩はグクポンに酔って、良くやったふりばかりする無責任。
共感1 非共感0

<補足>
グクポン:自国を無条件褒め称える「無条件愛国主義者」


05. 韓国人
市民団体がこれまで受け取った寄付金だけで解決しよう。
共感1 非共感0


06. 韓国人
韓日請求権交渉の解釈で、強制徴用に対する賠償金も請求権に含まれるのか、国際司法裁判所の判断を受けてみようと、日本は賛成しているのに、なぜ韓国は反対するのか理解できない。
共感0 非共感0


07. 韓国人
早くしなさい。被害者たちが死んだらどうにもならない。 そして、日本といつまで仇敵でいるのか、あまりにも政治的に利用ばかりしている。早く処理して、関連市民団体もすべて処理し一つに統一しよう。
共感0 非共感0


08. 韓国人
国際海洋裁判所長まで務めた柳井俊二外務省条約局長は、91年8月27日の参議院予算委員会で、「日韓請求権協定は、日韓両国が国家としての外交保護権を放棄したものであり、いわゆる個人の請求権そのものを国内法的意味から消滅させたものではない」と認め、94年に他の外務省課長も再び個人請求権を認めた。 なぜ、言葉を変える戦犯国家政府や戦犯企業ではなく、両国企業と両国国民に賠償を求めるのか。とんでもない。 いいかげんにしろ、ムン・ヒサン、ユン・サンヒョン。
共感0 非共感2


09. 韓国人
ちょっともう止めろ。日本の奴らはビクともしないのに、物乞いするようで恥ずかしい。
共感0 非共感0