1



ネイバーから、【 強制徴用被害者33人が戦犯企業に2次集団訴訟 】という記事の翻訳


韓国人のコメントが無かったため、記事のみご紹介。
今日の訴状提出、記者会見後には日本でもニュースになるかな




ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








強制徴用被害者33人が戦犯企業に2次集団訴訟

news1
2020.01.13 15:41


光州地方裁判所に14日、訴状提出予定


1
2019年4月29日の光州・全南、日帝強制動員被害者、戦犯企業対象1次集団訴訟の記者会見が行われている

(光州 ニュース1)
ホ・ダンビ記者

光州・全南、日帝強制動員被害者33人が日本戦犯企業に対しに2次集団損害賠償訴訟を提起する。

"民主社会のための弁護士会" (民弁) 光州全南支部と "勤労挺身隊ハルモニ(お婆さん)と共にする市民の会" (市民の会) は14日、光州地方裁判所に集団訴訟2回目の訴状を提出すると13日明らかにした。

民弁や市民の会は同日、訴状の提出に先立ち、光州東区、光州地方弁護士会館で、原告や代理人団が参加した中で "光州・全南 日帝強制動員被害者 戦犯企業対象2次集団訴訟提起記者会見" を開く予定だ。

記者会見は、光州・全羅南道、日帝強制動員被害者、戦犯企業対象2次集団訴訟推進内容を説明する形式で進行される。

先立って、2018年に最高裁判所は、日帝強制動員被害者たちが戦犯企業を相手に起こした損害賠償請求訴訟で、日本の企業の賠償責任を明らかにする判決を下した。

しかし、被告企業は賠償命令を履行しておらず、日本政府はむしろ報復性の輸出規制措置などを取っている。

2019年4月29日に提起された1次集団訴訟は戦犯企業9社を対象に、原告54人が訴訟に参加した。 今回の2次集団訴訟には6社を対象に、原告33人が訴訟に参加する予定だ。

民弁と市民の会は「被告企業の存在など様々な事実関係の確認と、原告として出る被害者の方々の家族間の合意が必要で、1次訴訟に参加しなかった方たちが追加で今回の2次訴訟に原告として参加することになった」と話した。

そして、「日本政府が言い逃れする状況で、日帝強制動員被害者の権利救済は一時も先延ばしできない問題」だとし、「これに2019年4月29日提起した1次集団訴訟、14日、2次集団訴訟を光州地方裁判所に提出する計画」と付け加えた。


韓国ネチズンの反応
2
ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=421&aid=0004405914