1



ネイバーから、【 200万人がろうそくを持てば、大韓民国が変わる 】という記事の翻訳


ニュース記事ではなく、本の紹介記事でしたが、ろうそく集会に対する韓国人の反応が面白かったのでご紹介



ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ






200万人がろうそくを持てば、大韓民国が変わる

国民日報
2019.12.14 16:06


[本と道] 関係の科学/金範埈(キム・ボムジュン)著、東アジア、344ページ、1万5000ウォン


1
市民たちが2016年11月26日、ソウル光化門広場一帯で、朴槿恵政府の国政壟断に抗議するロウソク集会を開いている。 当時、ある学者は集会の写真を分析、ろうそくの個数を把握し、参加者を86万~129万人程度と試算した。 しかし、金範俊(キム・ボムジュン)教授は、「ろうそくは持たなかったが、集会に参加した市民にも注目しなければならない。 」とし、彼はこれら市民が物理学で言う "暗黒物質" と似た存在だとしながら、「目に見えないからと言って、ないのではない。 韓国社会のあちこちにもこんな人がいる」と話す。 国民日報DB


「物理学者も世の中を見る」 著者の前作 "世の中の物理学" (2015)でも、彼の新作である "関係の科学" にも登場する文章だ。 著者の大衆教養書がどのような地点を目指すのかを表す文句だ。 簡単に言えば、物理学は象牙の塔でのみ有用な高難度の学問だけを指すものではないということだ。 著者の本は、データと簡単な加減乗除の数式だけで、世の中のあらゆる問題と疑問を解くことができることを示している。

2


前作がそうだったように "関係の科学" も興味をそそる作品である。 科学の世界に進入する上で、「高い」という障壁のように考えられていた用語、例えば、重力波フラクタル相伝のような単語が、それぞれどのような意味を持つのかを親切に教えてくれる。 そして、これらの用語が、韓国社会の様々な問題とどのように結びつくのかも教えてくれる。 本に盛り込まれた多彩な内容のうち、非暴力抵抗運動が成功する方法を取り上げたチャプターを観察することで話を始めてみよう。


●統計物理学で見る世の中の万事

米国のある政治学者は1900年から2006年まで世界各地で行われた市民たちの抵抗運動事例、数百件を分析した。 暴力的な抵抗運動と非暴力抵抗運動の成功率が、それぞれどれほど違うかを確認するためだった。 結果は非暴力抵抗運動の圧倒的な勝利だった。 成功率が2倍以上高かった。 抵抗運動が成功した後、独裁ではなく民主政府が発足する可能性も「非暴力」である場合が一段と高かった。

さて、 興味深い話はこの次からだ。抵抗運動参加者が全体人口の3.5%水準を超えれば、権力をにぎった誰かを引き下げるために成功したことが分かった(このような抵抗運動はすべて "非暴力" だった)。 韓国に換算すると、5000万人口の3.5%、だから約200万人がろうそくを持つと抵抗運動の成功の可能性が100%という話だ。

ここで終わりではない。 それぞれ異なる意見が衝突する仮想社会を扱った実験内容が続く。 この社会はAという意見とBという意見を持つ人が共存している。 ここでは意見Aを持った人が意見Bを持った市民に会うと、その間の信念に対する確信が和らぎ、考えを変えることになる。

ところが、ここに興味深い要素が追加される。 いかなる状況であれ、Aを固守する強い信念の集団Acがあると仮定するのだ。 Bは旧政権を擁護する人々だと、Acは強い意志を持って抵抗運動に参加する人々だと考えてみよう。 Bが大半の社会で、世論がAに収れんするには、Acの割合がどれほど必要だろうか。 実験結果は13.4%だ。 13.4%になる前にはBが依然多いが、Acの割合が13.4%を超えれば、世論は旧政権を擁護する人が誰もない状態で徐々に進む。 物理学では先ほど述べた"3.5%"、今、登場した "13.4%" で起こる変化を "相転移" と呼ぶ。


「たった13.4%の人が強固な信念を持って努力すれば、社会全体を変えることができる。 ...ろうそくの過程で多くの人々が直接経験して悟った点がある。 変化は、少数の立派な指導者が作るのではなく、参加する多くの人々がともに作ることだ。 私は、2016年のロウソクが光化門広場だけを明るくしたのではないと信じている。 私たちの未来も一緒に明るくしたのだ」


このように興味津々な研究が本の骨組みになっているのだから、可読性はかなりのものだ。 なぜ流行は回るのか、基本所得がますます傾いている富の不均衡をどのように正すことができるのかも聞かせてくれる。 国会法案の発議資料を分析して、寄り添った国会議員のネットワークを描き出したりもする。 本はこのような内容に科学的な概念が絶妙に分かれる構成になっている。 冒頭に書いたように著者は「物理学者も世の中を見る」と言うが、ここには「他の人とはちょっと違う」という文句が隠れている。 本を読むと、「ちょっと違う」見方が何かを確認できる。 木を見ないで森を見ろという名句の真意が分かる。 複雑な世の中を一歩離れて見るとパターンが見えて、このパターンを活用すれば世の中の公式が作れることを近似した方式で説明してくれるからだ。


●物理学者は世界を狙う

ここまで読めば、多くの読者は「いったいあんな話が物理と何の関係なのか」と反問することもできる。 しかし、物理学というものは漢字で解釈すれば、「万物の理を掘り下げる学問」だから、ぎこちなく受け止める必用はなさそうだ。 著者は「哲学は明瞭に思惟しようとする特別に頑固な努力」と言ったある哲学者の言葉を持ち、哲学の対象と物理学のそれが大差ないと語る。

著者の筆力も印象的だ。 本を出した金範埈(キム・ボムジュン)(52)成均館(ソンギュングァン)大学物理学科教授は、"簡単な作文" が科学でどのように可能かを示している。 誰かが言ったような話、どこかで見たような内容がなくはないが、著者の文章のおかげなのか、気難しく感じられない。 ユーモラスな部分も多い。 著者は、重力派を説明し、俳優のチャ・ウンウと自分が似ているという気負うような冗談を飛ばし、「筆者の本を買ってほしいという話ではない」とし、前作と新作の価格がそれぞれいくらか親切に教えてくれる。 科学の目で世の中を見れば、美しさが豊かになると教えてくれたりもする。
「(科学者たちは)赤い夕焼けと藍色の秋の空、まったく異なる空のこの二色を、空気中での光の散乱と同時に理解することができる。 このような悟りは、以前感じた自然の美しさを少しも損なわない。 逆だ。...科学は、世の中の変わらぬ美しさの異なる面も見せる、もう一つの眼である」


多様な科学情報を提供してもらう楽しみは大きいが、それよりは科学的な考え方と討論がどれほど重要かを実感させるということが、この本のポイントだろう。 著者は「科学活動で毎日行われている、階級章を外した激しい討論と開かれた疎通のやり方に、より多くの人々が慣れれば、民主的で常識的な社会をさらに早めることもできる」と話す。

本にはベストセラー市場を分析した文章も含まれている。 販売量が最大値まで上昇したが、半分に落ちる時点までの期間、つまり本の "半減期" を調査したところ、2ヶ月に満たなかったということだ。 この公式によると、"関係の科学" も今後1年ほど経てば、週に1、2冊売れているレベルに転落する可能性が大きい。 こうした本は教員たちの「実績」にもつながらない。 それでも著者が一般の読者のために "関係の科学" のような本を出すのは、科学がどれだけ面白いかを教えるために、科学的な考え方が韓国社会に必要だと考え、科学の大切さを多くの人々に伝えたいからだろう。 本を読んで下線を引いた部分の一つは次のような部分だった。

「物理学者は世の中を競う。 すぐ前の組ほどではなく、かすかに見えるあの向こうを。 まさに明日ではなく、まだ目に見えない遠い未来という言葉だ。 明日一食の昼飯を抜いて飢えても、どこかで誰かは100年後、いや1000年後も依然として意味ある質問を今始めなければならない。」



韓国ネチズンの反応
3
4
ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=005&aid=0001268384


01. 韓国人
ろうそくの火で国が滅びた
共感721 非共感80


02. 韓国人
軍部の銃刀独裁も嫌だが、ろうそく民衆独裁も嫌だ。 地域徒党政治も嫌いだが、テゲムンの狂気政治も嫌い
共感411 非共感28

<補足>
テゲムン:頭が割れても文在寅支持の頭文字。熱烈な支持者を表す言葉



03. 韓国人
法治国家では法で決めなければならない。ろうそくの火はとんでもない
共感214 非共感12


04. 韓国人
金範俊(キム・ボムジュン)教授、今、ろうそくの結果を見てもそう思いますか!
共感147 非共感14


05. 韓国人
ろうそくを持った結果、この国が果たしてどうなったか!!!!
共感115 非共感17


06. 韓国人
ろうそく、むかつく。。それは国民レベルが高い国なら意味があるんだろう。狂牛病扇動され、セウォル号法作って、金さじ犯罪者チョグク守護だよwwwww 韓国の相当数が無知で扇動されるので大変。 特に全羅道の奴らは民主党なら誰が出るのか見もせずに投票率90%以上出る。それが民主主義か
共感63 非共感4


07. 韓国人
あの時、ろうそくを持って出かけたことを、今、骨にしみるほど後悔しています。私のような方、共感
共感44 非共感3


08. 韓国人
朴槿恵の時、あまりにもあっけなくろうそくを持ったが、今はそのろうそくで青瓦台に火をつけたい
共感34 非共感2


09. 韓国人
はい~変わったのは合ってます~~もっと滅茶苦茶になった~~
共感29 非共感1


10. 韓国人
あ、その200万人が国家破綻に導いた
共感15 非共感0


11. 韓国人
ヒトラーやゲッベルスも扇動よくやったね。 扇動がうまいし、民族主義を掲げるのがまるでファシストのようだ。 大韓民国左派=アカにファシズムを混ぜた混種だ
共感11 非共感1


12. 韓国人
ろうそくの火で何の問題も無い大統領を引きずり降ろして、変な奴らが国を食べているのが見えないか?
共感10 非共感1


13. 韓国人
今こそ従北左派政権を追い出すためのろうそくを持たなければならないようだ
共感7 非共感1


14. 韓国人
ろうそくで出来た政権。保守のろうそくで引きずり下ろそう。 蔚山選挙介入が事実として明らかになった瞬間、文政権OUT
共感6 非共感1


15. 韓国人
偽りの扇動で朴槿恵大統領を潰した 必ず左派政権を追い出す
共感5 非共感0


16. 韓国人
今日の文在寅弾劾を叫ぶ国民は光化門に完全に集結すること。表では正義のふりを、裏ではチンピラなことばかりをならべた文在寅は、国民の審判を受けろ
共感5 非共感0


17. 韓国人
タイトルを訂正せよ! 200万人がろうそくを持って大韓民国を滅ぼし、300万人が太極旗を翻して起死回生させる、と
共感6 非共感2


18. 韓国人
刀で栄えた者は刀で滅び、蝋燭で栄えた者は蝋燭で滅び、弾劾で栄えた者は自分も弾劾される
共感4 非共感0


19. 韓国人
そのろうそくの結果、経済が衰退し、外交は断絶し、教育全教組と政治腐敗した姿をからなるのが大韓民国の現実です
共感4 非共感0


20. 韓国人
おかげさまで一度も経験した事のない国を経験してるよ。もっと最悪だ
共感4 非共感0


21. 韓国人
あのろうそくを見るのもいやだ。国民がだまされた
共感4 非共感0


22. 韓国人
その200万人のために、国が亡びる
共感4 非共感0


23. 韓国人
最悪の青年失業、不動産貧富格差、最悪外交、安保。それでもろうそくを持たない理由は一体何か
共感4 非共感0


24. 韓国人
ところで住みやすい国を作ると言ったのに、大統領の娘はどうして移民に行ったんですか
共感4 非共感0


25. 韓国人
ある意味、無関心な人が変わった感じ?? 普段関心のない人も、ろうそくを持って出かけて、感情的な気分になったこと。そして、文災害はそれをよく利用した。 今の政治も見てみろ。感情的なだけで理性的な判断はできない
共感4 非共感1


26. 韓国人
マルクス共産主義扇動家たちにまんまとだまされたよな...
共感3 非共感0


27. 韓国人
左派が扇動したんだ。 狂牛病扇動級
共感3 非共感0


28. 韓国人
ろうそくで立てた文政権、ろうそくで滅びる。 歴代最悪の文政権。恥辱である
共感3 非共感0


29. 韓国人
ろうそくの火が指導者を変えながら、国も一緒に食べちゃった。 ろうそくの灯が全部いいわけではなさそうだ
共感3 非共感0


30. 韓国人
犬豚がろうそくを持ったせいで、国がこんなありさまだ
共感3 非共感0