1



ネイバーから、【 みすぼらしい成績となった所得主導成長 … 景気下支えも限界 [任期の折り返し地点 文政府のカネ] 】という記事の翻訳



この写真、何度見ても笑えるw
記者もわざとこの写真使ってるでしょ草



ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ





みすぼらしい成績となった所得主導成長 … 景気下支えも限界 [任期の折り返し地点 文政府のカネ]
2019.11.08  06:03


経済分野 / 道に迷った所得主導長 / 政権初期 市場状況把握せず / 最低賃金1万ウォンの公約達成に汲々 / 1%台の成長・雇用急減など逆効果 / 政府資金を供給し景気を下支えするも限界 / 所得主導ではなく"税金主導の成長"と批判 / "経済政策民間とあいまって行けば効果"/ 憂鬱な産業界 / 中企 "週52時間勤務制の準備不足" 補完・延期要請 / 国内外の悪材料の中、法人税引き上げも負担 / 規制革新強調、タダ(韓国の新しいタクシー会社)など足かせ / 新産業の理解・準備不足 混乱を煽る


1


「雇用政府」「賃金上昇による好循環経済構造」


2017年5月、文在寅政府が発足した際に発表した経済政策の核心だ。 良質の雇用を増やし、低所得層と中産層の所得を引き上げ、消費を促進し、これを通じて景気活性化を果たすということだ。 いわゆる「所得主導成長」だ。 任期折り返し地点を目前にした文在寅政府の経済政策は成果を出しているだろうか。


2


最近発表された数値上では、みすぼらしい成績となった。 雇用は「惨事」という言葉が出るほどで、輸出、投資、消費なども底を打っている。 所得の両極化と非正規職の増加は、文在寅政府が特に耳が痛いものだ。 経済の基本指標である成長率は今年1%台まで下がるという見方が優勢だ。

それさえも政府が資金を供給して成長率を押し上げ、この程度だ。 所得主導成長ではなく、「税金主導成長」という批判が出ている理由だ。


経済政策は民間の経済活動とかみ合ってこそ、効果を極大化できる。 このような側面から見て、政権初期の急激な最低賃金引き上げによる否定的な影響が大きかった。

「最低賃金1万ウォン時代」公約の達成に向けて、市場状況をまともに把握していなかったという評価だ。 特に政権初期が景気下降局面に入る時点という点ではなおさらだ。


3


◆最低賃金引き上げの副作用 … スタートから「ギクシャク」

最低賃金の引き上げは、所得主導成長を端的に示す政策基調だ。 文在寅政府は成長の過失が大手企業に集中する副作用を脱するために、家計所得増大を持ち出した。 これに向けて、任期内に最低賃金を1万ウォンまで引き上げる計画だった。

最低賃金委員会は、2018年最低賃金を2017年より16.4%(1060ウォン)上げた7530ウォンに決定した。 2001年以降最も大きな上げ幅だ。 ここに2019年の最低賃金も10.9%(820ウォン)上げ8350ウォンとなり、2年間で引き上げ幅が30%に達した。

4


延世(ヨンセ)大学経済学部の成太胤(ソン・テユン)教授は、「最低賃金の引き上げは必要なことだが、市場の状況を考慮すると、上げ幅が過度に大きかった」とし、「経済成長率や物価上昇率などを考慮すれば、過度な引き上げによる副作用が発生した」と述べた。


最低賃金を2年連続10%以上引き上げることは、国際的にも一般的なことではない。 経済協力開発機構(OECD)は今月5月の報告書を通じて、韓国の最低賃金引上げ幅を緩和するよう勧告したりもした。 政府は結局、最低賃金の引き上げ速度調節に乗り出した。 2020年最低賃金は今年より2.9%上がった8590ウォンに決定された。


◆非正規雇用が増え、所得格差も深刻

雇用政府を標榜したが、雇用状況も良くない。 先月15~64歳の雇用率は67.1%で1989年以降最高値を記録した。 失業者数は88万4000人で、2015年以降最低を記録した。 数値的には改善されたように見えるが、具体的に見ると話は違う。 概して質の高い雇用に分類される製造業の雇用は減少傾向が続いている。 雇用市場の要である40代と50代の雇用も減った。 逆に、財政を投入して作った高齢者の雇用だけが大幅に増えた。


5



最近、統計庁が発表した非正規職の状況は、このような現実をありのまま示している。 非正規職労働者数は1年間で86万7000人が増えて歴代最大値を記録した。

非正規職が全体賃金労働者の中で占める割合が36.4%となり、12年ぶりに最大だ。 これについて政府は、「調査方法が変わったため」という立場だ。

最低賃金を引き上げたが、所得格差はさらに広がった。 両極化は改善されていないのだ。 所得不平等の程度を示す '5分位倍率' (所得上位20%の平均所得を下位20%の所得で割った数値)は、この第二四半期5.3倍まで上がった。 下位20%の所得は足踏み状態にとどまったが、上位20%の所得は増加した影響だ。

6


◆拡張的財政 … "税金主導成長"と批判

政府は経済政策の基調を引き続き維持する方針だ。 財政を解いて経済への呼び水にするということだ。 世界の各経済機関でも拡張的な財政政策の執行を勧告している。

政府は、来年の予算案で、保健・福祉・労働分野の予算に計181兆6000億ウォンを編成した。 今年より20兆6000億ウォン(12.8%)増えた金額だ。 この2年間にわたって労働と福祉分野に対する財政投入を来年も続けるという戦略だ。


財政投入が不振に陥った景気を立て直せるかは未知数だ。 韓国開発研究院(KDI)は、この4月から8ヵ月間は「景気低迷」という判断を下した。 特に投資と輸出、生産が減少していると指摘した。 このような状況で、労働と福祉分野に集中している財政拡大が、景気全般を押し上げるには限界があるという指摘だ。


金尚鳳(キム・サンボン)漢城(ハンソン)大学経済学部教授は「景気浮揚は全面的に民間で行われなければならない」とし、「限定的予算を持って効率的に配分するのが、政策の役割だが、この2年間の効果については、また考えてみなければならない状況」と話した。


7


◆"週52時間勤務制" 混乱・革新成長は下落に転じる … 企業の投資心理は冷え込み


文在寅政府は任期前半、所得主導の成長と公正経済、革新成長という3つの経済基調を強調したが、ほとんどが企業を縛り付けたり、投資心理を萎縮させる結果につながったという評価だ。

7日、財界によると、企業を最も苦しめた産業政策として、労働時間短縮(週52時間勤務制)と急激な最低賃金の引き上げなどが挙げられる。


政府は、労働者らの生活の質の改善と、仕事の分け合いを通じた雇用創出のため、昨年から週52時間勤務制を導入した。 経済協力開発機構(OECD)の「最長労働時間」という汚名を返上し、定時に退勤するいわゆる「退職文化」を定着させたという肯定的な評価もあるが、製造業や建設業の景気が減速し、労働時間の短縮を通じた雇用創出の効果は見られなかった。 むしろ、企業規模や業種、業務の特殊性を考慮しない画一的な適用で、産業現場に混乱を生じさせたという批判が殺到した。


8


来年から従業員50~300人の企業にも、週52時間勤務制が適用されるが、中小企業界は"準備不足"としながら、補完策および1年以上施行の延期を要求している。 この6日、大韓商工会議所や中小企業中央会など5つの経済団体は、現政府発足後初めて共同記者会見を行い、週52時間勤務制補完など主要経済法案の立法を促したりもした。


最低賃金の急激な引き上げが中小·零細企業と小商工人に人件費負担として重くのしかかったという不満も大きい。


景気低迷や米・中貿易戦争などにより企業環境が悪化している中で、昨年の法人税最高税率は既存の22%から25%で3%ポイント上昇したことも企業に大きな負担だ。 企業が製造・輸入するすべての化学物質に対して名称、含量などを環境部に提出するようにする化学物質管理法改正案は、政府発議で国会環境労働委員会に係留中だ。


9


一方、革新成長はまだまだ遠いという指摘だ。 政府は第4次産業革命時代に、新成長エンジンを確保しようと規制サンドボックス、規制立証責任制などを推進しているが、産業現場では体感効果が大きくないという指摘だ。 スローガンだけが鳴り物入りで、新産業に対し「理解と準備不足で混乱を煽っている」という批判が出ている。

検察がワゴン車の呼出しサービス「タダ」を違法として、旅客自動車運輸事業法違反の疑いで起訴した事件が象徴的だ。 政府は、規制改革を強調しながらも、これを支える規制緩和立法や利害調整をきちんと行わなかったため、検察と関連省庁は責任攻防ばかり繰り広げている。 業界では、今回の事態で乗車共有サービスをはじめ、今後モビリティ事業が後退しかねないという懸念も出ている。 革新企業の士気低下と投資心理の萎縮につながると批判する声もあがっている。


文在寅大統領の主要公約だった "脱原発政策" も雑音が絶えない。 脱原発政策は、原発事故のリスクを減らし、再生・代替エネルギー開発のために、老朽化した原発を閉鎖し、新規原発を追加設立しないことで、原発の割合を徐々に縮小するものだ。 しかし、韓国電力公社(韓電)が兆単位の赤字を記録するなど財務状態が悪化し、電気料金引き上げをめぐる議論が白熱している。


韓国ネチズンの反応
10





11







ソース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=022&aid=0003412507






01. 韓国人

2年半の間、文在寅がしたことは何がある?? 左アカの所得だけ増えて。無能はギネス級だ
共感1010 非共感10


02. 韓国人
久しぶりにまともな記事を読んだみたいだ。事実だけ要約してよく書きました
共感415 非共感4


03. 韓国人
一度も経験したことない国作ったんだ!もう批判することもうんざり。早く任期が終わることを願うばかりだ
共感403 非共感4


04. 韓国人
文災害、下野しろ
共感225 非共感6


05. 韓国人
弁護士までした方が真実性とは、爪の垢ほどもなく「ショー」が好きな檀君以来最悪の政権
共感65 非共感0


06. 韓国人
民間が主導するようにすべきである。失業給与、こんなものだけ与えるから、みんな働かずに失業給与でももらおうとする。急に給料を上げたりするのに、どこの事業体が韓国でやりたがるだろう
共感47 非共感0


07. 韓国人
経済を根こそぎだめしましたね。常識的に、給料を上げて経済が良くなるなら、上げない国がどこにあるだろうか。誰でもそうするだろう。とんでもない理論を持って国家経済を破滅させている
共感45 非共感0


08. 韓国人
普通、政府は政策が誤れば修正するものだが、今回の政府は政策が間違っているというのを「扇動」だと広報することに重きを置いている。絶対政策に修正というものが存在しない
共感32 非共感0


09. 韓国人
最初はたくさん期待しました。あまりにもいい事と正義がある事を言うので...でも今見ると、完全に表裏が違う人間だった。 顔を見ただけで吐きそうだ
共感30 非共感0


10. 韓国人
自動車業種に勤めている人たちは知っている。光州型雇用を創出するといい、工場をもう一つ建てるのがどれほど狂気の沙汰か
共感25 非共感0


11. 韓国人
20代30代、お前らが選んだ文災害が大韓民国を全部めちゃめちゃにしている
共感25 非共感0


12.韓国人
所得主導成長で死んでいく人がセウォル号の犠牲者より多くなるだろう。 苦しむ人は数百万人いるだろう
共感19 非共感0


13.韓国人
わぁ、朝から写真が....ちん〇みたい
共感19 非共感1


14.韓国人
文さん、あなたの一番嫌な点は一度も自分の過ちを認めないことだ。 間違っていても、無条件に言い張ったり、膨れ上がり、国民だけが被害を受ける
共感16 非共感0


15.韓国人
もともとわが国の左派は口だけ生きていて、何もできない従者たちであることを知らなかったのか
共感16 非共感0


16.韓国人
文在寅は経営学科と経済学の違いも分からないようだから、所得主導の成長のような奇怪な政策が国家のメイン経済政策になることができた
共感14 非共感0


17.韓国人
自営業者の方々皆殺しておいて、今になって? これが国か? 常識の通じる国! 共に共産党、文政府! 引きずり降ろせば国民が生きる。来年の総選挙で国民の意思を表わしてやる
共感13 非共感0


18.韓国人
あぅ..あの汚い顔面モザイクしろよ
共感13 非共感0


19.韓国人
票売り、税金ショー。福祉と成長は反比例
共感9 非共感0


20.韓国人
言葉は正しくしましょう。 みすぼらしいのではなく、経済をつぶしたのだ
共感9 非共感0


21.韓国人
文在寅(ムン・ジェイン)、張夏成(チャン・ハソン)、朴元淳(パク・ウォンスン)....大韓民国を滅ぼした逆賊たち
共感8 非共感0


22.韓国人
無能で情けない政権だ。何も知らないのに頑固で、そばにいる参謀、長官たちも皆無能。希望よりも絶望に近い。歴代政権、いや今後の政権まで予想しても最悪の政権だ
共感8 非共感0


23.韓国人
政策の失敗に責任を負う人間が一人もいない。 所得主導成長、週52時間勤務制、最低賃金制、時期を誤って選択したことも過ちは過ちだ。 なぜ責任を負わないのか? なぜ過ちを認め、政策転換をしないのか。 公務員の増員? ふざけたことをするな...
共感8 非共感0


24.韓国人
糞か味噌か食べてみないと分からない?? すべての専門家があんなに反対しても押し通して...。 国民でふざけているのか
共感8 非共感0


25.韓国人
こんな滅茶苦茶な政治活動をして、国のだめにし、被害を与えた文在寅と民主党、経済官僚も弾劾されて監房行きとするところではないか
共感8 非共感0