1



ネイバーから、【 "公正性論争" 日本強制労働損害賠償訴訟、裁判部を再配置 】という記事の翻訳


<管理人の独り言>
※韓国人コメントは殆どありません。


※当ブログの内容、テキスト等(コメント欄含む)の無断転載・無断使用を固く禁じます。引用する場合は、引用元として明記してください。YouTubeで当ブログの内容を読み上げるなども止めて下さい。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク


外部サイト人気記事


"公正性論争" 日本強制労働損害賠償訴訟、裁判部を再配置

聯合ニュース
2021.11.08 18:34


1

裁判所
[聯合ニュース資料写真]


日帝強制労働被害者が戦犯企業を相手取り起こした損害賠償訴訟で、裁判部の公正性を巡る議論が起きると、裁判所が最近担当裁判部を変更したことが8日、確認された。

法曹界によると、ソウル中央地裁は最近、日帝強制労働被害者の遺族が日本製鉄、日本コークス工業などを相手取り起こした損害賠償訴訟2件の裁判部をすべて変更した。

チョン某氏ら被害者遺族10人が日本製鉄・JX金属を相手取り起こした訴訟は、民事96単独(イ・ベクギュ判事)から、民事27単独(キム・チュンス部長判事)に、パク某氏ら12人が日本コークス工業を相手取り起こした訴訟は、民事86単独(キム・サングン判事)から民事31単独(ユ・ジヒョン判事)に再配置された。

今回の再配置は、従来審理を担当していた裁判部が直接裁判所に事件回避を申請して行われたものとされる。 外部から提起された『公正性への憂慮』を裁判部が意識したのではないかという声が出ている。

裁判所関係者は「裁判官等の事務分担及び事件配当に対する例規によって、裁判長が裁判の公正性に対する誤解を招く恐れがあれば、再配置を申請することができる」と説明した。

これに先立ち、遺族の代理を務める『民主社会のための弁護士会』(民弁)は、イ・ベクギュ判事がキム&チャン法律事務所で2003年から2017年まで弁護士を務めたとして裁判所に裁判部忌避を申請している。

キム・サングン判事も2006~2018年にキム&チャン法律事務所で弁護士として勤務した経歴がある。

民弁は「日本企業側訴訟代理人の一部はいわゆる『キム&チャン徴用事件対応チーム』の一員とされ、イ判事がキム&チャンに勤めた期間に該当チームが運営された」とし「イ判事が日本企業側代理人と絆を深めた可能性が高い」と主張した。

これに先立ち、ヤン・スンテ元大法院長官に対する公訴事実によると、キム&チャンは2013年、被害者に対する戦犯企業の損害賠償責任を認めた大法院の判決を覆すために、元外交部高官や裁判官で構成された強制徴用事件対応チームを設置した。

ただ、裁判所は事件を割り当てた後、原告側の忌避申請は却下した。


ソース
https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=001&aid=0012778615
https://news.v.daum.net/v/20211108184553123
https://news.v.daum.net/v/20211108183437958


01. 韓国人
戦犯企業の代理をしてきたキム&チャン太平洋広場出身の判事らが、戦犯企業を相手取り強制労働訴訟の裁判を引き受けるなら、虎は猿を見ながらバナナを食べることになる。

02. 韓国人
法律だけを丸暗記してどうするんだ。
時代の流れについていけない判決なのに。
共感2    非共感0


03. 韓国人
キム&チャン、この悪魔のような野郎ども。
今この地では好衣好食するだろうが、必ず死んでから天罰を受け、無念の民族寃魂の呪いの中で、子々孫々に苦痛を受け、病んで、4ね。
共感9    非共感0


04. 韓国人
司法部も土着倭寇により掌握された。
社会と関係を絶ち、国家試験の勉強をして判事になれば、社会の事情を知らずにサイコパスのように判決する。
共感1    非共感0


05. 韓国人
どういうわけか、学んだとされる人間どもは皆倭寇ばかりだね。


06. 韓国人
チンピラ逆賊判事ども。
まかり間違えば逆賊だ。


07. 韓国人
キム&チャンのメンバーは皆偉い人たちだろう。
でもお金に目がくらむと...


08. 韓国人
あんな奴らが判事なのか...
ただの親日親衛隊なのか...
共感3    非共感0


関連記事

★記事掲載ポータルサイトの説明はコチラをどうぞ。
★元記事作成:聯合ニュースについての説明はコチラをどうぞ。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ


外部サイト人気記事