5



ネイバー、ダウムから、【 湖南屈指の国宝級古墳、主人は倭人? 百済人? 】という記事の翻訳


※当ブログの内容、テキスト等(コメント欄含む)の無断転載・無断使用を固く禁じます。引用する場合は、引用元として明記してください。YouTubeで当ブログの内容を読み上げるなども止めて下さい。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク


外部サイト人気記事


湖南屈指の国宝級古墳、主人は倭人? 百済人?

ハンギョレ
2021.10.05 05:02


[ノ・ヒョンソクの時事文化財] 国立光州博物館「新徳古墳特別展」

1

全羅南道咸平市礼徳里(チョルラナムド・ハムピョンシ・イェドクリ)にある新徳古墳の1990年代調査当時の姿。 前方が四角で後方が丸い古代日本特有の前方後円墳の墓の様式(長鼓型墳墓)を見せている。 墓の墳丘の所々に石を積んだ痕跡(葺石)が見え、墓の周りを溝で囲んでいるのも倭式前方後円墳の特徴だ。


「調査しに行った墓が盗掘されていました!」

ソン・ナクジュン学芸員は、青ざめて受話器を握り報告した。 彼の頭の中は、少し前に目撃した古代の墓の墳丘の一角に開けられた盗掘の穴の惨状で一杯だった。

30年前の1991年3月26日午後、ソン学芸員をはじめとする国立光州博物館の職員らは、全羅南道咸平市月也面礼徳里(チョルラナムド・ハムピョンシ・ウォルヤミョン・イェドクリ)の丘にある6世紀初めの大型墳墓の測量に向かった。 7年前の1984年に発見された新徳古墳1号墳だった。 古代日本特有の前方後円墳、つまり前方は四角で後方は丸い鍵穴、または長鼓型の墓の形式で、同年の朝鮮半島における前方後円墳最初の発見事例として報告された海南長鼓峰古墳と共に、学界の格別な注目を集めた。

しかし、7年が過ぎても、実測すら行われないまま放置され、学界では正体を巡る噂ばかりが飛び交っていた。 事情を知る博物館の関係者が、宿題をするかのように実測を行うため向かうと、数日前に暴かれた盗掘坑を発見したのだ。


2

1990年代、新徳古墳1号墓室を調査した当時、床から発見された木棺の木版材。 日本産と有力視されるコウヤマキだ。 墓の部屋にコウヤマキ木棺を入れるのは公州・武寧王陵や益山双陵など、百済の高位階層の葬法で、新徳古墳の墓の主が現地人または百済系の人物であることを示す根拠遺物である。


墓の中は悲惨だった。 盗掘犯は石室の南西の壁を突き破り進入した。 内部の遺物に触りながら、金属工芸品、大きな土器類だけを持ち出し、残りは投げ捨てた。 そのせいで石室の壁が毀損され、床の遺物は踏まれて砕けた。 遺体を収めていた木棺の棺材や頭の骨、歯などの遺骨は散乱しており、盗掘坑の内外には鉄器片と陶磁片が散らばっていた。

副葬品は尋常ではなかった。 壊れたものの、冠帯に木の葉の装飾が珠の荘厳とともに施された金銅冠の破片は孤高だった。環頭大刀や緑色や黄色のガラス板を重ねた外国産連理紋の珠などは、公州(コンジュ)・武寧(ムリョン)王陵を思わせるほど東南アジア産の高級品だった。

石室入口の墓道の床からは、祭祀に使われた真鯛の骨が入った壺と様々な供え物を入れた蓋つきの皿も発見された。 湖南(ホナム)屈指の国宝級古墳が盗掘されたという急報は政府を驚かせた。 当時の国立中央博物館ハン・ビョンサム館長から直報を受けたイ・オリョン初代文化部長官は、検察総長にすぐ電話をかけ緊急捜査を要請した。


3

新徳古墳1号墓の石室から出た金銅冠の残片。 六角形の模様の中に花柄を刻んだ細長い土台の上に、木の枝の模様の装飾をつけた形で、日本滋賀県鴨稲荷山古墳の出土品をはじめ、九州や畿内地域の高級古墳から出土した冠とほぼ同じだ。 墓の主が倭人であると主張する説の有力な根拠遺物の一つである。


このような内容が報道されると、怖気づいた盗掘犯一味は、旧朝鮮総督府の建物にあった国立中央博物館の東門に盗掘した鉄器類の箱を預けて消えた。 回収した箱の中にあった遺物は、鉄器の刀の柄だった。 墓の中に残っていた刀の刃と合わせてみるとぴたりと合い、副葬品であることが確認された。 犯人らは1993年9月に逮捕された。 土器や兜など65点の "百済の遺物" を盗んだことが分かった。

新徳古墳には朝鮮半島の前方後円墳の中では最も多くの副葬品が残っている。 博物館も盗掘後の9年間に体系的な調査を行い、相当な研究成果を確保した。 しかし、30年間も報告書も出さず、出土品の展示もなかった。 理由はいわゆる『倭色』のためだ。

二つの山模様を立てた金銅冠や環頭大刀、三角形の鉄帽など、韓日学界ですぐに倭系だと同意できる遺物が続々と明らかになると、4~6世紀に日本を統一した大和政権が任那日本府を設置し、朝鮮半島南部を支配したという植民地史観の学者と日本極右派の主張の根拠として悪用されるとの懸念が出てきた。 朝鮮半島の前方後円墳の研究も不十分な状況で公開すれば、日本の学界と論戦する相手になるのは難しいという心配もあった。


4

新徳古墳1号墓の石室から出た環頭大刀(一番上)。 鉄棒の上に銀を被せてより合わせ作った輪で刃先を飾ったこの刀は、朝鮮半島にはなく、日本列島の支配層の墓からのみ出土する最高級の遺物だ。 金銅冠と共に、新徳古墳の墓の主が倭人であるという説を裏付ける根拠となる遺物である。


そのような事情を考えると、今年7月19日から国立光州博物館で開催されている新徳古墳特別展『秘密の空間、隠された鍵』(24日まで)と、一歩遅れての報告書発刊は、時機を逸しはしたが嬉しいニュースだ。 朝鮮半島の前方後円墳に対する初の企画展を開き、出土品を学界に全面公開する場まで設けたことは、考古学史上意味深い事件だ。 学界の研究力量が成熟していることを証明しているからだからだ。

日本に4000基以上も残っている前方後円墳は、歴史的な誇りが込められたシンボルだ。 3世紀中頃から7世紀初めまでの古墳時代に、今日の大阪一帯の近畿地域に拠点を置いた大和政権が、各地の首長と連合して統一国家を建てた歴史的指標とされる。 近畿から始まった前方後円墳が、九州や関東など全国各地に広がっていく過程が、列島統一の過程を端的に示しているというのが定説だ。


5

奈良にある6世紀中頃の丸山古墳。 日本古墳時代末期の最後の前方後円墳とされる。


このような前方後円墳が、全羅道(チョンラド)西南海岸で現在までに14基が確認され、核心格である新徳古墳から倭系金銅冠と最高級品の刀が核心副葬品として出てきたことは論争的だ。 数が少なく、期間も5世紀末~6世紀初めの50年に過ぎないが、墓の主が倭系の実力者と解釈される余地が多分にある。
日本の学界で、大和政権が朝鮮半島に影響を行使したという推論に飛躍させることもできる。 廃棄された任那日本府説を敢えて提起する学者はいないが、長鼓型墳墓の研究成果の公開は、日本の学界との解釈の摩擦を招く可能性が高い。 国内学界でも、墓の主をめぐり、倭人説と現地人説、百済人説が交錯している。 墓の形や構造、副葬品は倭系であるが、もう一つの手がかりであるコウヤマキ製の木棺の遺物は、百済高位層の葬法だからだ。

博物館の展示は、より積極的な解釈と説明の場を提供できなかった限界も示している。 金銅冠と刀と多量の土器、棺材をずらりと並べて置いている遺物報告展の形にとどまっているという話だ。 前方後円墳をめぐり韓日学界の議論がなぜ起こったのか、任那日本府が及ぼした影響は何なのか等について、歴史的経緯を詳細に説明していない点はぎこちない。 史料不足もあるが、長期的には冷静にファクトを蓄積し議論するには、大衆に前方後円墳の歴史的実情を十分に伝え、墓の所有者論議を解く必要があるのではないだろうか。 近代の民族感情による制約を受ける韓日学界は今後、互いに交流し共同理解を探る求同存異の姿勢で会うしかない。


ソース
https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=028&aid=0002562570
https://news.v.daum.net/v/20211005050606419


01. 韓国人
全羅道が土着倭寇なんだね...
共感18    非共感4


02. 韓国人
>01
人間性を見ろ...
必ずこのように集団を分類し、葛藤を誘発するゴミがいる。


03. 韓国人
全羅道が土着倭寇だったね。
共感7    非共感5


04. 韓国人
過去にも土着人が多かったですね。
現在のようにやっぱり我が国は純粋な民族ではない。
共感1    非共感1


05. 韓国人
日本と似ていてはいけないんですか。


06. 韓国人
土着倭寇という言葉がなくなるねwwwww


07. 韓国人
でも、朝鮮時代に盗掘されたわけでもないのに、最近盗掘されたとは...
倫理はどこに行ったのか..


08. 韓国人
全羅道日本府説登場??


09. 韓国人
任那日本府説、認証だねww
共感5    非共感9


10. 韓国人(ID:muo****)
>09
諸説あるが、代表的に日本列島に移住した朝鮮半島系の人々のうち、伽耶人たちが倭と大和政権を樹立すると、激変期に北九州に住んでいた馬韓出身の移住民が亡命客の身分になって故郷(全羅南道)に帰ってきたという。
一つ明らかな事実がある。
墓の主が韓国人であれ、倭人であれ、任那日本府とは全く関係ないことが分かる。
韓国人(百済人であれ馬韓出身であれ)なら基本的に任那日本府とは関係のないことだ。​


11. 韓国人(ID:muo****)
>09
倭人でも同じだ。
任那日本府は4世紀末~6世紀初めまで2世紀ほど朝鮮半島南部に経営したという植民地と言ったが、長鼓墳は約50年間、一時的に流行した。
それもわずか14基しか確認できない。この程度では倭が長期間支配した痕跡とは言えない。
その上、彼らが主張する任那日本府の主舞台である嶺南地方において長鼓墳は見当たらない。
また、百済が外国人の採用方針に従って朝廷に出仕させた倭人の墓だとしても、任那日本府とは関係ない。


※↓ここからダウム↓※
12. 韓国人
無知なゴミ記者野郎。 植民史学に魂まで腐っているな。 ファクトチェックからしろ。 下に池がある墓の写真は円山墓ではない 仁徳陵といって百済系王族の墓である。 そこから出た遺物が全て百済系統の遺物である。 前方後円墳は、我が先祖が日本に渡り、未開な島国を開花させた証拠だ、この野郎。
共感503    非共感23


13. 韓国人
百済式の伝統的な墓なら、朝鮮半島が日本に広めた元祖として、どうして考えないのか?
易地思之ではないか。
共感397    非共感19


14. 韓国人
島国で文化を発展させたわけがない。
結局、朝鮮半島から渡った文化なんだ。
島国を見ると文化が未開である。
共感310    非共感7


15. 韓国人
親日を清算できず、植民史学者たちが我が民族の古代史を完全に歪曲し、三国史記の初期記録まで歪曲し、任那日本府を定説にして歴史を執筆する振る舞いは到底常識的に理解できない。
倭色風の遺物が重要なら、日本全土にある伽耶百済の遺物遺跡はどのように説明するのか。
植民史学者の撲滅なしには、古代史を正すことは難しい現実が残酷だ。
共感273    非共感10


16. 韓国人
倭人であり、倭の独自の墓って...www
日本国内の前方後円墳密集度分布図がなぜ、朝鮮半島渡来人移住地域分布図と合致するのかから解明しろ。
朝鮮半島の人々が移住して定着した地域から始まった墓が前方後円墳だ。
共感167    非共感6


17. 韓国人
ハンギョレは、ノ・ヒョンソク、このような歴史を売る記者を解雇しろ。
共感115    非共感21


18. 韓国人
盗掘者が支石を盗むのはおかしい。
誰かが組織的に痕跡を消すような。
共感95    非共感9


19. 韓国人
日本と百済は同じ民族だ!!!
共感130    非共感97


★記事掲載ポータルサイトの説明はコチラをどうぞ。
★元記事作成:ハンギョレについての説明はコチラをどうぞ。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ


外部サイト人気記事