2



ネイバー、ダウムから、【 七転び八起きの末にIAEA議長国になった韓国 ... 日本の汚染水への議論の影響は? 】という記事の翻訳


※当ブログの内容、テキスト等(コメント欄含む)の無断転載・無断使用を固く禁じます。引用する場合は、引用元として明記してください。YouTubeで当ブログの内容を読み上げるなども止めて下さい。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ








スポンサードリンク


外部サイト人気記事


七転び八起きの末にIAEA議長国になった韓国 ... 日本の汚染水への議論の影響は?

イーデイリー
2021.09.27 06:01


極東グループ全会一致で選出 ... 任期は来年9月まで

外交力と原子力技術、国際社会から認められ
原子力業界「カーボンニュートラル時代に備えるための役割を果たしてほしい」

1

27日にオーストリア・ウィーンで開かれた 国際原子力機関(IAEA)理事会で、韓国が満場一致で議長国に選出された。 1957年IAEA創設加盟国になって以来、初めてのことだ。

IAEAは、173ヵ国が加盟している、核問題に関する最高権威の国際機関だ。 韓国にとって重要な北朝鮮核問題や日本の福島汚染水(日本名:処理水)放流の安全性問題などを議論する場所もここだ。 原子力技術の平和的かつ安全な使用のための国際技術標準、規則などに関する議論もここで行われる。

このうち、35カ国からなるIAEA理事会は、IAEAの実質事案を議論審議し、総会に必要な勧告を行う中核的な議決機構である。 来年9月まで、シン・ジェヒョン(写真)駐オーストリア兼駐ウィーン国際機構代表部大使が理事会議長を務め、年5回開催される理事会と年2回開催される理事会傘下の委員会会議を主宰する予定だ。

実際、韓国がIAEA理事会議長国に挑戦したのは、初めてではない。 IAEA理事会議長は、IAEA内の8つの地域グループが交代で行うが、8年ごとに回って来た7回の機会のうち6回を日本が占めていた。 今回は極東アジアグループの6つの加盟国が満場一致で韓国の理事会議長国選出を支持した。 それこそ "七転び八起き" ということだ。

外交部当局者は「過去にも議長国に挑戦したが失敗した」とし「今回は議長国の首長を特定国家が事実上独占してはならないというコンセンサスの下、本当に多くの外交力を投入し、日本を含む他の極東グループの同意を引き出した」と述べた。

今回のIAEA理事会議長国選出は、韓国の原子力技術と非拡散努力が国際社会に認められたという意味でもある。 独自技術がなく米ゼネラル・アトミック社から研究用原子炉「TRIGA Mark-Ⅱ」を導入した国が、2010年から純供与国へと転換し、全世界の開発途上国を対象に原子力技術と経験を共有している。 韓国のIAEAの分担金寄与水準は世界11位で、業務分担金以外にも技術協力機構、核・放射性テロ防止のための核安保基金など多様な供与を行っている。

IAEA理事会議長国になったからといって、すぐに韓国が会議を牛耳れるわけではない。 議長国は客観性、中立性、公正性が重要であるため、他国に特定の立場を要求することはできない。 ただ、会議前に事務局と地域グループ、類似立場グループなどの意見を聞き、事前協議を通じて立場を調整する過程で、韓国の外交力を一層グレードアップする契機になるものと見られる。

原子力界の専門家らは、韓国が新たな原子力時代を主導し、福島汚染水のような懸案も、賢明に解決していくことを期待した。 特に、原子力界が2011年の福島原発事故に対するトラウマをほぼ克服した中、カーボンニュートラルなどで原子力がどのような役割を果たすのか、導いていかなければならない重要な時期だと考えられている。

チョン・ドンウク韓国原子力学会長は「カーボンニュートラルを達成するには国際社会にインフラ構築、資金支援、原子力安全制度を拡散する案を用意し、市場を開拓しなければならないため、この部分に気を使ってほしい」とし「韓国が議長国になって福島汚染水の国際監視監督体系作りなどでも影響力を発揮することを期待する」と付け加えた。


ソース
https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=018&aid=0005045939
https://news.v.daum.net/v/20210927180603714


01. 韓国人
日本への制裁はしっかりと行うべきです。
共感17    非共感1


02. 韓国人
韓国原子力の底力を政権は崩したのだから..
共感9    非共感8


03. 韓国人
>02
それでも議長国をくれるか。


04. 韓国人
>02
こんな風に論点をずらすのか?
おい人間、良心的に行動しろ。
朝中東ではこんな記事も出さないだろ?
行って遊ばないといけないのにね。


05. 韓国人
疑問点。
原子力廃棄国が原子力機関議長職のために犬野郎が外交力発揮?
これが効いた?
真実が知りたいです。
何のためなのか。
世界核平和?
大韓民国の核完全廃棄?
修学能力試験の論述に出ればいい問題だ。
共感2    非共感0


06. 韓国人
脱原発するという国家の大統領は、IAEAの意味が何なのか肝に銘じなければならない。
カーボンニュートラルを口先だけで叫ばず、現実的な代案として脱原発から復帰せよというIAEAの命令だ。 どうかもう虚構から目覚めてください。
脱原発国家で議長とは、これが脱原発の矛盾だ。
脱原発の無理強いからもう降りるようにとの命令だ。
共感6    非共感5


07. 韓国人
日本放射能放流、決死反対。
共感1    非共感0


08. 韓国人
不思議だね。
脱原発の文在寅政権なのにIAEA議長国だなんて。
あっ、あの人が走ってきた。スプーンを持って!
フォフォフォフォフォ
共感1    非共感1


09. 韓国人
脱原発すると言った国家が議長だなんてw
共感1    非共感6


※↓ここからダウム↓※
10. 韓国人
とても誇らしい💙💙💙💙
イムンドク👏👏👏👏
大韓民国万歳!!!!!
共感10    非共感0

<補足>
イムンドク:「これ全て文在寅のおかげだ」の頭文字


11. 韓国人
日本は終わった、福島海洋放流wwww
共感7    非共感0


12. 韓国人
脱原発の先頭に立ってこそ.......
共感4    非共感0


13. 韓国人
これがまさに国格だ。
これまで一度も出来なかった議長国を国格が高くなったから、日本を抜いて韓国が出来るようになったのだ。
共感123    非共感2


14. 韓国人
ますます国運が開けていくんだな。
大韓民国は翼をつけました。
ところで、今回の大統領選挙を間違えば、先進国も何でもみな水泡に帰す。
果たして誰に票を入れればいいのか。
最低でも25歳から31歳まで働き、退職して50億ウォンを手に入れるとか、そんな不道徳で腐った勢力(国民の力) だけは違うということだ。
そんな者が集まって口にする言葉が「公正、正義、常識、ネロナムブル」だ。
面の皮も厚い。
共感62    非共感3

<補足>
ネロナムブル:ダブルスタンダード 私がすればロマンス、他人がすれば不倫


15. 韓国人
本当に大韓民国の外交力は...
最高だね...
共感59    非共感3


16. 韓国人
文在寅政府になってから凄い事がたくさん起きている。
国格は言うまでもなく、文化、軍事、経済分野ですでに先進国として認められている。
国民の荷物党の下で台無しにされていた多くのことが正された。
共感45    非共感3


17. 韓国人
国際機関の本分を尽くし、日本の福島に対する徹底した調査と監視を行え。
徹底的に!
共感34    非共感0


18. 韓国人
まず、おめでとうございます。
そして議長国として、日本の福島の放射能廃棄物を海に捨てることを防いでください。
共感25    非共感0


19. 韓国人
福島原発汚染水問題を十分に監視する環境になったようだ。
良い事だ!
共感23    非共感0


20. 韓国人
偉大な大韓民国、おめでとうございます。
特に、日本の福島原発と北朝鮮の核問題が解決されることを願います。
共感20    非共感0


21. 韓国人
この政権、凄い。
いつも応援しています。
共感17    非共感1


22. 韓国人
日本の放射能汚染水の海洋放流について、明確な調査と迅速な措置をお願いします。
共感13    非共感0


23. 韓国人
イムンドクです。
共感4    非共感0


24. 韓国人
こういうのはメインにあがらないね。
左イルベダウム。 左日ベダム
共感2    非共感0


25. 韓国人
日本の放射能放流ができないように...
来年も再来年もしなきゃいけないのに...
共感2    非共感0


26. 韓国人
やはり文政権が大韓民国を力のある国家にしたのだ。
共感1    非共感0


27. 韓国人
国家競争力が凄いですね!
国格上昇!
偉大な国民よ!
共感1    非共感0


28. 韓国人
我々は核兵器を作らなければならないのに。
共感1    非共感0


29. 韓国人
日本は大騷ぎだね。
共感1    非共感0


30. 韓国人
まず日本から調査しろ。
共感1    非共感0


★記事掲載ポータルサイトの説明はコチラをどうぞ。


ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^
     にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ


外部サイト人気記事